地獄の黙示録 フル動画無料視聴方法

地獄の黙示録
1979年製作/147分/アメリカ 予告動画を検索
1960年代末、ベトナム戦争が激化するなか、アメリカ陸軍のウィラード大尉は特殊任務を命じられる。その任務とはカンボジアの奥地で自らの王国を築くカーツ大佐の暗殺だった。哨戒艇でヌン川をさかのぼるウィラードは、そこで戦場の狂気を目の当たりにする。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「地獄の黙示録」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「地獄の黙示録」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「地獄の黙示録」を楽しんでください。

地獄の黙示録の動画配信情報

地獄の黙示録の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

地獄の黙示録を配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(33歳・男性)
動画だけじゃない総合エンタメ配信サービス
U-NEXTは他の動画配信サービスと異なり、動画だけでなく雑誌やマンガ、小説(ラノベ含む)まで読むことができるのが最大の特徴です。映画と原作マンガを同時に読むことだってできちゃいます。
(28歳・男性)
幅広い作品数で業界トップクラス
U-NEXTは幅広い作品数と電子書籍も見れてしまうのでとってもおすすめです。新作の作品もすぐに配信されたりするのでその辺もいいですよね。初めての方は31日無料でトライアルもできるのでおすすめです。
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!
(40歳・女性)
アカウントを共有できるのが嬉しい
作品数が多いことはもちろん、ひとつのアカウントで4人まで利用できるのも嬉しいシステムです。ただ、海外ドラマ派の人は、作品数とポイントの観点から、他の動画配信サービスと比較検討することをお勧めします。
(45歳・女性)
未知の作品に出会える
U-NEXTは、特集コーナーがあるので、自分では絶対に選ばないような動画を見つけることができるので、未知の作品と出会えます。なにか面白い作品はないかなと思っている時には、とっても便利です。
(30歳・男性)
思い出の片隅にあった予想外の懐かしいアニメが配信
昭和・平成に関わらずいろんなジャンルの過去のアニメを配信されていますのでマニアックな方にも推奨できます。ただ、権利上の問題もあるからしょうがないのですが、配信が終了するのも突然です。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(19歳・男性)
有名作品がたくさん見れるサービス
アニメ、洋画、邦画、ドラマなど幅広いジャンルの作品を見ることができる。また、プライム会員になるとビデオだけでなくミュージックや本、買い物までお得に利用することができるのがほかのサービスよりおすすめです
(52歳・男性)
Amazonプライム会員のサービスが受けられる
純粋に動画を沢山見たいとか、特定ジャンルにこだわりのある人は、他の動画サービスに魅力を感じるかもだけど、Amazonで買い物をしたり、kindleで本も読みたい人にはおすすめ! 画質も種類もグッド!
(30歳・女性)
アニメや映画を楽しむならこれ一つでOK
様々な種類の映画やドラマやアニメを楽しむことができます。シーズンの続きなど続々と更新されるので退屈だと思ったことがありません。AmazonPrimeVideoさえあれば十分です。
(42歳・女性)
手軽に利用できる動画配信サービス
月会費が安く、Amazonの他サービスが受けられるのが何よりの魅力だと思います。話題の映画などの配信開始も他より早く感じますが、コンテンツによっては追加料金が発生するのがたまにストレスとなります。
(39歳・男性)
AmazonPrimeの特典の一つと割り切って使えばとてもお得
他の動画配信サービスと比べると作品数は少なめで、見放題作品は若干古く、新作はレンタルが多いです。それでも話題作や有名作品は一通り揃っています。また、オリジナル作品のクオリティーも高いです。
(41歳・男性)
世界最大規模の動画配信サービス
毎月定額で好きな映画や人気の映画作品がスマホやパソコンで好きなだけ見放題です。会員になれば無料で見れるコンテンツもあります。見逃した一部のテレビ番組も見れます。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(38歳・男性)
国内最大級のコンテンツ
取扱いコンテンツの数は国内最大級だと思いますし、動画から書籍まで完結出来るのでとても便利だと思います。また、毎月数枚のクーポンが貰えるのもとてもお得感があります。

地獄の黙示録 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「地獄の黙示録」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

地獄の黙示録 予告動画

2/28(金)公開 映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』特報

地獄の黙示録 作品情報

『地獄の黙示録』は1979年に公開されたアメリカの戦争映画です。監督は「ゴッド・ファーザー」などの作品で名高いフランシス・フォード・コッポラ、出演者は、主役のウィラード大尉を演じたマーティン・シーンの他、カーツ大佐を演じてその存在感をまざまざと見せつけたマーロン・ブランド、「ゴッド・ファーザー」などの作品で何度もアカデミー賞を受賞したロバート・デュヴァル、報道カメラマンとして登場したデニス・ホッパー、「マトリックス」でモーフィアス役を演じたことでも有名なローレンス・フィッシュバーン、そして、「スター・ウォーズ」のハン・ソロ役などでも有名なハリソン・フォードなど、有名な役者が目白押し。非常にスケールの大きな名作です。

作品データ

上映時間147分
製作年1979年
製作国アメリカ
原題Apocalypse Now
配給boid
公式サイト-

地獄の黙示録 キャスト・スタッフ

地獄の黙示録 あらすじ

ベトナム戦争も終盤に差し掛かった頃、ウィラード大尉はサイゴンのホテルに滞在中、アメリカ軍上層部に呼び出されます。彼はそこで、元グリーンベレー隊長であるカーツ大佐の暗殺指令を受けるのでした。カーツはアメリカ軍の命令を無視し、カンボジアのジャングルの中に自分だけの国を築いていたのでした。ウィラード大尉はその司令を引き受け、他の乗組員には目的を知らせぬまま、海軍の哨戒艇で目的地へと向かいます。そこで目の当たりにしたのは、サーフィンのためにベトコンの前哨基地を空爆する指揮官や、突如として出現したプレイメイトによるステージ、指揮官が存在しないまま戦い続ける最前線の兵士など、ベトナム戦争の狂気そのものでした。

地獄の黙示録 評価

各映画レビューサイトから「地獄の黙示録 」の評価を集めました。
地獄の黙示録
総合評価★ 3.8

地獄の黙示録 見どころ

圧巻の空爆シーン

まず、最初に度肝を抜かれるのは、ベトコンの前哨基地を空爆するシーンです。ワーグナーの「ワルキューレの騎行」をバックに、アメリカ軍が前哨基地を破壊しまくる迫力あるシーンは、不謹慎かもしれませんが一種の爽快感を味わうことができます。為す術もなく駆逐されていくベトコン軍ですが、一人の女性がヘリコプターの中に手榴弾を投げ込み、撃墜させるシーンなど、アメリカ軍にも被害があります。そこまでして基地を破壊した理由、それは基地の近くにサーフィンに適した波があったから。ここでベトナム戦争の不条理さを際立たせています。最後、空爆により基地が完全に破壊されてしまうところは、すごく虚しい気分にさせられます。

音楽の使い方が見事

空爆シーンに使われたワーグナーの「ワルキューレの騎行」は映像に見事にマッチした音楽。この映画では他にも、オープニングでドアーズの名曲「ジ・エンド」が効果的に使われています。ウィラード大尉が酒に酔い、でたらめな踊りをしながら狂ったように暴れるシーンにこの曲が流れるのですが、これがベトナムのジャングルの雰囲気と非常によく合っているんですよね。曲とともに流れてくるヘリコプターの音がまた不気味さを演出しています。他にも、プレイメイトが踊るステージではクリーデンス・クリアウォーター・リバイヴァルの「スージーQ」が使われていたり、ローリング・ストーンズの「サティスファクション」がさりげなく流れたりします。

最後は狂気の映像へ

カーツ大佐の支配する国はまさに狂気そのもの。至るところに死体が転がっているのですが、これらの死体、なんと本物を使っています。これは監督のこだわりの結果なのかも知れませんが、さすがにいろいろと問題視されたようですね。また、最後の方のシーンでは牛を斬り殺すシーンもあって、動物愛護団体から非難されたそうです。ここで登場するのが伝説の俳優マーロン・ブランド演じるカーツ大佐と、「イージー・ライダー」などの作品で有名なデニス・ホッパーが演じる報道カメラマン。どちらも存在感があり、また別の映画を見ているように感じてしまいます。

戦争の狂気

「地獄の黙示録」の中で一貫して主張されているのが戦争の狂気。前半のシーンでは、サーフィンのためだけに圧倒的な火力を使って敵を蹴散らす指揮官が戦争は必ず勝利すると宣言しますが、物語が進むに従い、ジャングルの中で、ベトコンに怯えながらも最前線で戦う兵士たちなどを見ると、その混沌とした様子にもはや勝利も敗北も意味をなさないように思えてしまいます。カーツ大佐がなぜ、狂気に走ってしまったのか。最後のシーンでカーツ大佐が自ら過去の出来事を語るシーンが非常に印象的です。

地獄の黙示録 感想・レビュー

戦争映画としては最高傑作

戦争映画というジャンルはあまり見たことがありません。過去に「Uボート」を見たくらいでしょうか。あれも戦争の悲惨さを物語る映画でしたが、「地獄の黙示録」は本当に救いようがない悲惨さを前面に出しています。はじめ、ベトコンを圧倒的な火力で蹴散らす場面、あれがこの映画の陽の部分だとすれば、その後に続く悲惨な戦争の状況は陰の部分になるでしょうか。そして、カーツ大佐のいる領地へ足を踏み入れたところから、また場面は切り替わっていきます。一つの映画で、いくつもの作品を見たような印象を受ける映画です。

豪華な役者たち

登場する役者も有名な方が多く、それを見るのもまた一つの楽しみになります。特に圧倒されるのがマーロン・ブランド演じるカーツ大佐の存在。実は、この映画の撮影時、マーロン・ブランドは100kgを超える肥満だったそうです。それを隠すために影をうまく利用してそれが分からないように撮影しています。これが、カーツ大佐の存在をよりミステリアスに見せる効果に一役買っています。それから、若い頃のハリソン・フォードがちょい役で出演しているのも面白いですね。どこで登場するか、本当に短い時間だけですがちゃんとセリフもありますので、ぜひ、一度探してみてください。

戦争の裏側

この映画、ベトナム戦争におけるアメリカ軍のいい加減さをかなり強調した作品なのですが、特にひどいシーンが、ベトナム人の乗った船を検査する場面。何かを隠そうとしている女性を見て銃で皆殺しにしてしまい、隠しているものを見たらそれが子犬だったという内容ですが、もし、これが本当にあったことなら世界中が非難するでしょう。プレイメイトの踊りに興奮し、去っていくヘリコプターにしがみつく兵士や、指揮官のない状態で何を目標に攻撃しているのか分からない兵士など、中盤以降は悲惨なシーンの連続になります。

お気に入りの音楽がいろんな場面で使われていました

アメリカ映画ということで、欧米のロックが多用されているのが個人的にはうれしかったです。オープニングを飾るドアーズの「ジ・エンド」は、まるでこの映画のために用意されたと思えてしまうくらいピッタリの曲でした。また、朝焼けを背景にヘリコプターがベトコンの前哨基地へと向かう場面で流れるワーグナーの「ワルキューレの騎行」は、ある場合とない場合とでは映画の迫力がまったく変わってしまいます。このあたりが、アカデミー賞で音響賞を獲得した理由なのでしょうね。

地獄の黙示録 SNSでの評判は?

Twitterから「地獄の黙示録」の評判をまとめました。

【まとめ】地獄の黙示録の動画を無料で見るなら

「地獄の黙示録」は戦争映画ですが、どちらかといえば戦争の負の部分を強調した内容になっています。感じ方は様々だと思いますが、自分はこの映画を見ると、やはり戦争は嫌だなと素直に感じます。豪華な出演者にも注目。特にマーロン・ブランドの演技は狂気に走ったカーツ大佐を見事に演じていると思います。但し、2時間半もの大作で、ずっと混沌とした狂気の世界を見せられるので、見終わるとかなり疲れると思います。気軽に見られる映画ではありませんが、気合を入れて大作を見ようと思っている方にはおすすめの映画です。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました