父親たちの星条旗 フル動画無料視聴方法

父親たちの星条旗
2006年製作/132分/アメリカ 予告動画を検索
太平洋戦争末期、硫黄島に上陸した米軍は日本軍に苦戦しつつも、圧倒的な戦力で山の頂上に星条旗を立てた。その写真は米国の勝利を映し出し、旗を立てた3人は、帰国後に英雄となるが…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「父親たちの星条旗」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「父親たちの星条旗」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「父親たちの星条旗」を楽しんでください。

父親たちの星条旗の動画配信情報

父親たちの星条旗の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)定額見放題---880円~Netflix
dTVレンタル31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

父親たちの星条旗を配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。
(33歳・男性)
動画だけじゃない総合エンタメ配信サービス
U-NEXTは他の動画配信サービスと異なり、動画だけでなく雑誌やマンガ、小説(ラノベ含む)まで読むことができるのが最大の特徴です。映画と原作マンガを同時に読むことだってできちゃいます。
(22歳・女性)
アニメ・映画の種類が豊富
他サイトに比べて種類が豊富で、さらにアニメや映画のみではなくバラエティやライブ映像、漫画なども読めるためこれ一つで大満足です。ただその分月額利用料が少し高いのがデメリット。
(29歳・女性)
漫画も本も海外ドラマも面白い
色々な動画配信サービスを無料でお試ししたなかで、一番良かったです。例えば、アウトランダーという海外ドラマはU-NEXTでしか観られず、差別化されている上に、とても面白くてドはまりしました。
(34歳・女性)
最新漫画にもつよい!
動画も勿論すごいのですが、漫画が割と最近のものにも強いと思いました。少年少女大人から子供のコミックまで全ジャンル網羅されていると思いました。少し値段が高いかな?と思うこともありますが満足出来ています。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(29歳・男性)
コスパの良い動画配信サービス
アマゾンプライムビデオは月500円程で配信されている動画なら全て見放題の非常にコスパの良いサービスです。ただ、映画・アニメに特化した配信サービスではない為、ややボリュームが控えめの傾向があります。
(47歳・男性)
万人受けする作品が多い
映画もドラマも人気作品が一通りそろっている印象です。小学生以下の子供からお年寄りを含む大人まで、幅広い年齢の人が楽しめる有名どころの国内・海外作品が、新作・旧作とも、ある程度豊富に用意されています。
(39歳・女性)
コスパのいい動画配信サービス
私の観たい邦画が多くあったので、コスパのいいサービスだと思います。プライム会員は追加料金なしでこの動画配信サービスが利用でき、Amazonの当日お急ぎ便や日時指定便なども利用できるのが嬉しいです。
(54歳・女性)
月額500円でたくさん見られてお得
映画が好きで、BS放送やレンタル店で借りたり、宅配レンタルを利用したりしていました。AmazonPrimeVideoは返却の手間もなく、番組表のチェックの必要もなく、買い物の送料も無料でお得だと思います。
(58歳・女性)
海外のドラマがたくさん見られるので良いと思います。
月額500円で海外ドラマや映画が見放題です。ほかの動画配信より安くて、たくさんの作品があるので良いとおもいます。英語の勉強にもなるし、ジョークなども面白いのでお勧めできます。
(27歳・女性)
動画以外の機能も使うならこれ
他の配信サービスより安く、動画以外の特典も豊富なので、Amazonの他のサービスもよく使う人に良いです。動画のラインナップが少なめなので、暇なので何か流したい、くらいの気持ちで利用すると楽しめます。

Netflix

Netflix(ネットフリックス)
無料期間-
入会特典-
配信数-
月額料金880円~
ダウンロード
同時再生可能端末数4
Netflix 利用者の口コミ
(28歳・女性)
海外ドラマやオリジナル作品が見放題
ネットフリックスオリジナルの作品が結構たくさんあり、特にドラマやドキュメンタリーは面白いものが多いので気に入っています。アカウントを家族と共有できるので実質節約にもなっています。
(31歳・女性)
テレビでは観れない作品が観れる強み
私はNetflixを観ていますがテレビでは観れない作品が観れるのが楽しいです。Netflixは外出先でも観れます。暇な時間に好きな作品を観れるのは強みだと思います。
(38歳・男性)
オリジナルコンテンツが豊富
オリジナルコンテンツがかなり豊富にありますし、どれもとてもクオリティの高い作品ばかりなので非常に楽しめます。また、タイトルやオープニングを飛ばせるスキップ機能もあり使いやすいです。
(22歳・女性)
色々な作品が見られる
日本のものだけでなくて海外の作品もたくさん見られるのですごく楽しいです。ネットフリックスオリジナルのドラマや映画があるのが他のものと違っていいところだと思います。
(61歳・女性)
新しい韓国ドラマが配信される
韓国ドラマを見始めて15~16年になります。昨年、話題の「愛の不時着」が見たくて加入しました。ひと月の視聴料金がそれまで加入していた所より安く、オリジナルドラマの配信があり大変満足しています。
(45歳・女性)
ドラマや映画好きにはおススメの動画配信サービス
私は昔から韓国ドラマや海外ドラマを見ていました。動画配信サービスの利用を始めてから定額料金で韓国ドラマや海外ドラマをたくさん見ることが出来るので節約にもなるし助かっています。

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(33歳・女性)
思ってたよりも作品が少ない
見たい動画の検索や視聴中など、操作は簡単で便利です。ただし、無料視聴出来る動画の種類は少ないです。少しマイナーな物が多いかなと感じます。メジャーなやつは有料レンタルで見る事は出来ます。
(58歳・男性)
古いドラマが多いのが多いのでイマイチ
"ドコモの携帯を買うときにつけられたので、見ましたが、あまりいいドラマや映画はなかったです。もう少し頑張ってほしいと思います。dアニメがヒットしてるのは、内容が良いのが理由です。"
(33歳・女性)
かゆいところに手が届く動画配信サービス
"別の配信サービスにも登録しているのですが、そちらでは見ることができない映画などが多く、かゆいところに手が届く動画配信サービスだなと感じました。オリジナルのバラエティやドラマなどもありそれも面白いです"
(36歳・女性)
月額550円で国内外の映画、ドラマ、アニメなどが見放題のサービスです。
義母が韓国ドラマにハマっていて、ドロドロ系からラブコメ系まで色々あり楽しんでいます。アニメはアンパンマンやおさるのジョージなど、子供が好きなものが色々あり家事の合間に見てくれるので助かってます。
(37歳・男性)
Amazonプライムビデオの次はこれ
月額550円とAmazonプライムビデオに迫る安さで、Amazonプライムビデオで見るものが無くなった方にお勧め。また、意外と古いアニメに強く、他では見れないものが見れることも。
(38歳・男性)
コストパフォーマンスは最高
月額料金550円という安さでコストパフォーマンスは最高だと思いますし、スマホアプリがとても使いやすいので大変助かります。また、ジャンルもかなり豊富にあるのでとても楽しめます。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

父親たちの星条旗 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「父親たちの星条旗」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

父親たちの星条旗 予告動画

父親たちの星条旗(字幕版)

父親たちの星条旗 作品情報

報道写真に関する表彰として高い知名度を誇るピューリッツァー賞。 誰もが一度は目にした事があると言っても良い「作品」達の中でも、この賞を代表する一点と言える「硫黄島の星条旗」と題された写真があります。 1945年、太平洋戦争最大の激戦とも言われる戦闘の中で、アメリカ国旗の掲揚という「劇的」な一瞬を写し取った一枚は、その後何十年にも渡って「太平洋戦争」という出来事を彩る記念碑とされて来ました。 しかしその一枚がもたらした数々の「現実」は、勝利の栄光も勇者の華々しさも無い、ただあるがままの現実でしかなかったのです。 飾り立てられた勝者の歴史を、勝者とされた当事者達が語る「戦争とは何か」の問いかけを新たにする一作です。

作品データ

上映時間132分
製作年2006年
製作国アメリカ
原題Flags of Our Fathers
配給ワーナー・ブラザース映画
公式サイト-

父親たちの星条旗 キャスト・スタッフ

父親たちの星条旗 あらすじ

1945年3月、太平洋戦争末期において最大の激戦とも称される硫黄島の戦い。 その一幕をあまりにも「劇的に」切り取った一枚の写真である「硫黄島の星条旗」…塗炭の苦しみを乗り越えながら、男達が星条旗を敵地へと突き立てて見せる姿を浮かび上がらせたその一枚は、神聖な偶像を思わせる存在感によって世界へ知られる事となった。 そして数十年の時が流れ…かつて「写真の中の英雄」として名を馳せながら、一切の沈黙を守り通した一人の男が息を引き取ろうとしていた。 現代の華々しき英雄譚に語られる一人でありながら、父は何故頑なに沈黙を守り通さなければならなかったのか。 疑念を胸に、彼の息子は過去を紐解く旅へと向かう。 その先で彼は、華々しく語られる勝利の影で、英雄とされた人物達が如何にして生き、如何にして死んだ「人間」であったのかという「思い出」に直面する。

父親たちの星条旗 評価

各映画レビューサイトから「父親たちの星条旗 」の評価を集めました。
父親たちの星条旗
総合評価★ 3.5

父親たちの星条旗 見どころ

勝利の影でうごめくものを描いた価値

本作は太平洋戦争における「硫黄島の戦い」を軸とした日米両陣営の視点を描く連作であり、日本側の視点を描いた「硫黄島からの手紙」と対になるアメリカ側での出来事を描いた作品です。 しかしこの映画が描くのは、戦争を賛美するものでも無ければ、戦争をただ陰惨な別世界の出来事として描くものでもない、誰もが良き隣人であろうとして力を尽くした結果、ひどくいびつで不寛容な「狂喜」へとなだれ込み、当事者をも踏み潰していくあまりに生臭い「戦勝国」の姿です。 「戦勝国」という現実に生きる当事者の観点から語る重さは察するに余りあるものであり、而してそれを肯定も否定も開き直りもせず、歴史として向かい合おうとする価値にこそ、作品としての見所を為すものであると言えるでしょう。

「炎上」する好奇の眼差し

本作においてクローズアップされるのは、たった一枚の報道写真がマスメディアという装置によって多くの人の「手前勝手な」耳目に乗せられ、写された当事者達の意図など無関係に「こうであって欲しい姿」としての「ヒーロー」を作り上げていく熱狂の様です。 恐ろしい事に、この一枚の写真を巡る顛末は2月23日に「硫黄島の星条旗」が撮影された後、撮影された3名はその直後激戦の中で命を落としたという事実を捨て置くように、わずか一月余りで荒れ地を這いずっていた兵士が「アメリカ全土で」知らぬ人の居ない人間として扱われたという「事実として」記録が残されています。 それは、良し悪しではなく「激変した」という一点だけで理性を失う事に何の不思議も無いと思えるものであり、その「恐怖」を淡々と、しかし明確に描き出しているものとなっています。

対比される「この世の地獄」

本作は近現代の戦場において「地形が変わる」程の激戦である硫黄島の戦いを軸として描いており、戦場とアメリカ本国の対比を通じてその残酷性を浮かび上がらせています。 それ故、戦場の苛烈さ…銃弾が頭をかすめ、砲弾爆弾が降り注いでは地面が沸き立つという暴力の渦中を描き出すべく、ロケ地の選定からこだわり抜いた激しい戦場が描かれています。 その一方で、本作において戦場の描写は本国における「苛烈な」好奇の目線と身勝手な期待を押し付ける、一兵卒であった彼らが「守るべき」とした相手に責め苦を受けるという比較対象としての位置づけを越える事の無いバランスを保っています。 二作一対という制作構想であるからこそ描き得たものであると言える部分ですが、戦場はあくまで対比される側である帰還後の姿を描く戦争映画として難しいバランスを見事に描ききっている作品として見るべき点だと言えるでしょう。

父親たちの星条旗 感想・レビュー

勝者が語る「勝利の影」

戦争映画と言えば、その多くが戦争における悲劇的な部分を装飾し、或いは戦争の中においても逞しく生きる人々を讃美し、時に戦争そのものへ勇ましく駆り立てるものとして、いずれにおいてもその「美」を描こうとしてきたものであったと言えるでしょう。 その言説において本作は間違い無く「醜悪」であり、戦争によって人々の「良識」や「善性」こそが戦火の加速を望む要因たり得てしまうという事実を突き付けているものと言えます。 自分の生と相手の死がその場において直接交錯する戦争という環境にあって、生きる事を選ぶ善は相手の死を願う悪として不可分となり、それを忘れる狂気を一つの歴史的事実として冷淡に描く、戦争という題材をもってこれ程までに人へ寄り添おうとした作品はやはり希有ではないかと思う次第です。

「人の浅ましさ」を浮き彫りにする

本作が一つ驚くべき事実を提示して見せているのが、作中で語られる歴史的動向が「如何に短い期間で起こったか」という点です。 硫黄島の戦いが1945年2月19日から3月26日、期間にしておよそ1ヶ月程度に渡って行われた戦闘であると記録される一方で、戦闘の終結から1ヶ月にも満たない同年4月20日には国債ツアーの宣伝塔として、生き残った3名がホワイトハウスに召集されたと記録されています。 その激変がもたらす凄まじさは、想像するに余りあると言う他無いものでしょう。 アメリカの為…死んでいった仲間に報いる為…そうした美辞麗句を発する側が如何にそれを心から告げ、それが理屈の上で正しくあろうとも、それが当事者達へ深く伝わる事が決してない事を理解出来ない「浅ましさ」…良かれと思えばこそ陥る醜悪は、本作が問い掛け続けるテーマとして刻まれるものでしょう。

あわれみではなく、蔑みでもなく

本作において語られる3名の「英雄」…その姿はあまりにも「普通」の人間として描かれます。 仲間となった隣人を思い、敵となった人間を憎む事で理不尽に生き死にを賭けた戦場へと自らを推し進め、自分が生き、他者が死んだ事実を受け容れる為の「よすが」として、その理不尽で無意味な事実にわずかでも意味があれと願わずに居られない人間の姿として描かれるのです。 そこにはアメリカ各地で知られた、旗を打ち立てんとする「英雄」の勇ましい姿は無く、而して戦争で傷ついた哀れな傷痍兵という描き方も無く、誰もが望んで得られない「英雄」としての立ち位置を持て余す姿を蔑む事も無い、ただ彼らが生き、嘆く姿を見る側がどう受け取るかを問い掛けるように、静かに映し続ける作品となっています。 過去の歴史も、他人も、他者が断じる事は如何にも容易いという事を訴えながら、それでも目を背けて良い事実ではない事を見せ付ける作品と言えるのでしょう。

父親たちの星条旗 SNSでの評判は?

Twitterから「父親たちの星条旗」の評判をまとめました。

【まとめ】父親たちの星条旗の動画を無料で見るなら

本作は実際に「英雄」とされ、最後まで生き残った兵士の遺族がノンフィクション作品として著した作品を、やはりアメリカ人であるクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。 「アメリカ人がアメリカにとっての輝かしき記念碑に疑問を呈す」という形で、勝者の側から戦争という行為そのものへ疑義を投げ掛けた作品です。 その一事をして「戦争を考える」という題材において見るべき一作として外す事の出来ないものであると言えるでしょう。 無論、作品としても慎重を重ねた作りとなっており、安直な同情や勝者としての驕りを蔑むという事をも許さない、一人一人の人間が直面したであろう凄惨な情景をなるべく誇張する事のない姿で捉える事に終始して作り上げられています。 対となる作品「硫黄島からの手紙」と合わせて、制作の背景も踏まえた一見をお勧めするものです。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました