エヴァの告白 フル動画無料視聴方法

エヴァの告白
2013年製作/118分/アメリカ・フランス合作 予告動画を検索
戦火のポーランドから妹とふたりでニューヨークへ渡ってきたエヴァ。だが妹と引き離され、理不尽にも入国拒否される。そんな中、彼女の美しさに心奪われたブルーノが入国を手引き。だがその正体は、女たちを劇場で踊らせ、売春を仲介する危険な男だった…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「エヴァの告白」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「エヴァの告白」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「エヴァの告白」を楽しんでください。

エヴァの告白の動画配信情報

エヴァの告白の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

エヴァの告白を配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
U-NEXTは普段から、自分が主に使っている動画配信サービスです。U-NEXTはほかの動画配信サービスとくらべて最新作がすぐに公開されるのでとても良く満足してる
(29歳・女性)
漫画も本も海外ドラマも面白い
色々な動画配信サービスを無料でお試ししたなかで、一番良かったです。例えば、アウトランダーという海外ドラマはU-NEXTでしか観られず、差別化されている上に、とても面白くてドはまりしました。
(28歳・男性)
業界トップクラスの作品数
U-NEXTは動画配信サービスの中でもトップクラスの作品数を誇ります。しかも初めての方は31日間無料トライアルもあるので1ヶ月間は無料でこのサービスを受けられるんですよ。
(45歳・女性)
未知の作品に出会える
U-NEXTは、特集コーナーがあるので、自分では絶対に選ばないような動画を見つけることができるので、未知の作品と出会えます。なにか面白い作品はないかなと思っている時には、とっても便利です。
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。
(28歳・男性)
幅広い作品数で業界トップクラス
U-NEXTは幅広い作品数と電子書籍も見れてしまうのでとってもおすすめです。新作の作品もすぐに配信されたりするのでその辺もいいですよね。初めての方は31日無料でトライアルもできるのでおすすめです。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(27歳・女性)
最高にコスパの良い動画配信サービス
AmazonPrime会員になることで利用できる動画配信サービスで他の動画配信サービスに比べても会費が安く、AmazonPrimeVideoオリジナル作品など作品も充実しています。
(27歳・女性)
他のサービスのおまけでついてきた感覚
アマゾンでのショッピングをよく使うので、プライム会員になったおまけという感覚です。自宅のWi-Fiでビデオをダウンロードし、外出先で通信料をかけずにみられるのがとても助かります。
(40歳・女性)
無料作品が大量にありコスパ良し。
新作も少し待てば無料で観られますし、どうしてもすぐ観たい作品はレンタル店に比べれば安く観られて返却の手間もありません。海外ドラマが大好きなので、続々無料で追加されるのもとてもありがたいです。
(58歳・女性)
海外のドラマがたくさん見られるので良いと思います。
月額500円で海外ドラマや映画が見放題です。ほかの動画配信より安くて、たくさんの作品があるので良いとおもいます。英語の勉強にもなるし、ジョークなども面白いのでお勧めできます。
(51歳・女性)
動画以外のサービスも盛沢山
値段の割にとても多くの無料作品が観れると思います。YouTubeみたいに広告が入らないのも良いです。Amazonプライムビデオだけで元が取れるのに、買い物とか他のサービスも沢山利用出来てお得です。
(24歳・男性)
Amazonプライム会員におすすめ
もともとAmazonのプライム会員だったため無料で見ることが出来ます。映画やアニメなど子供から大人まで楽しめるコンテンツが揃っているので家族がいる方にとてもおすすめです。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!

エヴァの告白 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「エヴァの告白」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

エヴァの告白 予告動画

映画『エヴァの告白』予告編

エヴァの告白 作品情報

世界中でその美しさが認められているマリオン・コティヤールがポーランドからの移民、過酷な運命に翻弄されながらもクリスチャンとしての贖罪の意識の中を生き抜く女性を演じた力作である。 第一次世界大戦後の影響下多くの移民がアメリカに自由を求めて入国を望んだ時代に夢を見た姉妹をアメリカで待ち受けていた過酷な運命。 撮影当時40代だった若き監督ジェームズ・グレイが、1920年代のアメリカをどう切り取ったのか。禁酒法や移民問題。大国アメリカの抱えてきた歴史的な背景の中に、我々は何を感じるのか試されている。

作品データ

上映時間118分
製作年2013年
製作国アメリカ
フランス
原題The Immigrant
配給ギャガ
公式サイト映画『エヴァの告白』公式サイト

エヴァの告白 キャスト・スタッフ

エヴァの告白 あらすじ

エヴァ(マリオン・コティヤール)とマグダ(アンジェラ・サラフィアン)姉妹は夢を抱いて移民船に乗り、ポーランドよりアメリカの地を目指しエリス島にやって来た。米国移民管理局が設置されているエリス島で移民たちは、入国審査を受けることとなる。 妹マグダは入国審査の際の検診で結核と診断され、エリス島でしばらく隔離され治療を受けることとなってしまう。姉であるエヴァは、迎えに来るはずだった米国在住の叔母が迎えに来なかったことなどを理由に入国を拒否されてしまう。強制送還を余儀なくされそうなエヴァの懇願により、移民 保護会のメンバーを名乗る興行師のブルーノ(ホアキン・フェニックス)の助けにより、アメリカへの入国果たす。しかし、エヴァに待っていたのは、ブルーノが斡旋する娼婦としての仕事だった。拒むエヴァは、妹の治療費を稼ぎこのアメリカで生きていきたいのならば、妹が開放されるまでは耐えるしかないとブルーノに説得されて体を売ることを受け入れることしかできなかった。他の誰よりも美しい娼婦であるエヴァに常連客がつくのに時間はかからなかった。 妹の回復を心に祈りながら静かにその運命に耐えるエヴァにも心動かされる出会いがあった。ブルーノの従兄弟でマジシャンのオーランド(ジェレミー・レナー)と心通わせるも、妹の帰りを待つエヴァはエリス島の管理官たちと隠密の関係にあるブルーノの元から逃げ出すことはできない。 エヴァを自由にしたいオーランドがエヴァのアパートメントに忍び込み、ブルーノがオーランドを刺殺してしまう。ブルーノから特別扱いされていることを快く思っていなかった者の偽りの通報により、エヴァは警察からオーランド殺害の容疑で追われる身となる。 エヴァを束縛し続けたいブルーノは最後にどんな決断を下したのか。

エヴァの告白 評価

各映画レビューサイトから「エヴァの告白 」の評価を集めました。
エヴァの告白
総合評価★ 3.3

エヴァの告白 見どころ

美しいエヴァ

マリオン・コティヤールが演じるエヴァの美しさは息を飲むほどのものだ。その美しさにブルーノとオーランドが心奪われるのも分かる。しかし愛する者に身体を売り物とする仕事をさせるブルーノの愛はやはり歪んでいると思わざる得ない。そこからエヴァに自由を与えようとするオーランドはある意味健全なのかもしれないが、オーランドがエヴァに惹かれたのがその外見の美しさだけなのだとしたら、やはりその愛も歪んでいるような気がする。 しかし、このエヴァの男たちを魅了する美しさが、必見であることは確かだ。 娼婦の格好をした派手なエヴァよりも地味な普段着エヴァの方が艶やに見える。

ブルーノの歪んだ愛

時代背景なのか、ブルーノの生きてきた過程なのか、原因はわからないが歪み方が不気味だ。そんなにもエヴァを愛していて手放したくないのならば、現状にとらわれずにエヴァとマグダと共に生きる道を探ることはできなかったのか。探ろうともせずに、エヴァを束縛し続ける姿は狂気に満ちている。この狂気が、映画の中に充満してくると、 歪んだ愛が目も当てられないものではなく、ずっと見ていたいものに変化していく。 切なく、真っ直ぐな愛に見えてきてしまうのは、ブルーノ演じたホアキン・フェニックスの演技力に起因することは言うまでもない。最後にエヴァを妹に引き合わせ、自分の本当の罪、エヴァの入国審査を阻止したこと、妹を解放させることが可能だったのにそれをしなかったという罪をエヴァに告白する。 この作品の名前は「エヴァの告白」ではあるが、実は「ブルーノの告白」でもある。

教会での懺悔

エヴァはヨーロッパからの移民船の中で、乱暴され、食べ物がなく、とても不潔だったと懺悔室で語り始める。そして、船内で盗みを働き、今は女である自分の身体を使って稼ぐしかないことを懺悔し始める。しかし、エヴァが最も罪と感じていたのは、ブルーノとオーランドを利用していることだと語るのだ。立場と境遇により、他に生きる道などない彼女が、美しいがゆえに辿り着いた辿り着かざる得なかったその道を懺悔する。 この懺悔室のシーンの崇高な雰囲気はこの映画の最大の山場であり、見せ場である。 ずっと行けなかった教会に行ったエヴァの心境の変化、語りだす懺悔の内容。 エヴァが極限の中で保とうとしてきた人間であるという部分が凝縮した名シーンである。

エヴァの告白 感想・レビュー

エヴァの強さ

エヴァの確固たる願いは妹とともにアメリカの地を踏む事。今は亡き両親と妹の写真をロケットペンダントの中に大事に持ち歩くエヴァの愛情深さが、彼女の強さの根底にある。 マジシャンであるオーランドがエヴァを無理矢理ステージに上げたときに、エヴァは娼婦に対する野次を目の当たりにする。下品な罵声の数々にエヴァは言葉を失うが、それが弱さには感じなかった。むしろ、放心により身を守ろうとする強さを感じた。この場所から自分は動いてはいけない、動けば妹を置き去りにすることとなる。動けないのではなく、動かない強さ。 彼女の境遇に当然の如く同情を感じるのだが、一周回ってむしろしたたかさにも感じてしまうのだ。

赦し

神の赦しとはそんなにも絶大なのだろうかと考えさせられる。 そして人は人を赦すことで、自分も赦されるのか。 そんな神論的なことを考えされる作品だ。 なぜ、クリスチャンは赦しを乞うために語るのか。秘め事はは墓場の中までという感覚の日本人には、分かりにくいかもしれない。 でも神は語ることを許してくれている、神は語った後の身軽さを許してくれているのかもしれない。 そう考えるとエヴァの告白は、意味のあるものに思えてくる。しかし、エヴァは告白後もその信念を変えるわけではない。 赦しとは誰が誰に何を乞うものなのか、異文化への尊い想いに駆られてしまう。

混沌とした禁酒法時代のアメリカ

警察とバーとの癒着、そんな時代であったろうことは容易に想像がつく。そして、人権大国であるはずのアメリカにもかつて無法な時代があった事を、歴史の一幕として受け入れはするが、そんな時代はそう昔のことではない。たかが100年前のことである。 現代のアメリカが抱える移民問題、銃規制問題、貧富格差、それらが作中ずっとちらついていた。100年前は決っして過去ではなく、現代に続いている歴史なのだと再認識させられる。 現代と禁酒法時代との差、それは何なのか。情報という名のモンスターがいなかった時代の非モラルとそのモンスターが生活から離れない時代の非モラル。どちらか罪なのか。どちらに懺悔が必要なのか。

エヴァの告白 SNSでの評判は?

Twitterから「エヴァの告白」の評判をまとめました。

【まとめ】エヴァの告白の動画を無料で見るなら

禁酒法時代を描いたのアメリカ映画で強く印象深いのは「アンタッチャブル」だろうか。狭間の表と裏を這いつくばっている2つ権力を描いたスリリングな作品だった。同じ禁酒法時代の映画であるが、全く異なる今作は、同じ裏を這いつくばって生きる者同士の物語であった。 同じ側同士を生きる者を描くのは難しい。そこに光を当てるのことは無意味になるからだ。そう考えたときに、今作の表に神がいたことに気付かされる。神が表にいて、そこに光を当てようとした。 無神論者だからこそ感じるものが大きい作品だった。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました