マイケル・ジャクソン THIS IS IT フル動画無料視聴方法

マイケル・ジャクソン THIS IS IT
2009年製作/111分/アメリカ 予告動画を検索
出典:
サービス無料視聴無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
結論
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」は、TSUTAYA TV/DISCASの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いTSUTAYA TV/DISCASがおすすめです。

現在TSUTAYA TV/DISCASでは、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を楽しんでください。

マイケル・ジャクソン THIS IS ITの動画配信情報

マイケル・ジャクソン THIS IS ITの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT未配信31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)定額見放題---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)レンタル2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

マイケル・ジャクソン THIS IS ITを配信中の動画配信サービスの詳細

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(24歳・男性)
Amazonプライム会員におすすめ
もともとAmazonのプライム会員だったため無料で見ることが出来ます。映画やアニメなど子供から大人まで楽しめるコンテンツが揃っているので家族がいる方にとてもおすすめです。
(30歳・女性)
アニメや映画を楽しむならこれ一つでOK
様々な種類の映画やドラマやアニメを楽しむことができます。シーズンの続きなど続々と更新されるので退屈だと思ったことがありません。AmazonPrimeVideoさえあれば十分です。
(23歳・男性)
オリジナル番組が面白い
Amazonオリジナルコンテンツが面白いです。どの動画サイトでも見られるような映画も種類が多く、アマゾンの配送サービスと合わせると、費用面でも価値が高いと思います。
(26歳・女性)
暇つぶしにも作業用の垂れ流しにも最適
ちょっと前に話題になっていた作品を、話題になっているときには見たくないタイプの人におすすめです。昔見ていたアニメも見られたりするので、暇つぶしに見るもよし、何か作業をする際に垂れ流しで使うもよしです
(27歳・女性)
動画以外の機能も使うならこれ
他の配信サービスより安く、動画以外の特典も豊富なので、Amazonの他のサービスもよく使う人に良いです。動画のラインナップが少なめなので、暇なので何か流したい、くらいの気持ちで利用すると楽しめます。
(36歳・女性)
月額500円でこれだけ見れるのはお得!
プライムのサービスも利用できて、さらに動画も楽しめるので内容に満足しています。海外ドラマを多く見ているのですが、ベーシックに楽しめる作品が多いので、配信サービス初心者の方には入りやすいかもと思います。

Netflix

Netflix(ネットフリックス)
無料期間-
入会特典-
配信数-
月額料金880円~
ダウンロード
同時再生可能端末数4
Netflix 利用者の口コミ
(31歳・女性)
ネットフリックスオリジナル作品が豊富
ネットフリックス制作でアカデミー賞を受賞した映画が最速で観られます。無料お試しサービスはありませんがデビットカード支払いも可能で一番安いプランは1000円以下です。
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
ネットフリックスは昔自分が主に使っていた、動画配信サービスです。ネットフリックスのいいところは月額のコスパもよく洋画のラインナップもそこそこ充実していて、オリジナルの映画もある
(27歳・男性)
お家時間のお供に、ずっと過ごせる
とにかく見られる動画の種類が豊富です。海外ドラマや洋画はもちろん、韓流や日本のアニメまで揃っています。ここでしか見られないNetflixオリジナルの作品もどんどん充実してきました。
(24歳・女性)
新たな『好き』が見つかる!
ドラマや映画が好きで数々のサブスクリプションサービスを利用してきましたが、現在登録しているのはNetflixのみです。種類や数はもちろん、おすすめ欄も適切で次から次へと見てしまいます。
(58歳・男性)
動画の本数は多いが見たいのが少ない
Huluと悩みましたが、こちらにしました。英語の勉強もしてるので、英語字幕は魅力でした。しかし、見たい映画やドラマが少ないのです。見たいなっと思ったら有料だったりして、3か月で解約しました。
(40歳・男性)
オリジナル作品が充実
初めは映画、ドラマの配信を目当てに加入しましたが、Netflix限定のオリジナル作品が多い事に驚きました。しかもクオリティが高いです。見たい作品が多くいくら時間があっても足りません。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

Paravi

Paravi(パラビ)
無料期間2週間
入会特典-
配信数10,000本~
月額料金1,017円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
Paravi 利用者の口コミ
(37歳・男性)
ドラマから映画まで豊富なコンテンツあるサービスだと思います
パラビを利用したの、見たいドラマを繰り返し見たいし。スピンオフなども良いですね。家に居る時間増えたので。家に居ても出来る事はあるなと痛感しました。いいものは使いたいですね
(25歳・女性)
最新のドラマがすぐに見れる!
Paraviは最新のドラマの配信がとても早いです!最新の日本のドラマがとても多いので、好きな人にはオススメです。バラエティ好きの人にも良いとおもいます。月額も安めで、使いやすいです!
(50歳・男性)
動画を探しているだけでも
最初は娘に頼まれて契約したのですが、動画を探しているだけでも楽しくなり、気がつけば娘より動画を観ている時間が圧倒的に長くなり、睡眠時間を減らしても、まだまだ時間が足りません。
(39歳・女性)
国内ドラマが充実している
観たいドラマや映画がたくさんあり、無料期間を経てそのまま継続して契約中です。特に国内ドラマが種類豊富で、「MIU404」のディレクターズカット版などParaviにしかないものもあります。
(38歳・男性)
ドラマのラインナップは最高
ドラマのラインナップは国内随一と言えると思いますし、ドラマ好きにはこれ以上ないサービスだと思います。また、放送中のドラマやバラエティー番組の見逃し配信もあるので助かります。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(27歳・男性)
アニメなどか充実しています
他の動画配信サービスではみられないような作品もあるので私自身は重宝しています。月額料金もそこまで高くないので利用しやすくコストパフォーマンスが優れていると感じました。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 予告動画

映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』カムバックにかける思い

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 作品情報

「KING OF POP」と称され、世界に一大センセーショナルを巻き起こし続けたマイケル・ジャクソン。 彼が精力的な企画を行いながらも、公演開始を目前に突然この世を去り、未完の大作となったコンサート公演「THIS IS IT」 マイケルが自身の為に撮影していた映像をドキュメンタリーとして再編集、心待ちにしていたファンへ贈る記録映像です。 そのステージにかける思い、熱意、スタッフとのやり取り、そして演じられるはずであった公演。 マイケルファンならずとも何かを感じ入らせる「KING OF POP」の姿を目の当たりにする作品です。

作品データ

上映時間111分
製作年2009年
製作国アメリカ
原題This Is It
配給ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
公式サイト-

マイケル・ジャクソン THIS IS IT キャスト・スタッフ

マイケル・ジャクソン THIS IS IT あらすじ

「KING OF POP」マイケル・ジャクソンの急死によって、開催される事の無くなったライブ「THIS IS IT」 その直前…正に死の直前まで行われていたロサンゼルスでのリハーサルは、彼が実に12年ぶりとなるライブに対し並々ならぬ情熱をもって取り組んでいる姿が映し出されている。 長いブランクを一切感じさせないを見せないダンス・パフォーマンス、歌唱力、そして自身を支えるスタッフへの気配り。映像にはそんなアーティスト「マイケル・ジャクソン」の姿があった。 流れる大ヒットナンバーの数々は、リリース当時のセンセーショナルな雰囲気そのままに、ライブパフォーマンスとしてファンが驚き、熱狂する仕掛けを通じ、最高の表現へ向けて妥協無く磨き上げられていく。 優しくも強い熱情をぶつけ、思いを共に出来るメンバーを通じ、マイケル・ジャクソンという創造性が作り出そうとしていたステージの風景を垣間見る。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 評価

各映画レビューサイトから「マイケル・ジャクソン THIS IS IT 」の評価を集めました。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
総合評価★ 4.1

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 見どころ

スムース・クリミナル

曲名だけ見ると、日本では「スリラー」や「バッド」等のスーパーヒットに比べると知名度が一歩劣りますが、特許まで取ったと言われるパフォーマンス「ゼログラヴィティ」(身体を一直線に直立させたまま45度くらいまで倒れ込み直立へ戻る技)や、純白のギャングスーツに身を固めたマイケルが凄まじい切れ味のダンスを繰り出すハードなダンスナンバーとして一度は触れた事があるのではないかという人気曲です。 本作ではいよいよ観客が温まって来たなという映画前半部のクライマックスとして登場。 製作風景や背景に用いられている技術の説明から一転、時代を感じさせる白黒映画が始まったと思ったらそこに現われたのは時代がかったギャング姿の…マイケル?! 白黒映画時代のギャング達に紛れて、リタ・ヘイワーズからの妖艶なアプローチをさらりと受け流し、ハンフリー・ボガートの追及を華麗な身のこなしで凌いで見せる。 誰にもマネ出来ない純白スーツに身を包んだスーパー・ギャング、ソイツはマイケル・ジャクソン! …といった体裁で流れる映画のようなPVは、公演の背景で流す映像だったとされるもの。 過去の名優達とマイケルの共演はもちろん合成映像なのですが、違和感無く溶け込んで見せているのはマイケル・ジャクソンというキャラクターが為せる独特の存在感でしょうか。 かくしてPVはクライマックス、滅茶苦茶に撃ち込まれた弾丸が電飾を打ち砕き、浮かび上がる「SMOOTH CRIMINAL」の文字。 そして低音ベースから立ち上がるイントロ、そして始まるマイケルとダンサーのパフォーマンス。 ライブパフォーマンスとして見れば残念ながらリハーサルの映像である為、衣装や舞台装置まで含めた完成とは行きません。 しかし、その熱気とその場に集まった全員の集中力と熱気は、ライブで演じられるであろう演技の充実度を物語るに相応しいものであり、過去のものと比較しても劣らぬダンスの切れ味に驚かされます。 そして何より、リハーサル映像であるが故の「更に研ぎ澄まそうとする動き」が、最大の見所だと言えるでしょう。 「スムース・クリミナル」のくだりでは、まずPVからイントロへ繋ぐ部分において、マイケルから「より観客を熱狂させる」為の提案が入ります。 リハーサルだけに、本作ではこのようなマイケルからのアプローチや、スタッフとのやり取りが何度も現われるのですが、感覚的なイメージを如何にして「共有」してもらうかという難しいものを、お互いがプロフェッショナルとして上辺でない完成度へ結びつけようとする努力にも似た繊細でありながら強く受け答えをする様として映し出されているのです。 より良いもの、それは即ち集まったファンが最も喜ぶものを最高の形で提供する事であり、それを作り上げる為のプロフェッショナルである自分達が、そのビジョンを共有し、意図を同じくして高みを目指す為に努力を惜しまないという姿勢が、言葉と行動に表れるものと言えるものでした。 大作PVに団体で構成されるダンスパフォーマンスを合わせた、ライブで用いられた要素を網羅したと言えるシーンだけに、リハーサルで展開されるやり取りも要素が最大に盛り込まれた見所として挙げられるシーンです。

アース・ソング

本作では深い緑の中で眠る印象的な少女の姿から、切り開かれ荒廃していく森の姿を直喩的に表わしたPVと共に歌い上げられるプロテストソングです。 その内容から賛否両論硬軟様々な意見が交錯する点についてはひとまず他所へ譲る事として、本作におけるライブパフォーマンスとして大きな見所である点に着目するものです。 やはり目を引くのは、ライブ「THIS IS IT」の為に撮り下ろされたPVです。 自身も映画製作に関わった経験を持つ程、映画にはこだわりがあったとされるマイケルだけに、本作で登場するPVはいずれもライブという映像だけが目的となる訳では無い企画に対して作られたものとは思えない力作揃い。 その中にあって「アース・ソング」の為に作られたものは、過去オフィシャルで制作されたもののメッセージ性を踏襲しながら、そのエッセンスをより集中し、精密なものとして完成度を高めたものとなっています。 これは登場するキャラクターを「森の中で生きる少女」と「森を切り開く機械」という単純な対比として構成する事で、展開される物語をシンプルなものとしながら、キャラクターに仮託される要素を見る側に委ねる事での複雑性を与え、強固なメッセージ性とする試みであると見る事も出来る仕上がりになっていると言えます。 「森を切り開く機械」も、現実にある重機を凶悪にしたような姿でありながら、搭乗者の姿が無いように見えるものとして設定されているのが、森を切り開く「人」に対する敵意という対立を表わさない意図も感じさせる、シンプルな映像ながら凝った作りを思わせるものとなっています。 こうした映像の工夫は「アース・ソング」の祈るように歌い上げられる澄んだメロディーラインと、力強さの一方で無機質な響きも感じさせるリズム&ベースの対立が印象的な曲調を視覚的にも補強するものとして見られ、そのメッセージ性如何をさておいたライブ・パフォーマンスとしても魅力的なナンバーとなっています。 そして曲の最後にはPVを越えて重機が舞台に現われ、舞台上のマイケルを今にも押し潰さんとしたその瞬間、曲は断ち切られるように終わります。 こうした大掛かりな仕掛けを大胆に使い、その動かし方にも「THIS IS IT!(これで決まりだ!)」と言える完全性を求める姿が、一貫した「マイケル・ジャクソン」という在り方を強く印象付ける一幕と言えるでしょう。 「アース・ソング」は生前のマイケルが一番好んだ曲と言われ、この曲のリハーサルを最後に世を去ったと言われます。 全霊で祈り、願うように、答えを求めて問いかけを重ねるこの歌が、本作でも画面を越えて訴えかける力強さを感じるのは、その表れなのかもしれません。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 感想・レビュー

磨き抜かれたポップカルチャー的格好良さ

本作の位置づけとしてまず触れる所は、間違い無く開催される事の無かったライブ・エンターテインメント「THIS IS IT」の一端を公開するというエンターテインメント性です。 未完とは言え、マイケルが「THIS IS IT」において打ち出した方向性は「ファンが見たいマイケル・ジャクソン」というものであった事から、従来において完成された演技を更に現代的なものとしてブラッシュアップする形態で進められており、そこに全くの新規事業をお披露目するという要素は無かったと言えます。 それだけに、今まで磨き上げられた「マイケル・ジャクソン」というキャラクター性には一切の曇りを感じさせないものとして、むしろ12年というブランクを考えれば驚異的とすら言えるパフォーマンスを見せ付けるものでした。 更に驚くべきは、その感性でしょう。 80年代ポップシーンで一世を風靡してから当時既に20年有余年が経っており、感性という部分で何処かしらに自身の時代性を残しているとしても不思議の無い中、様々なエンターテインメント要素を貪欲に吸収しながら「マイケル・ジャクソン」という独自の世界観を映し出してくるものです。 「KING OF POP」とは、正に一つのポップカルチャーの源となった「マイケル・ジャクソン」というキャラクターを表わすに相応しい呼び名なのではないかと思わせられます。

エンターテイナーの理想像

本作がもう一つの側面としてクローズアップしているのが、リハーサルとメイキングに関わる部分です。 一見するとファンダム的要素の強い、ともすれば「身内ネタ」や「尺の水増し」と言われてしまいかねない部分ですが、本作においては、この部分が本編として織込まれ一つの「作品」となっている事に意義を感じずには居られません。 その一挙手一投足が「マイケル・ジャクソン」というキャラクター性として映る彼が、リハーサルという「過程」の部分において如何なるように自分の感性を満たしながら、他者をそこへ導いていくかという非常に難解なミッションへ挑む姿が映し出され、作品として完成度を上げていく過程を描き出す様はいっそドラマティックと言って良いもの。 自分以外の才能に対して、その良さを認めながら、更なる高みを引き出そうとしてアプローチを真剣に試みる姿などは、かつて一時代を築いたポップカルチャーの旗手としての深く豊かな感性に裏打ちされた洞察力を垣間見る心持ちでした。 一つの目的を確かに見つめ、自身のすべき事へ自身を持ち、他者を理解する為の努力を怠らず、容認し、高みを目指す。 その姿勢は、何事において見習う事の出来るものではないかと思わせるものだと言えるものでしょう。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT SNSでの評判は?

Twitterから「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の評判をまとめました。

【まとめ】マイケル・ジャクソン THIS IS ITの動画を無料で見るなら

その人生において大きな才能を遺憾無く発揮し、一時代を築く程の存在を放ったが故に、奇矯の人物として扱われ、或いは係争の渦中に身を置く事にもなった、毀誉褒貶を一身に背負った人物であるマイケル・ジャクソン。 本作はあくまでその一端を、都合の良い形で切り取ったに過ぎないというものではあります。 しかしそれは「マイケル・ジャクソン」という才能が世に送り出した数々の実績を良くも悪くも肯定するものであり、多くの心酔するファンを生み出した事実を納得させるだけの「一面」であると言う事は出来ます。 かつて世界を席巻し、その才能によって生み出されたものが、その為人へ何をもたらしたかを知る「切っ掛けとしてのドキュメンタリー」だと言えるのではないでしょうか。
TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間が長い
30日間
初回特典が豪華
1,100ポイント付与
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました