アイム・ノット・ゼア フル動画無料視聴方法

アイム・ノット・ゼア
2007年製作/136分/アメリカ 予告動画を検索
出典:

アイム・ノット・ゼアの動画配信情報

アイム・ノット・ゼアの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)---880円~Netflix
dTV31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

アイム・ノット・ゼアを配信中の動画配信サービスの詳細

アイム・ノット・ゼア 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「アイム・ノット・ゼア」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

アイム・ノット・ゼア 作品情報

映画「アイム・ノット・ゼア」は2008年の4月26日に劇場公開されている、トッド・ヘインズ監督によるミュージックドラマです。新聞記者の記憶の旅を描く「ベルベット・ゴールドマイン」や、平凡な主婦が愛と自由を追い求める「エデンより彼方に」等。ヒューマンドラマからメロドラマまでを手掛ける、1961年生まれでロサンゼルス出身の映画作家がメガホンを取りました。第64回のヴェネチア国際映画祭でプレミア上映された作品になり、審査員特別賞と主演女優賞に輝いています。クランクインは2006年の7月にカナダのモントリオールでの主要撮影を皮切りに、全米各地での現地ロケを敢行している作品です。現役のミュージシャンであり伝説的な存在でもあるボブ・ディランが持つ、6つの顔に6人の俳優たちが迫っていきます。

作品データ

上映時間136分
製作年2007年
製作国アメリカ
原題I'm Not There
配給デスペラード
公式サイト-

アイム・ノット・ゼア キャスト・スタッフ

アイム・ノット・ゼア あらすじ

ウッディ・ガスリーがミュージシャンへの憧れを胸に抱いて故郷の田舎町を飛び出したのは、1959年のことでした。1962年になると、ジャック・ロリンズ牧師はプロテスト・ソングと呼ばれる新しいジャンルを確立していきます。俳優としてキャリアを積んでいたロビー・クラークが、ジャック・ロリンズをモデルにした映画「砂の粒」の主演に抜擢されたのは1964年のことです。1960年代も半ばになると、歌手のジュード・クインはアコースティックギターを手放してエレキギターに持ち変えます。ビリーがニューヨーク州東部のウッドストックでオートバイの事故に遭って引退に追い込まれたのは、1966年のことです。インタビューを受けている詩人・アルチュールは、偉大なるミュージシャン・ボブ・ディランの魅力について熱く語り始めるのでした。

アイム・ノット・ゼア 評価

各映画レビューサイトから「アイム・ノット・ゼア 」の評価を集めました。
アイム・ノット・ゼア
総合評価★ 2.9

アイム・ノット・ゼア 見どころ

6人合わせてボブ・ディランを目指す

映画冒頭に登場するアフリカ系の男の子、ウッディ・ガスリーの役には当時14歳だったマーカス・カール・フランクリンが抜擢されています。元歌手でありながら聖職者という異色の経歴の持ち主であるジャック・ロリンズを演じているのは、カメレオン俳優として名高いクリスチャン・ベールです。映画俳優としては順風満帆ながらもプライベートでは気苦労が絶えないロビーの役を、ヒース・レジャーが務めていました。波乱に満ちた運命へと立ち向かっていく歌手のジュード・クインに、紅一点のケイト・ブランシェットが扮しています。アウトローにしてカリスマ性あふれるビリーの役は、リチャード・ギアのキャスティングしか考えられません。詩人でもあり狂言回しでもあるという難しい役どころを、ベン・ウィショー難なくこなしています。6人の豪華な俳優たちの競演によって、ボブ・ディランの多才な一面が浮かび上がってくるのが面白かったです。

ボブ・ディランのいないボブ・ディラン映画

ボブ・ディランに関する音楽ドキュメンタリーや創作物語は、世界各国で製作されていて枚挙にいとまがありません。古くは1967年にイギリスで製作された、ドン・アラン・ペネベイカー監督作「ドント・ルック・バック」にまで遡ります。サム・ペキンパー監督の1973年作品「ビリー・ザ・キッド」には、俳優と出演して意外な演技の才能も披露しました。ノーベル文学賞を受賞した2016年以降には、「ノー・ディレクション・ホーム」など過去の作品もリバイバル上映されるようになっています。この映画は本人が全く出演しないながらも、ボブ・ディランによって公認されている異色の作品とも言えるでしょう。「ぼくはもうそこに居ない」という何とも意味深なタイトルからは、更なる活躍の場を模索するボブ・ディランの姿が伝わってくるはずです。

珠玉のコレクション

全編を通して鳴り響いているのは、アルバム総売上が全世界で1億枚を上回るとも言われているボブ・ディランの曲です。オープニングテーマは「ダイアローグ~メンフィス・ブルース・アゲイン」で、背景に広がるアメリカ南部の田園とピッタリでした。挿入曲の「時代は変わる」はもともとは1965年にリリースされたシングル曲で、今聴いてもそのメッセージは色褪せません。ジョーン・バエズからビリー・ジョエルまで、世界中のアーティストによってカバーされているのも納得できますね。幻の未発表曲とも言われていて長らく陽の目を見なかった「アイム・ノット・ゼア」が、36曲ものヒットコレクションを締めくくります。劇中の名シーンの数多くがフラッシュバックのように蘇っていくとともに、名残惜しいような気持ちが涌いてくるはずです。

アイム・ノット・ゼア 感想・レビュー

あの時代を彩るメロディー

オープニングを飾るのは、大勢の観客が開演を待ちわびているコンサート会場の模様を捉えたモノクロームの映像です。詩人、預言者、無法者、ニセ者、エレキギターのスターと幾つもの顔を持つ「彼」の登場はいやが上にも高まっていました。歌手を夢見るアフリカ系アメリカ人の少年、かつては歌手だった牧師、新進気鋭の俳優、賛否両論を巻き起こしていく歌手、一度は全てを捨てた隠遁者、謎めいた詩人。一見すると無関係に思えていた6人の運命の間に、時おり「彼」を中心として不思議な繋がりが生まれていきます。

追い詰められた男の抵抗の歌

違法な薬物へと溺れていき肉体的にも精神的にもボロボロになっていく、歌手ジュード・クインの転落ぶりが痛切でした。その一方では創作活動に行き詰まった時にこそ、予想外のアイデアや閃きが舞い降りてくる可能性もあります。フォークシンガーから全く新しい音楽への転身を図った途端に、「ユダ(裏切り者)」のレッテルを貼られてしまったエピソードは有名です。いく先々で浴びせられるブーイングにも屈することなく、ステージの上に立ち続けていく意志の強さには胸を打たれます。アメリカ国内の息苦しさに耐えきれなくなりロンドンへの海外ツアーを決行したジュードが、マッシュルームカットの4人の若者とすれ違うシーンも心憎いです。

戦争と音楽

レインコートの警察官を信じるな、情熱と愛には気をつけろ、社会問題を尋ねられたらじっと相手を見つめかえせ。詩人のアルチュールが信条とする「おたずね者の心得」には、国家や権力者への反骨精神がにじみ出ていました。1963年に発生したケネディ大統領の暗殺に代表されるような、歴史的な事件が散りばめられていて効果的です。泥沼化していくベトナム戦争によって引き裂かれていった無数の家族やカップルへの、レクイエムも込められています。銃ではなくギターを片手に愛と平和のために戦い続けた戦士たちが、大きなうねりに引き寄せられるかのように1969年のウッドストックへと集まっていく予感が圧巻です。

アイム・ノット・ゼア SNSでの評判は?

Twitterから「アイム・ノット・ゼア」の評判をまとめました。

【まとめ】アイム・ノット・ゼアの動画を無料で見るなら

ビリーが貨物列車の車内に打ち捨てられたウッディのギターを発見することによって、物語は振り出しに戻るかのように幕を閉じていきます。東洋的な思想にも深い関心を示しているボブ・ディランらしく、輪廻転生を思わせるようなラストシーンです。いま現在でも世界各地を放浪しながら、ギターを掻き鳴らして歌を歌っている愛すべき自由人の姿を思い浮かべてしまいました。歌い手と観衆とが一体感を感じることが出来るのが、ボブ・ディランの楽曲の素晴らしさなのかもしれません。最近のヒットチャートや主流の音楽配信に馴染めない皆さまは、是非ともこの1本をご覧になってください。
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました