サンドラの週末 フル動画無料視聴方法

サンドラの週末
2014年製作/95分/ベルギー・フランス・イタリア合作 予告動画を検索
労働者のサンドラは、体調不良による休職から復帰できることになった矢先の金曜日、解雇を言い渡される。それを免れる方法は、同僚16人のうち過半数がボーナスを諦めること。月曜日の投票に向け、サンドラは家族に支えられながら同僚たちの説得に回るが…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「サンドラの週末」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「サンドラの週末」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「サンドラの週末」を楽しんでください。

サンドラの週末の動画配信情報

サンドラの週末の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

サンドラの週末を配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(34歳・女性)
最新漫画にもつよい!
動画も勿論すごいのですが、漫画が割と最近のものにも強いと思いました。少年少女大人から子供のコミックまで全ジャンル網羅されていると思いました。少し値段が高いかな?と思うこともありますが満足出来ています。
(30歳・女性)
オールジャンル見られて図書券までついてくる感じ
最速で配信されてるものや独占配信されているものも多い。書籍も充実しているので自分は月初に付与されるポイントで流行りの漫画を読んでます。1.8倍速で見れる機能ついてるのでそれもポイントです。
(22歳・女性)
アニメ・映画の種類が豊富
他サイトに比べて種類が豊富で、さらにアニメや映画のみではなくバラエティやライブ映像、漫画なども読めるためこれ一つで大満足です。ただその分月額利用料が少し高いのがデメリット。
(29歳・女性)
漫画も本も海外ドラマも面白い
色々な動画配信サービスを無料でお試ししたなかで、一番良かったです。例えば、アウトランダーという海外ドラマはU-NEXTでしか観られず、差別化されている上に、とても面白くてドはまりしました。
(28歳・男性)
幅広い作品数で業界トップクラス
U-NEXTは幅広い作品数と電子書籍も見れてしまうのでとってもおすすめです。新作の作品もすぐに配信されたりするのでその辺もいいですよね。初めての方は31日無料でトライアルもできるのでおすすめです。
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(30歳・女性)
どこでも誰とでも見れる
スマホはもちろん接続端末があればテレビでも見れます。長編映画から短編ドラマ・バラエティまで種類が豊富で低価格でとてもコスパが良いと思います。普段見ない韓国ドラマも挑戦しましたが、とても面白かったです!
(39歳・男性)
ダウンタウン松本人志の秀逸番組が見れる
映画やアニメなど豊富なラインナップの中で最も注目すべきは松本人志のドキュメンタル。地上波ではここまでできないであろう事、この人ずっとでてるなとか笑いが盛り沢山です。
(27歳・男性)
コストパフォーマンスが最高
月額料金に対して作品数がすごく多くコストパフォーマンスに優れていると感じます。映画だけでは無くドラマなども充実しているので1年以上継続利用している私でも飽きる事なく使えいています。
(36歳・男性)
ファミリー向けかな?
"Amazonゴールドカードの特典として利用しています。以前は仮面ライダーやドラえもんの映画が多く子供と楽しんでいました。映画コンテンツは最新でなくとも名作はある程度押さえているので満足しています。"
(27歳・女性)
最高にコスパの良い動画配信サービス
AmazonPrime会員になることで利用できる動画配信サービスで他の動画配信サービスに比べても会費が安く、AmazonPrimeVideoオリジナル作品など作品も充実しています。
(19歳・女性)
コスパのいいサービス
以前話題になったドラマやアニメなどはほとんど配信しているのに、アマゾンプライムに加入していればついでに見れるというようなお得感が非常にいい。さまざまなところに会員登録しなくてもワンコインで視聴できる。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!

サンドラの週末 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「サンドラの週末」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

サンドラの週末 予告動画

映画『サンドラの週末』予告編

サンドラの週末 作品情報

ジャン=ピエール&リュック・ダンデンヌ、兄弟2人監督で数々の名画を撮ってきた名匠が、フランスを代表する女優であるマリオン・コティヤールに「一目惚れ」して実現した今作。 イギリスのケン・ローチか、ベルギーのダンデンヌかと言われる所以は、社会の片隅に焦点を当てて、踏ん張って生き抜くこうとする人々を切り取る作風にある。 今作もフランスの郊外の町を舞台にリストラ問題とうつ病を克服しようと懸命に戦う女性を、フランスの日差しとともに切り取った映画だ。彼女と彼女の家族、そして彼女を取り巻く人々の心理描写を丁寧に描いた物語からはダンデンヌ兄弟が強く伝えたかった「愛」に溢れている。

作品データ

上映時間95分
製作年2014年
製作国ベルギー
フランス
イタリア
原題Deux jours, une nuit
配給ビターズ・エンド
公式サイト映画『サンドラの週末』公式サイト

サンドラの週末 キャスト・スタッフ

サンドラの週末 あらすじ

うつ病の為に休職していたが、職場に復帰しようとしていた矢先、ランドラ(マリオン・コティヤール)のもとに解雇の連絡が入る。金曜日の午後の事だ。 職場である工場で、サンドラの復帰と残された職員のボーナスを選ばせる投票があり、サンドラ側には2票しか入らなかった。主任による圧力があったからだと親友のジュリエットは言う。 夫マニュ(ファブリツィオ・ロンジョーネ)とジュリエットの提案で、月曜日の再投票を交渉し、再び「1人1000ユーロのボーナスか、サンドラの復職かを賭けた投票」を行うことを社長が認めてくれた。週末、サンドラは病み上がりの体で職場の仲間の家を訪ね、自分に投票してほしいとお願いしに回る。サンドラは夫やジュリエットの力を借りながらも、折れる心をなんとかやり過ごしながらも、1人ずつに頭を下げて歩くことになる。 果たして、この過酷な週末をサンドラは乗り切り、投票で過半数を勝ち取ることができるのか。

サンドラの週末 評価

各映画レビューサイトから「サンドラの週末 」の評価を集めました。
サンドラの週末
総合評価★ 3.4

サンドラの週末 見どころ

「マリオン・コティヤール」

この女優は、「エディット・ピアフ〜愛の讃歌」でピアフを演じた人か?「エヴァの告白」でエヴァを演じた人なのか?と思うほど、サンドラになりきっていた。マリオン・コティヤールには見えない。安物のタンクトップからは贅肉のついていない、しかし鍛えられているわけでもない腕が伸び、金曜から月曜まで同じデニムを履いている。化粧っ気のない顔には笑顔はなく、ボサボサに束ねられた髪、虚ろ気味な目はまだうつ病から完全に立ち直れていない気配がする。そこから醸し出されるサンドラの生活レベルは語られる必要はなく、サンドラ1人の存在で、慎ましく生きるフランスの家族が映し出されていることが分かる。 一見は百聞にしかずの「一見」をサンドラ演じたマリオンが一手に引き受けて、見事に役目を果たしている。

「天秤にかけられる自分の人生と人助け」

正直映画の予告を観ると、テーマが生々しいなと思う。ボーナスと同僚の復職を天秤にかけなければいけない同僚に主人公が頭を下げに行く物語だ。1回目の投票から賛成しているのは16人中2人だけ。電話で投票に転じてくれた者もいる。娘の大学進学への費用にボーナスを充てようとしていた者もいれば、もともと共働きではなく一馬力の家族もいる。サンドラ復職への投票を決めた者を正義とし、断った同僚を悪とは言えない。それくらい、ボーナスの1000ユーロは誰にとっても死活問題なのだ。 サンドラ復職に投票した者にも、それぞれの事情がある。サンドラに新米時代に失敗の罪を肩代わりしてもらったものもいれば、神の「隣人を助けよ」の言葉に忠実でありたいと思う者もいる。また夫に言いなりである自分の再スタートの為にサンドラ側に付くことを決めた同僚もいた。 もし自分がサンドラの同僚の立場だったらどうしていたか、と胸に手を当てる。それは善悪の問題ではなく、生きることの問題なのだと、物語は観客に語りかける。

「フランスの貧困層の抱える問題」

フランスが舞台となる映画では、パリを中心に描かれた作品をよく目にする。また、そういったパリが舞台のおしゃれなフランス映画を期待しているという心情も確かだ。 しかし今作では、パリの香りは皆無だ。エッフェル塔も凱旋門も登場しない。芸術家も小説家もファッション業界の人間も出てこない。登場人物は自分が生きるため、家族を生かすために懸命に働こうとする人々ばかりだ。 失業率の高さ、賃金格差への懸念、フランスが抱える労働改革への問題提起。映画の中で何度も出てくる1000ユーロという言葉の重み。 フランスが抱える痛みはおしゃれな綺麗事では済まされないというメッセージを観客は突きつけられる。

サンドラの週末 感想・レビュー

「金曜の午後から月曜の朝」

たった3日3晩の話である。1時間35分に凝縮されたその切り取られた週末。 最低限のセリフと最低限の音、余計なものはすべて排除され、サンドラの肩越しから彼女と同じ景色を見ているような気分になる。サンドラから幽体離脱したサンドラのような気持ちで、いたたまれない課題に取り組む。負けたくないという気持ちともう何もかも終わりにしたいと言う気持ち、ありがとうという感謝の気持ちと感謝する余裕もないという心。 サンドラと一体化してしまったのだから、彼女の呼吸が苦しくなれば苦しくなり、彼女に光が見えてくれば胸を撫でおろしてしまう。悪夢の週末のようでありながら希望の呼吸が聞こえてくるのは、その降り注ぐ太陽であったり、彼女がけっして嫌われるような人生を送ってきていないという周囲の対応。 他人には他人の事情があり、それが自分の都合のいいものばかりではない。それでも人から悪意を持った目で見られるような生き方はしていないという事が、どれだけの光を今作に降り注いでいるか。 映画が終わって、サンドラからの幽体離脱が終わって我に帰った時に、そんな光を自分は浴びることができるのかなと考えてしまう。

「夫の愛」

サンドラを奮起させ、彼女の真の復帰と完治をさせるために夫であるマニュは厳しい課題を断念することを許さない。公営住宅へは戻りたくないと、妻を奮起させることに注力する。サンドラ側の視点で見ると、なんて過酷な課題を病み上がりの妻に課すんだろうと疑問にすら感じる。なぜそこまでさせるのだろうと、マニュに対する不信感さえあった。 しかし追い込んでいく様子とそれに伴ってサンドラが転んでは起き上がり、また振り落とされては這い上がろうとする姿を目にすると、マニュの魂胆が見えてくる。 荒行事ともいえるマニュのサンドラに対する態度は、自信を失った妻が再スタートの地点にたどり着くためのチャンスを与えたものだったのだ。 サンドラの最後のマニュへの電話がその成功を示してくれる。晴れ晴れとしたサンドラが「善戦したでしょ、私」と語るその上から降り注ぐ光はそれまでの晴天よりも更に、美しかった。

「うつ病からの脱出」

不安定から常に水を飲み、ストレスは呼吸を苦しくする。自信のかけらもなく、自己主張もできずに泣いてばかりいる。 自分はダメ女だと、職場でも家庭でも自己評価は低い。 最低な自分だと責めるが、周囲はそんなふうには思っていない。 彼女の優しさに感謝して投票を決めたものもいれば、彼女の戦う姿に心打たれて投票を決めた者も。そんな自信の小さな積み重ねがあったが、不安の小さな積み重ねが勝ってしまう。薬を1箱全部飲んでしまうのだ。溢れた悲しみと不安が起こしてしまった衝動。しかし、それによって彼女は不安である自分に嫌悪感を示さずに受け入れることを知った。 点滴を受ける彼女が初めて食事を求めたシーンがあった。自分の事を受け入れて、やっと空腹感を感じたのだろう。生きた心地がしない生活がどれだけの苦しみだったか。 うつ病は心の弱さではない。誰も彼女を弱いと思っていない、そんな愛に溢れた映画だった。

サンドラの週末 SNSでの評判は?

Twitterから「サンドラの週末」の評判をまとめました。

【まとめ】サンドラの週末の動画を無料で見るなら

お国柄なのか、ケンローチ作品とダンデンヌ作品とでは映画から伝わる湿度が違うなと思った。 どんより曇った空が社会的弱者の生活を描くのに最適な舞台のだと思ってケンローチ作品を観ていたが、今作を見る限り光の中を鬱屈とした気持ちで生きる主人公もありなのだと思った。 映画にある社会的使命。その共通点はそのままに、まだまだ社会的使命を果たす作品を観ていたい。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました