ファイト・クラブ フル動画無料視聴方法

ファイト・クラブ
1999年製作/139分/アメリカ 予告動画を検索
出典:
サービス無料視聴無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
結論
「ファイト・クラブ」は、TSUTAYA TV/DISCASの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いTSUTAYA TV/DISCASがおすすめです。

現在TSUTAYA TV/DISCASでは、「ファイト・クラブ」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「ファイト・クラブ」を楽しんでください。

ファイト・クラブの動画配信情報

ファイト・クラブの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT未配信31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTVレンタル31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオレンタル14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

ファイト・クラブを配信中の動画配信サービスの詳細

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(23歳・女性)
ワンコインで色々なサービスが体験できる
アマゾンプライムでは500円のワンコインというとても安い値段で色々なジャンルが見放題です。また、動画だけでなく、会員特典で配送料や音楽に本などが追加料金なしで無料でサービスが楽しめるのでお得です。
(54歳・女性)
月額500円でたくさん見られてお得
映画が好きで、BS放送やレンタル店で借りたり、宅配レンタルを利用したりしていました。AmazonPrimeVideoは返却の手間もなく、番組表のチェックの必要もなく、買い物の送料も無料でお得だと思います。
(33歳・女性)
低価格で動画を楽しめるサービス
"他の動画配信サービスよりも充実した内容だと思います。独自の動画も充実している点が良いなと思っています。特にバチェラーシリーズがお気に入りです。利用料もそれほど高くないので良いです。"
(19歳・女性)
コスパのいいサービス
以前話題になったドラマやアニメなどはほとんど配信しているのに、アマゾンプライムに加入していればついでに見れるというようなお得感が非常にいい。さまざまなところに会員登録しなくてもワンコインで視聴できる。
(27歳・女性)
動画以外の機能も使うならこれ
他の配信サービスより安く、動画以外の特典も豊富なので、Amazonの他のサービスもよく使う人に良いです。動画のラインナップが少なめなので、暇なので何か流したい、くらいの気持ちで利用すると楽しめます。
(39歳・男性)
ダウンタウン松本人志の秀逸番組が見れる
映画やアニメなど豊富なラインナップの中で最も注目すべきは松本人志のドキュメンタル。地上波ではここまでできないであろう事、この人ずっとでてるなとか笑いが盛り沢山です。

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(33歳・女性)
思ってたよりも作品が少ない
見たい動画の検索や視聴中など、操作は簡単で便利です。ただし、無料視聴出来る動画の種類は少ないです。少しマイナーな物が多いかなと感じます。メジャーなやつは有料レンタルで見る事は出来ます。
(33歳・女性)
かゆいところに手が届く動画配信サービス
"別の配信サービスにも登録しているのですが、そちらでは見ることができない映画などが多く、かゆいところに手が届く動画配信サービスだなと感じました。オリジナルのバラエティやドラマなどもありそれも面白いです"
(38歳・男性)
コストパフォーマンスは最高
月額料金550円という安さでコストパフォーマンスは最高だと思いますし、スマホアプリがとても使いやすいので大変助かります。また、ジャンルもかなり豊富にあるのでとても楽しめます。
(42歳・女性)
作品数が多く、見たいコンテンツが必ず見つかる
低料金なのに作品数が多く、かなりコスパのいい動画配信サービスです。作品の入れ替わりペースが早いので、次はなにを見ようかといつもワクワクさせてくれ、飽きがこないのがいいですね。
(37歳・男性)
Amazonプライムビデオの次はこれ
月額550円とAmazonプライムビデオに迫る安さで、Amazonプライムビデオで見るものが無くなった方にお勧め。また、意外と古いアニメに強く、他では見れないものが見れることも。
(38歳・女性)
コスパ良く使い勝手が良い
月額550円という驚きの価格でサービスが受けられます。コスパ最高です。作品数もある程度はありますし、新規作品追加も頻繁にあります。またダウンロード機能があるので、とても便利です。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

クランクイン!ビデオ

クランクインビデオ
無料期間14日間
入会特典1,000ポイント
配信数1,000本~
月額料金990円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
クランクイン!ビデオ 利用者の口コミ
(38歳・男性)
漫画のコンテンツは豊富
スマホのキャリア決算に対応しているので、スマホ代金と合算払いができ便利ですし、動画だけでなく15万作品の漫画も配信されているので、コンテンツはとても豊富でした。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(27歳・男性)
アニメなどか充実しています
他の動画配信サービスではみられないような作品もあるので私自身は重宝しています。月額料金もそこまで高くないので利用しやすくコストパフォーマンスが優れていると感じました。

ファイト・クラブ 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「ファイト・クラブ」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

ファイト・クラブ 予告動画

「ファイト・クラブ」 ―映画の言葉― 2012.4.21(土)発売!

ファイト・クラブ 作品情報

映画「ファイト・クラブ」は1999年の12月11日に、デヴィッド・フィンチャー監督によって劇場公開されています。メガホンを取ったのは「エイリアン3」から「ゲーム」まで数々のヒット作と問題作を世に送り出してきた鬼才です。原作の小説はチャック・パラーニュによって1996年に発表されたハードボイルド文学で、日本でも1999年2月10日に早川書房から池田真紀子によって翻訳刊行されました。「ジャンパー」などのSF映画で有名な脚本家のジム・ウルースが書き下ろした、オリジナルのシナリオによって映像化されています。1999年度のアカデミー賞では音響効果編集賞にノミネートされている他、ラスベガス映画批評家協会賞でも高い評価を集めました。平凡な会社員がストリートファイトの愛好会を立ち上げることから巻き起こる騒動を描くバイオレンスエンターテイメントです。

作品データ

上映時間139分
製作年1999年
製作国アメリカ
原題Fight Club
配給20世紀フォックス映画
公式サイト-

ファイト・クラブ キャスト・スタッフ

ファイト・クラブ あらすじ

自動車事故のリコールの審査担当者として大手メーカーに勤めている「僕」は、日々の多忙なルーティンワークに追われていました。プライベートではブランド品の衝動買いと重度の不眠症に悩まされてばかりでしたが、医師に相談してみても様々な集会に飛び入り参加してみても改善されません。更には出張中に自宅のコンドミニアムでガス爆発が発生して、一夜にして帰る場所が無くなってしまいます。僕が助けを求めたのは、以前に飛行機の中で知り合いになって名詞を受け取っていたタイラー・ダーデンという男性です。スーツケースに必用最低限の着替えを詰め込んで待ち合わせ場所のバーを訪ねると、タイラーから自分を力いっぱい殴りつけるように頼まれます。ふたりだけの秘密の遊びは何時しか「ファイト・クラブ」と名前を変えて、多くの仲間たちが集まりエスカレートしていくのでした。

ファイト・クラブ 評価

各映画レビューサイトから「ファイト・クラブ 」の評価を集めました。
ファイト・クラブ
総合評価★ 4.0

ファイト・クラブ 見どころ

合わせ鏡のようなふたりの名優

主人公を演じているのはエドワード・ノートンで、映画の序盤こそ仕事に疲れ果てている冴えない風貌のサラリーマンです。中盤以降はみるみるうちに精気を取り戻していき、見違えるように逞しくなっていく変わりようを体現していました。フィンチャー監督とは「セブン」以来のタッグを組むことになるブラッド・ピットも、タイラー・ダーデン役で大暴れを披露しています。多種多様な格闘技のトレーニングばかりではなく、前歯を抜いて撮影に臨んだという裏話がビックリですね。地味で無難なデザインながらも明らかに高級ブランドだと分かるスーツをビシッと身に纏っている主人公と、派手な柄の安っぽいシャツをだらしなく着崩したタイラー。まるっきり正反対なふたりのファッションや美学についても、注目して見てみると面白いかもしれません。

自らの拳で掴みとる生き甲斐

グローブも装着することなく、ヘッドギアも被ることもなく、プロテクターも装備することもなく。そこには勤め先の会社の名前や役職、出身校から銀行の預金残高などの社会的ステータスは一切関係ありません。自らの拳のみを武器にしてぶつけ合う、男たちのバトルが迫力満点でした。泥にまみれて血を流しながら転げ回った後にふと気が付いたら、対戦相手との間には信頼関係が芽生えていて清々しいです。クラブについて口外してはならない、ファイトは一対一でシャツと靴を脱いで、時間制限はなしで新入りは必ずファイトする。何でもありの殴り合いではなく、あくまでも厳格なルールの下でお互いの存在意義を受け入れていく姿には胸が熱くなります。

脳裏に焼き付く映像

随所にはサブリミナルカットと呼ばれる、肉眼では捉えきれないほどの瞬間的な1コマ映像が挿入されています。無機質なオフィスの中や空港ロビーの人混みの中に、そこには居るはずのないタイラーが佇んでいて何とも不気味です。1957年にニュージャージー州の映画館でジョシュア・ローガン監督の「ピクニック」を上映した際に、フィルムの合間に「コーラ」という文字を入れたら売店のコーラの売り上げがアップしたという逸話は有名ではないでしょうか。日本でも1995年にテレビで放送された人気のアニメに、某カルト教団の教祖の写真が紛れ込んでいて大騒ぎになりました。映画やテレビに限ると遊び心とも言えますが、大企業が自社製品の広告に利用したり時の政府によって選挙やプロパガンダに悪用されてしまう危うさについても考えさせられます。

ファイト・クラブ 感想・レビュー

お金では買うことが出来ないものを追い求めて

スターバックスコーヒーの空きカップにIBMのデスクトップパソコン、イケアのほこり避けカバーにホヴェトレックの健康バイク。気に入ったものはクレジットカードの分割払いか、ネット通販のワンクリックで手に入れてしまう主人公のライフスタイルが垣間見えます。経済的に何不自由ない暮らしを送りながらも、何処か満たされることのない寂しげな横顔も印象深かったです。長い人生の中で人間にとって最も重要なのは、財産や名誉ではなく心の奥底から夢中になることが出来る何かなのかもしれません。主張先へと向かう途中の飛行機の機内で偶然にも隣合わせた奇妙な男から、主人公の止まっていた日常も徐々に動き始めていきます。

管理社会に背を向けるタイラーの生き方

自分で手作りした石鹸のセールスマンから映画館での映写技師のアルバイト、更にはホテルの宴会場でウェイター。ありとあらゆる職種に手を出しながらも、何ひとつ身に付けることなく流れるように生きていくタイラーの姿が心に残ります。ファミリー用の映画のフイルムにドッキリ映像を繋いでしまったり、ホテルのお客さんが食べるご馳走にちょっぴりオリジナルのスパイスを加えてみたり。うるさ型の上司の目を盗んでタイラーがあちこちに仕掛ける細やかないたずらも、不思議と憎むことが出来ません。タイラーが常日頃から抱いていた働くことや会社へ不満は、やがては消費社会や資本主義経済そのものへと向いていきます。

崩れ去るふたりの間の壁

主人公とタイラーが同一人物だったと明かされていく、思いもよらない後半の展開には引き込まれていきます。退屈な毎日の繰り返しの中で他人の人生を擬似的に体験してみたいと思ったことは、誰しもが1度や2度はあるでしょう。そんな変身願望を暴走させていく主人公が、遂にはテロリスト集団の指導者へと祭り上げられてしまうシーンが皮肉な味わいです。全身黒ずくめの衣装に身を包んだ「スペース・モンキーズ」は、本作の4年前に制作されてブラッド・ピットも出演している「12モンキーズ」にも繋がるものがありました。金融街への大胆不敵な宣戦布告と、仕掛けられた強力なダイナマイトの爆発までのカウントダウンが手に汗握ります。

ファイト・クラブ SNSでの評判は?

Twitterから「ファイト・クラブ」の評判をまとめました。

【まとめ】ファイト・クラブの動画を無料で見るなら

原作者の小説が発表されたのが1996年であるだけに、ラストの巨大なビル群が崩壊していくシーンは今見ても衝撃的です。優れた映画はこれから起こる出来事を予言すると言われていますが、正に2001年のニューヨークでの同時多発テロを連想してしまいました。作品公開から20年の歳月が流れましたが、現実の世界の方がこの映画の中で描かれていた狂気を追い越していくような気がするのは思い過ごしなのでしょうか。一見すると暴力的なストリートファイトをテーマにした映画と思いきや、深いメッセージと哲学的な思想が込められています。朝早くから夜遅くまで仕事に追われていてお疲れ気味な皆さんは、是非ともこの1本をご覧になってリフレッシュして下さい。
TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間が長い
30日間
初回特典が豪華
1,100ポイント付与
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました