遊星からの物体X フル動画無料視聴方法

遊星からの物体X
1982年製作/109分/アメリカ 予告動画を検索
1982年の南極。アメリカ南極観測隊基地に1匹のイヌが逃げ込んできたきた。そのイヌをノルウェー基地の隊員が執拗に追いかけてきた。状況を把握するためマクレディやコッパー医師がノルウェー基地に訪れると、そこには無残な死体があちこちに転がっていた。
出典: U-NEXT

遊星からの物体Xの動画配信情報

遊星からの物体Xの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)---880円~Netflix
dTV31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

遊星からの物体Xを配信中の動画配信サービスの詳細

遊星からの物体X 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「遊星からの物体X」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

遊星からの物体X 予告動画

『遊星からの物体X』オリジナル予告編

遊星からの物体X 作品情報

『遊星からの物体X』は1982年に公開されたSFホラー映画です。監督は鬼才ジョン・カーペンター。原作はジョン・W・キャンベルのSF短編小説「影が行く」で、1951年に「遊星よりの物体X」として映画化された作品のリメイク版になります。SFX担当はロブ・ボッティンという方で、彼はこの作品で特殊メイクの第一人者として名声を得るようになりました。主演は「ニューヨーク1997」でジョン・カーペンターと組んだこともあるカート・ラッセル。原題は “The Thing” ですが、日本語名よりこちらの方が題名としては好きですね。

作品データ

上映時間
製作年
製作国
原題
配給
公式サイト

遊星からの物体X キャスト・スタッフ

遊星からの物体X あらすじ

冬の南極大陸で、ノルウェイ観測隊のヘリが雪原を駆ける一匹の犬を追っていました。アメリカ観測隊の基地に近づいた犬を、ノルウェイ観測隊の面々は銃や手榴弾で殺そうと試みますが、手違いでヘリは爆発してしまいます。一人生き残ったノルウェイ観測隊の隊員は、アメリカ観測隊の隊員に接触した犬を銃で撃とうとしますが、その弾が隊員に当たってしまいます。それを見た隊長のギャリーは、ノルウェイ観測隊の隊員を射殺してしまいます。ノルウェイ観測隊の身に何が起こったのか、観測基地へ調査に向かった隊員たちは、そこで異様な光景を目にします。焼け落ちた建物に、自ら喉を切り裂いた隊員の死骸、何かを取り出した跡の残った巨大な氷の塊、そして、異様に変形した何らかの焼死体。一行は、残されていた記録フィルムと焼死体をアメリカ観測基地に持ち帰ります。ノルウェイ観測隊から逃げていた犬は、夜になり犬小屋に入れられました。やがて、その犬の頭は花が開くように割れ、おぞましい生命体へと変化するのでした。

遊星からの物体X 評価

各映画レビューサイトから「遊星からの物体X 」の評価を集めました。
遊星からの物体X
総合評価★ #DIV/0!

遊星からの物体X 見どころ

圧倒的な特殊メイクの技術

犬の頭が裂けて、別の生き物に変化するシーンや、人間の首が伸びて机から落ち、やがて足が生えて動き回るシーンなど、CGの存在しない時代にこれだけの映像が作られていたことにまず驚きます。今見ても、どうやって作り上げたのか未だに分かりません。特殊メイクを担当したロブ・ボッティンという方は、「ザ・フォッグ」という作品で一度ジョン・カーペンターと組んでいました。その後、「ハウリング」という作品で人間が狼男に変身するシーンの特殊メイクを担当し、脚光を浴びます。ジョン・カーペンターは、この「ハウリング」の映像を見て再度ロブ・ボッティンを抜擢したようです。人間が別の生命体に変化するシーンにはきっと圧倒されることでしょう。

どこに潜んでいるかわからない恐怖

謎の生命体は、隊員たちの中に潜んでいます。そして、見た目には誰の体内に潜んでいるのか分かりません。体内に潜んでいることを自ら気が付いてないことすらあります。そんな緊迫した状況がこの映画の中で表現されていて、見る側にとってはそれが恐怖となります。旧作の「遊星よりの物体X」は、原作からはかけ離れたストーリーになっていて、リメイク版の「遊星からの物体X」の方が原作に近いです。ジョン・カーペンターは、このどこに潜んでいるか分からない恐怖を映画の中で表現したかったのでしょう。人間と同化し、突如おぞましい別の物体へ変化するシーンにはきっと恐怖を感じずにはいられないでしょう。

ジョン・カーペンター全盛期の作品

ジョン・カーペンターは、SF映画やホラー映画を数多く手掛けてきた監督です。有名な作品として「ハロウィン」「ザ・フォッグ」「ニューヨーク1997」「クリスティーン」などがありますが、これらは全て、「遊星からの物体X」が作られた年に近い間に製作された作品です。まさにそんな全盛期の作品であるだけに、ジョン・カーペンターを語る上でなくてはならない作品と言えるでしょう。ちなみに、ジョン・カーペンターは監督としては珍しく音楽も数多く担当しています。意外にも、印象に残るかっこいい曲が多く、特に「ニューヨーク1997」のオープニング曲は名作として評価が高い作品です。残念ながら、「遊星からの物体X」では音楽は手掛けていないようです。 ●不安を残すラスト・シーン この映画の最後はどうなるのか。それは見てのお楽しみですが、何とも不安をあおるラスト・シーンです。果たして、恐るべき生命体は全滅したのでしょうか。それとも、生き残った生命体がやがて人間社会に浸透することになるのでしょうか。この作品、日本では有名なある漫画に影響を与えたと考えられます。それは岩明均原作の「寄生獣」です。この漫画の中では、謎の寄生生物が人間社会に浸透することになるのですが、まさに「遊星からの物体X」で描かれた世界の将来を表しているようで非常に興味深いです。「寄生獣」が好きな人は、一度この映画を見ることをお薦めします。 遊星からの物体Xの見どころをまとめました。

遊星からの物体X 感想・レビュー

進化した特撮技術

とにかく、人間が不気味な生命体に変化するシーンは驚きの連続です。こういうのが苦手な人は、トラウマになるのではないでしょうか。特に圧巻なのが、犬が変化していくシーン。他の犬がその生命体に吠えまくりながらも、変な液体を掛けられて逃げ惑う姿は、本気で嫌がっているように見えます。これがCGなしで作られているとは本当に信じられないですよ。この作品が公開された頃は、特殊メイクがすごく流行った時期でした。「ハウリング」や「狼男アメリカン」の、人間が狼男に変身するシーンは、こういった作品が大好きな人達から大きな支持を集めています。この「遊星からの物体X」は、そんな作品の中でも特に有名なものです。通常のホラー映画にある、驚かせるシーンや恐怖をあおるシーンは少ないと思いますので、ホラー映画が苦手な人でも見ることはできるのではないでしょうか。しかし、グロテスクな映像が苦手な人は要注意です。

グロテスクな生命体の数々

例えば「エイリアン」のデザインは、H・R・ギーガーが担当し、大成功を収めていますが、「遊星からの物体X」も生命体のデザインについては負けていないと思います。いわゆる寄生体として犬や人間などの生物に同化しているという設定なので、完全にオリジナルのデザインではなく、元の生物の一部が変化した形で描かれていて、それがかえってグロテスクな異形の者として目に写ります。特撮技術担当のロブ・ボッティンは、この映画のためにほとんど無休の状態で働き続け、具合を悪くして入院するほどだったそうです。それだけ情熱を注いだからこそ、これだけの作品ができたのでしょう。デザインも、ロブ・ボッティンがほとんど考案したそうです。

周囲の者が信じられなくなる恐怖

誰が生命体に寄生されているかわからない状況で、隊長はあるテストを行います。誰もが他人を疑う中、淡々とテストが行われるそのシーンは見る側もかなり緊迫した気持ちにさせられます。テストの結果、どうなるかは見てのお楽しみです。この、他人が信じられない状況は、映画の最後まで続きます。こういうシチュエーションは、その後に登場した漫画やゲームでも多く見られるようになりました。そういう意味においても、この映画が後の作品に与えた影響は計り知れないと思います。

万人には勧められない作品

誰が見ても楽しい映画というものは数多くあります。ディズニーの作品なんかはその最たるものではないでしょうか。それに比べるとこの作品、マニアにとってはたまらないのですが、人によってはつまらないと感じるかも知れません。今から30年以上も前にこれだけの特撮技術があったということはすごいことですし、恐怖感の演出のしかたも秀逸だとは思いますが、どうしても人を選ぶ作品だという考えは否定できません。それだけに、はまる人にはこの上なく最高の作品になると思います。個人的には、ジョン・カーペンターの作品が好きな方には無条件でお勧めできる作品です。当時流行った特撮技術が好きな人(かなり過激なスプラッタ映画もたくさんありましたが、これはそういったシーンは少ないです)は見て損はないと思いますよ。 遊星からの物体Xの感想・レビューをまとめました。

遊星からの物体X SNSでの評判は?

Twitterから「遊星からの物体X」の評判をまとめました。

【まとめ】遊星からの物体Xの動画を無料で見るなら

ジョン・カーペンターが手掛けたSFホラー映画の傑作です。当時の最先端の特撮技術を駆使して作られた異形なものの数々には、驚くことは間違いないと思います(CGで書いたんじゃないかと思えてしまうようなシーンもありますよ)。80年代に流行した特撮技術の好きな方、ジョン・カーペンターの作品が好きな方には無条件でお勧めできる作品です。ホラーとはいっても、どちらかというと特撮技術をメインにしたところもあると思うので、苦手な方も是非見ていただきたいと思います。
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました