エール! フル動画無料視聴方法

エール!
2014年製作/105分/フランス 予告動画を検索
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、両親も弟も耳が聴こえないが、明るい家庭を築いていた。そんななか、ポーラは音楽教師に歌の才能を見出され、パリ行きを勧められて胸を躍らせるが、彼女なしでは生活できない家族に反対され…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「エール!」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「エール!」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「エール!」を楽しんでください。

今日登録すると6月16日まで無料

エール!の動画配信情報

エール!の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS未配信30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

エール!を配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(23歳・女性)
ジャンル豊富で見放題はお得
私は色々な動画配信をお試しで利用してきましたが、一番良いと思ったのはU-NEXTです。アニメや音楽、ドラマに映画が豊富でだいたい見たいものが入っているし、およそ3000円で見放題はお得だと思いました。
(31歳・女性)
実はお得なU-NEXT!!!
月額料金はNetflixなどと比べて高めですが、毎月ポイントがもらえるので新作映画も実質無料で見られます!また家族で別々のアカウントを作れるのでご家族でシェアしてみてはいかがでしょうか。
(33歳・男性)
動画だけじゃない総合エンタメ配信サービス
U-NEXTは他の動画配信サービスと異なり、動画だけでなく雑誌やマンガ、小説(ラノベ含む)まで読むことができるのが最大の特徴です。映画と原作マンガを同時に読むことだってできちゃいます。
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。
(28歳・男性)
業界トップクラスの作品数
U-NEXTは動画配信サービスの中でもトップクラスの作品数を誇ります。しかも初めての方は31日間無料トライアルもあるので1ヶ月間は無料でこのサービスを受けられるんですよ。
(38歳・男性)
とにかく新作が早いです
とにかく新作映画の配信が早いですし、早いものでは公開終了から1ヶ月後には配信されるので新作がこれだけ早く観れるのは大変ありがたいです。また、動画だけでなく雑誌などもありコンテンツの豊富さは魅力的です。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(30歳・女性)
どこでも誰とでも見れる
スマホはもちろん接続端末があればテレビでも見れます。長編映画から短編ドラマ・バラエティまで種類が豊富で低価格でとてもコスパが良いと思います。普段見ない韓国ドラマも挑戦しましたが、とても面白かったです!
(38歳・男性)
運が良ければ話題作が見れる
アマプラは月額500円程度でお手軽なサービスです。他の有料動画配信サービスに比べると、話題作や新作の品揃えが劣るとは思いますが、鬼滅の刃も見れるし、運とタイミング次第で楽しめる。
(33歳・女性)
低価格で動画を楽しめるサービス
"他の動画配信サービスよりも充実した内容だと思います。独自の動画も充実している点が良いなと思っています。特にバチェラーシリーズがお気に入りです。利用料もそれほど高くないので良いです。"
(58歳・女性)
海外のドラマがたくさん見られるので良いと思います。
月額500円で海外ドラマや映画が見放題です。ほかの動画配信より安くて、たくさんの作品があるので良いとおもいます。英語の勉強にもなるし、ジョークなども面白いのでお勧めできます。
(36歳・女性)
お得感があるサービス
アマゾンプライム会員なら見れて、お得感があるサービスだと思います。オリジナルもあるし、アマゾンを使う人ならちょっと毎月払うだけで動画も見れ、配送も優遇されたりして、お得です。
(27歳・女性)
動画以外の機能も使うならこれ
他の配信サービスより安く、動画以外の特典も豊富なので、Amazonの他のサービスもよく使う人に良いです。動画のラインナップが少なめなので、暇なので何か流したい、くらいの気持ちで利用すると楽しめます。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

エール! 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「エール!」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

エール! 予告動画

映画『エール!』予告編

エール! 作品情報

フランスで映画は芸術作品として扱われている。こんなことを聞かされると、難しい哲学的な映画を想像してしまいがちだ。でもフランス映画とひとことでいってもジャンルはさまざまだ。「アメリ」のようなキュートでポップな映画もあれば、「レオン」のようなハードボイルドものもある。また「最強のふたり」のような男同士の友情を描いたヒューマンドラマを描くフランス映画もある。そして列挙した映画には移民国家フランスらしく、さまざまなルーツを持った人物たちが登場する。つまり、立場や価値観に多様性が見て取れる。これがフランス映画の面白いところだ。最近鑑賞したフランス映画の中で、おすすめしたいのが「エール!」だ。フランスの田舎町に住む家族の出来事をコミカルにかつ優しさたっぷりに描いた作品だ。

作品データ

上映時間105分
製作年2014年
製作国フランス
原題La famille Belier
配給クロックワークス
アルバトロス・フィルム
公式サイト-

エール! キャスト・スタッフ

エール! あらすじ

フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は4人家族だ。父ロドルフ(フランソワ・ダミアン)と母ジジ(カリン・ヴィアール)、長女のポーラ(ルアンヌ・エメラ)と弟。よく笑う母と豪快な父、生意気な弟としっかり者の姉。どこにでもいる楽しい家族なのだが、この家族でポーラ以外の3人は聾唖者なのだ。ポーラは両親の病院に行き医師と両親の手話通訳をしたり、育てている家畜の飼料を手配したりしている。家族の中で唯一の健常者であるポーラの果たす役割は大きい。家族はこのままポーラが自分たちを支え続けてくれるものだと思っている。またポーラ自身も両親や弟のもとから離れることなど考えてもいなかった。 しかし、学校のコーラス部のオーディションに合格したポーラは歌の才能を開花させる。講師のトマソン(エリック・エルモスニーノ)はパリの音楽学校への入学をポーラに勧める。パリの音楽学校への入学はポーラにとってももちろん希望することなのだが、家族に言えずに一人悩む日々が続いた。父の村長選挙の手伝いと歌のレッスンというダブルワークは結局どっちつかずとなり、家族との口論に発展してしまう。そこでパリ行きの希望を打ち明けることになったポーラだったが、果たしてその思いは家族に伝わるのか。

エール! 評価

各映画レビューサイトから「エール! 」の評価を集めました。
エール!
総合評価★ 3.8

エール! 見どころ

ポーラの歌!歌!歌!美しい声だ。こうやって数年に一度映画から歌姫が誕生することはとても嬉しいことだ。この素晴らしい歌が作品の中で3段活用されている。まず、パリでのオーディションを受けないと決めたポーラが出ないと決めていた学内の発表会に友人の働きで出ることになり、そこで初めて両親に歌っている姿を見せるところだ。これが1段階目だ。次が2段階目。父がポーラに歌ってくれと頼むシーンだ。そして3段階目がパリのオーディションで歌うシーンだ。この3段階の中で、ポーラの家族の心は変化していく。音楽が主軸になっている映画だからこその素晴らしい描写だ。喜びと諦めと希望が美しい歌声によって映像とともに観る者の心を打つ。3段階目に披露される「青春の翼」は何度聞いても涙が止まらない。 日本人がこの映画を観たときに、ものすごい違和感を感じる点がある。この違和感こそがこの映画のもう一つの見どころと言える。その違和感とは、フランス人特有の身勝手ともとれてしまう自己主張だ。この映画の舞台が日本で日本人家族の物語だとしたら、まず健常者である娘を家族に縛り付けていることへの後ろめたさが映画の核になるに違いない。しかし、その後ろめたさは全くないのだ。娘の歌を聞くこともできないと母親が泣くシーンはあるが、それもあくまでも自己主張であり、娘への後ろめたさからではないようにみえる。幸せは引き算ではなく足し算。引き算は美徳ではなく逃げ道としてしか捉えられていないという、その価値観こそがこの映画の面白さであり、外国の映画を観る醍醐味と言える。 また、家族が聾唖であるということが、映画の1要素として描かれてはいるが、悲劇として描かれていない。それは、映画の冒頭に両親の性病の話をポーラが通訳するシーンやポーラのボーイフレンドの変声期に関しての描写と同じように物語の一部になっている。このことは、生活のし辛さにはなりえても、人間としての生きにくさにはならない事を暗示している。身体的な特徴は個性であって、マイナスの事柄ではないのだ。多様性が認められるフランスならではの考え方なのではないか。

エール! 感想・レビュー

潔い身勝手さと清々しいほどの個人主義的な感覚は、慎ましく控えめにという教育を学校でも家庭でもされてきた日本人には新鮮だ。個人主義が悪いことではなく当然のこととして存在するフランスの精神がとにかく素晴らしい。自己主張は自分も家族も幸せにするために必要なことで、それこそが後々歪みのない関係を築く基礎になることを教えてくれる。目からウロコの価値観ではあるが、我慢することや奥ゆかしさの必要悪とされる歪みはそこには存在していない。主張と主張がぶつかり合い、とことん主張し合った後には我慢の末の受容ではなく、納得の上の受容がある。それが寛容するという結果に辿り着くことができる。 けっして思いやりに欠ける訳ではない。思いやりは我慢の結果ではないというだけの事。 この映画の面白さは、フランス的な価値観だけではない。コメディであることを忘れてはいけない。露骨な下ネタや登場人物の滑稽な行動は映画全般に笑いを絶やさない。懸命に自分の欲と向き合うその人間らしさは、妙な親近感と安心感を与えてくれる。皮肉好きのフランス人の笑いにはじめこそ慣れないが、映画も中盤になってきた頃にはフランス流の笑いに毒されていることに気が付く。そこに大きな役割を果たしていたのが、ポーラの両親、ロドルフとジジだ。ロドルフに関しては、この映画の影の主役と評する人もいるくらいだ。現村長の企みに反発を覚え、後先考えずに村長選挙に出馬したり、娘の夢を深慮せずに反対する熱感は失笑に値するほどだ。またジジの美しい笑顔は夫であるロドルフだけでなく子どもたちをも魅了しているのがわかる。もちろん観客である私達も魅了されるのは言うまでもない。この笑顔の屈託のなさは、コメディとしての映画の要素に華を添えている。夫婦の愛情の深さがこの映画がコメディになっている軸なのだが、ジジの笑顔は夫婦愛の深さを物語っているように思う。 コメディ要素が満載なのに、なぜこんなにも泣けるのかというほど泣いてしまった。しかも何度見ても、同じところで同じ歌を聞いて、涙が出てくる。歌の力と言ってしまえばそれまでだが、もちろんそれだけではない。映画冒頭から重ね続けれた登場人物たちの主義主張が誰の犠牲もなく1つになった瞬間がその場面だったからだ。ポーラ、家族、恩師、友人の思いを完全に一致させた歌声は、忘れられない。歌いはじめの不安なポーラが歌で伝え始め、不安が自信に変化していくその様子は、グラデーションのように繊細で美しい。そして甘美だった。甘美な歌声に聞き入る聾唖の家族たちの表情は愛の心に満ちているようだ。博愛が何かの犠牲の上に成り立っていては無意味であるという真の愛が表現されたシーンは涙なしで観ることは不可能だ。

エール! SNSでの評判は?

Twitterから「エール!」の評判をまとめました。

【まとめ】エール!の動画を無料で見るなら

フランスでも大ヒットをおさめた作品で、主演のルアンヌはこの映画で世界にその名を知らしめた。しかし、この映画はあくまで自分の価値観で観てもらいたい。フランス人はフランス人としての価値観で、日本人は日本人としての価値観で。そうでなければ、海外の映画作品を観る意味が半減してしまう。そして世界に、地球に生きる者として、この映画の余韻に浸ってほしい。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
今日登録すると6月16日まで無料
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました