時をかける少女(2006) フル動画無料視聴方法

時をかける少女(2006)
2006年製作/98分/日本 予告動画を検索
真琴は同級生の功介や千昭とつるんで野球ばかりしている元気な女子高生。理科実験室で転倒したことをきっかけに過去に戻る“タイムリープ”の能力を手にした彼女は、日常の些細な問題もその能力で解決するようになっていく。ある日千昭から突然告白され…。
出典: U-NEXT

時をかける少女(2006)の動画配信情報

時をかける少女(2006)の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)---880円~Netflix
dTV31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

時をかける少女(2006)を配信中の動画配信サービスの詳細

時をかける少女(2006) 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「時をかける少女(2006)」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

時をかける少女(2006) 予告動画

時をかける少女(劇場予告)

時をかける少女(2006) 作品情報

暗示的な演出とダイナミックな描写力によって圧巻の映像を送り出し、アニメ業界においてその名を知られる存在となっていた細田守監督を一躍スターダムへと送り込み、日本映画市場を塗り替えたと言っても過言ではない一大旋風を巻き起こした作品。 日本SF界におけるビッグネーム・筒井康隆氏の原作、或いは大林宣彦監督の映画として知られる同名の作品から、20年後を舞台とした新作。 21世紀となった世界で再び現在と未来が交錯する中、その出会いがもたらす「未来」は何が待つのか。 押し潰されそうな質量すら感じさせる「時間」の向こうで駆け抜けるように過ぎ去っていく、きらめくひと夏の青春グラフィティ。 「時間を巻き戻せるなら、アナタは何をしますか?」

作品データ

上映時間
製作年
製作国
原題
配給
公式サイト

時をかける少女(2006) キャスト・スタッフ

時をかける少女(2006) あらすじ

紺野真琴(マコト)、津田功介(コースケ)、間宮千昭(チアキ)の3人組は東京の下町にある高校へ通う高校2年生。 2年の春、何処からか転校してきたチアキと不思議に意気投合し、夏休みも間近となった頃には3人寄れば小学生男子もかくやと元気に跳ね回る連れ合いとなっていました。 そんなある日、マコトは理科準備室で不審な人影を追い、不可思議な空間を体験します。 コースケとチアキにその奇妙な体験を話してみるも、新手の冗談か頭でも打ったかとまるで取り合ってもらえず。 憤懣やるかたなしと一人下校するマコトでしたが、通学路の大きな坂道を下る途中、自転車のブレーキが故障、坂道の下は踏切で、折悪しく電車が突入しようというタイミング…! 力及ばずマコトは踏切へ放り出され電車に…と思った瞬間、少し前の時間に戻され惨事を回避していたのでした。 一体マコトの身に何が起こったのか、その出来事の真相とは何なのか…?

時をかける少女(2006) 評価

各映画レビューサイトから「時をかける少女(2006) 」の評価を集めました。
時をかける少女(2006)
総合評価★ #DIV/0!

時をかける少女(2006) 見どころ

アクションで魅せる、ほとばしる青春パワー!

本作の見所と言えば、まず目に付くのが大小散りばめられたアクションと言えます。 細田守監督一流の、大胆なデフォルメと動きの印象付けによって、実写のようなリアリティを感じさせながらアニメーションならではのトンデモない動きを違和感無く、爽快感すら感じさせる勢いで畳み掛けて来る映像は圧巻の一言。 ボーイッシュな女子高生が力一杯走ってるだけ?と問われれば実際そうなのですが、後年その姿(背景も含む)でパロディやオマージュを見かける事もしばしばある程のインパクトを残した、息遣いに同調すらしてしまいそうな全力での力走の数々は大迫力の一言。 加えてそれだけに終わらない、リアリティを感じさせる細やかな「動き」の数々も見逃せないポイントとして、迫力と繊細さの対比に注目して頂きたいものです。

現実感を越えた現実感!瑞々しい背景!

本作は「時間」をテーマに据えた作品である事から、動きに対する「静と動」の対比が物語上一つのポイントとなっています。 その意図も相まってか、非常に高いクオリティで描かれているのが作中の街並みや居住空間を描き出している背景です。 印象的な「止め」と「引き」によって、幾つか描かれる背景は、いずれも現実的な風景ながら絵画的な雰囲気を湛える美しさを持ち、物語が背景とする現実性とSF的な超現実性を併せ持った、整然とした美しさを画面に感じさせる作りとなっています。 端々で作られる美しく印象的な「止め」のシーンで作られる緩急は、飽きさせる事無く作品へ釘付けとさせてくれる事請け合いです。

語り尽くせない感情に彩りを添える音楽

本作の完成度を更に高め「気が付けば物語に入り込み、見終わっている」と感じさせる要素が音楽と言えます。 世界観に破綻無く組み込まれ、空の拡がりを感じさせ、暑い空気の中を駆け抜ける速さを感じさせるといった具合にドラマへ「感じ入らせる」作りとなっています。 また、奥華子氏提供によるテーマ曲「ガーネット」および挿入曲「変わらないもの」の両曲は、本作のイメージを情感一杯に、詩として歌い上げたと言える名曲。 幼さの残る感性が、過去を顧みて大切な誰かとの思いを伝え、一歩を踏み出して行こうと顔を上げた青年へと変わるその一瞬を伸びやかに紡ぐ歌唱は、本作を忘れがたい名作として完成させたマスターピースであると言えるでしょう。 時をかける少女(2006)の見どころをまとめました。

時をかける少女(2006) 感想・レビュー

“00年代の青春”を緻密に完成させた作品

本作は、過去の名作である原題を細田守監督の提案によって「現代風」へとアレンジして作られた経緯があり、描かれている世界観は明言こそ無いものの、90年代後半から00年代にかけての青春模様と言える風情が描かれています。 主人公となるマコトを中心とした3人組は、男女でありながら当初その事をまるで感じさせない仲良し三人組であり、主題となる事件を通じて変化していく関係性に戸惑いながらも、その先へ「穏やかに一歩を進めていく」というじれったくも過去の「男女」という姿とは少し異なる関係性を見出していく姿が描かれています。 ダイナミックに展開する物語とは一線を画するような「穏やかさ」は、一つの理想像(或いはステレオタイプ)として鮮烈な印象を見る側へ刻むものであると言えます。

「疾駆する」アニメーションのダイナミズム

走る、疾走する、疾駆する、駆け抜ける、跳ぶ…本作を象徴する「演技」と言えば、やはり「年頃の女の子らしさをかなぐり捨てながら」見せる、マコトの運動部でもないが故のがむしゃらでパワフルな力走や、作品の代名詞的アクションとしてポスター絵ともなった(作中では少し表現が異なりますが)若さ溢れるジャンプ姿でしょう。 実写とは異なるアニメーションという「描き出す世界」であるからこそ、リアリティと虚構が同居しながら視覚を越えて「感じ」させる風を切る感覚や力の躍動は、迫真を越えたイメージを見る側へ叩き付けてくるものがあります。 この「走る」という根源的な「演技」において一つの頂点を形作ったと言える本作、その「人間的な疾走感」を是非感じて頂きたいと思う次第です。

原題へのトリビュート或いはオマージュ

本作が原典としているのは、原題小説及び大林宣彦監督による映画化版である事が紹介されています。 映像化作品として圧倒的な知名度と人気を誇る同作は、大林監督による「尾道三部作」としても知られるものですが、本作が舞台とする街並みが「坂の街」としての東京下町を印象的に描いている点について、その影響を窺えるものと言えるかもしれません。 他にも「20年前の事件(=原題での出来事)を知る人物」が登場し、事態の解説を通じて自身の思いを仄めかすような言葉を告げたり、或いは原題での展開を知る人がニヤリとするような情景を描いて見せたりと、その関係性を見出す楽しみを上手く組込み、原題を未見の人にもその存在を伝えながら本作を独立した作品として完結させているというバランス感覚で構成されています。 時をかける少女(2006)の感想・レビューをまとめました。

時をかける少女(2006) SNSでの評判は?

Twitterから「時をかける少女(2006)」の評判をまとめました。

【まとめ】時をかける少女(2006)の動画を無料で見るなら

単館上映に類する極小規模の配給からスタートし、口コミによって伝播する人気が記録的ロングランと興行成績を打ち立て、新たなる伝説を作り出した本作。 それは過去の名作がアニメーション表現によって新たな姿を得る事で、過去から磨き続けられた表現の最先端として洗練された姿を見せ付けた、過去と現在の結節点に現われた一つの完成形であったと言えるかもしれません。 そのあまりに高い完成度がもたらした衝撃は凄まじく、公開から10年が過ぎてもその影響が忘れ去られるどころか、燦然と輝くものとして見た人の記憶に残り続けているものとなっています。 21世紀初頭の日本映画シーンに刻まれたこの作品を越えて、どれだけの作品が生み出されていくのか…そんな思いを馳せてしまう存在感を持った作品です。
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました