オズの魔法使 フル動画無料視聴方法

オズの魔法使
1939年製作/101分/アメリカ 予告動画を検索
カンザスの農場でエムおばさんとヘンリーおじさん、そして愛犬のトトと共に暮らす少女・ドロシー。ある日農場を巨大な竜巻が襲い、気を失ったドロシーは家もろともオズの国へと運ばれていく。再び彼女が目を覚ますと、東の魔女が家の下敷きになっていて…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「オズの魔法使」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「オズの魔法使」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「オズの魔法使」を楽しんでください。

オズの魔法使の動画配信情報

オズの魔法使の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)定額見放題30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)定額見放題---880円~Netflix
dTVレンタル31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

オズの魔法使を配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(27歳・男性)
過去から最新までの幅広いアニメの宝庫
幅広いジャンルのアニメがあってとても重宝しています。他のサービスでは見たかったアニメがなかったのですが、U-NEXTにはたくさんあって劇場版も豊富なのでとてもおすすめです。
(38歳・男性)
とにかく新作が早いです
とにかく新作映画の配信が早いですし、早いものでは公開終了から1ヶ月後には配信されるので新作がこれだけ早く観れるのは大変ありがたいです。また、動画だけでなく雑誌などもありコンテンツの豊富さは魅力的です。
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!
(40歳・女性)
アカウントを共有できるのが嬉しい
作品数が多いことはもちろん、ひとつのアカウントで4人まで利用できるのも嬉しいシステムです。ただ、海外ドラマ派の人は、作品数とポイントの観点から、他の動画配信サービスと比較検討することをお勧めします。
(34歳・男性)
配信数がダントツで多い
番組数が断トツで多くていいです、洋画、邦画にくわえバラエティーやドキュメンタリーもたくさんあって暇をしません。それからポイントサービスがあり映画館で映画を見ることができていい。
(45歳・女性)
未知の作品に出会える
U-NEXTは、特集コーナーがあるので、自分では絶対に選ばないような動画を見つけることができるので、未知の作品と出会えます。なにか面白い作品はないかなと思っている時には、とっても便利です。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(38歳・男性)
運が良ければ話題作が見れる
アマプラは月額500円程度でお手軽なサービスです。他の有料動画配信サービスに比べると、話題作や新作の品揃えが劣るとは思いますが、鬼滅の刃も見れるし、運とタイミング次第で楽しめる。
(40歳・女性)
無料作品が大量にありコスパ良し。
新作も少し待てば無料で観られますし、どうしてもすぐ観たい作品はレンタル店に比べれば安く観られて返却の手間もありません。海外ドラマが大好きなので、続々無料で追加されるのもとてもありがたいです。
(41歳・男性)
世界最大規模の動画配信サービス
毎月定額で好きな映画や人気の映画作品がスマホやパソコンで好きなだけ見放題です。会員になれば無料で見れるコンテンツもあります。見逃した一部のテレビ番組も見れます。
(47歳・男性)
万人受けする作品が多い
映画もドラマも人気作品が一通りそろっている印象です。小学生以下の子供からお年寄りを含む大人まで、幅広い年齢の人が楽しめる有名どころの国内・海外作品が、新作・旧作とも、ある程度豊富に用意されています。
(54歳・女性)
月額500円でたくさん見られてお得
映画が好きで、BS放送やレンタル店で借りたり、宅配レンタルを利用したりしていました。AmazonPrimeVideoは返却の手間もなく、番組表のチェックの必要もなく、買い物の送料も無料でお得だと思います。
(27歳・女性)
最高にコスパの良い動画配信サービス
AmazonPrime会員になることで利用できる動画配信サービスで他の動画配信サービスに比べても会費が安く、AmazonPrimeVideoオリジナル作品など作品も充実しています。

Netflix

Netflix(ネットフリックス)
無料期間-
入会特典-
配信数-
月額料金880円~
ダウンロード
同時再生可能端末数4
Netflix 利用者の口コミ
(41歳・女性)
オリジナルコンテンツが豊富
オリジナルの動画コンテンツが豊富で、映画並みのクオリティのものが多く見ごたえがあります。日本のコンテンツはあまり多くありませんが、料金体系が選べるようになっていて、手軽に利用できます。
(28歳・男性)
種類豊富でおもしろい
Netflix以外でも見れる作品もちろんあるが種類がとても豊富。Netflixオリジナル作品がなんといってもおもしろいものがたくさんある。毎週の更新が待ち遠しい作品などもあって飽きずに楽しめる。
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
ネットフリックスは昔自分が主に使っていた、動画配信サービスです。ネットフリックスのいいところは月額のコスパもよく洋画のラインナップもそこそこ充実していて、オリジナルの映画もある
(34歳・女性)
地上波じゃ物足りない人向け!!
Netflixオリジナル作品が豊富です。海外ドラマ好きや、アニメ好き特に、Netflixでしか見られない作品も多く、見なきゃ損と断言出来るほどクオリティの高い作品の宝庫です。
(26歳・男性)
料金は高いが作品数はダントツ
料金が他よりも倍近くするため続けやすさは微妙なのですが、アニメな海外映画の作品数が異常に多いので飽きないです。また、新作もどんどん追加されるので値段には見合っています。
(48歳・男性)
動画を観るならNetflix!
配信数が多くて選びたい放題、しかも安い。他にはないNetflixオリジナルのドキュメンタリー番組も豊富にあり、とても面白い。選ぶならやっぱりNetflixがいちばん!

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(42歳・女性)
作品数が多く、見たいコンテンツが必ず見つかる
低料金なのに作品数が多く、かなりコスパのいい動画配信サービスです。作品の入れ替わりペースが早いので、次はなにを見ようかといつもワクワクさせてくれ、飽きがこないのがいいですね。
(58歳・男性)
古いドラマが多いのが多いのでイマイチ
"ドコモの携帯を買うときにつけられたので、見ましたが、あまりいいドラマや映画はなかったです。もう少し頑張ってほしいと思います。dアニメがヒットしてるのは、内容が良いのが理由です。"
(33歳・女性)
思ってたよりも作品が少ない
見たい動画の検索や視聴中など、操作は簡単で便利です。ただし、無料視聴出来る動画の種類は少ないです。少しマイナーな物が多いかなと感じます。メジャーなやつは有料レンタルで見る事は出来ます。
(37歳・男性)
Amazonプライムビデオの次はこれ
月額550円とAmazonプライムビデオに迫る安さで、Amazonプライムビデオで見るものが無くなった方にお勧め。また、意外と古いアニメに強く、他では見れないものが見れることも。
(38歳・女性)
コスパ良く使い勝手が良い
月額550円という驚きの価格でサービスが受けられます。コスパ最高です。作品数もある程度はありますし、新規作品追加も頻繁にあります。またダウンロード機能があるので、とても便利です。
(38歳・男性)
コストパフォーマンスは最高
月額料金550円という安さでコストパフォーマンスは最高だと思いますし、スマホアプリがとても使いやすいので大変助かります。また、ジャンルもかなり豊富にあるのでとても楽しめます。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(38歳・男性)
国内最大級のコンテンツ
取扱いコンテンツの数は国内最大級だと思いますし、動画から書籍まで完結出来るのでとても便利だと思います。また、毎月数枚のクーポンが貰えるのもとてもお得感があります。

オズの魔法使 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「オズの魔法使」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

オズの魔法使 予告動画

4KUHD/BD【予告編】『オズの魔法使』11.20リリース

オズの魔法使 作品情報

1939年、未だ映画においてモノクロが主流であった時代、カラーフィルムによってもたらされた圧倒的色彩によって世界を驚愕させた映画史上に文字通りの「伝説」を打ち立てた作品。 美しい彩りのみならず、暗く不気味に沈んだ色彩をも鮮明に映し出す事で、幻想の世界をまるでそこにあるかのような現実感でもって表現してみせた作品性は、今も尚「色褪せる」事無くその魅力と共に語り継がれています。 また、映像だけでなく、ミュージカル映画として作品を彩る歌曲の数々は、作品に直接触れた事が無い人でも何処かできっと耳にした事があるはず。 映画文化を語る上で決して外す事の出来ない不朽の名作、ぜひご覧下さい。

作品データ

上映時間101分
製作年1939年
製作国アメリカ
原題The Wizard of Oz
配給MGM
公式サイト-

オズの魔法使 キャスト・スタッフ

オズの魔法使 あらすじ

カンザスに住むドロシーは、夢見がちで歌と空想が好きな少女。 快活で思った事をすぐ口に出してしまうお転婆な所もあって、周囲から見とがめられてしまう事もしばしば…愛犬のトトと一緒に、そんな少し鬱屈した日々を過ごしていました。 ある日カンザスの農場がトルネードに襲われ、ドロシーとトトは何処かも分からぬ場所へ吹き飛ばされてしまいます。 ドロシーが目を覚ますとそこは、見た事も無い不思議な建物が建ち並び、奇妙な人々が行き交う魔法の国だったのです。 帰り方も分からず途方に暮れる彼女の前に、心優しい北の魔女が姿を現します。 「黄色のレンガ道を辿ってエメラルドの都を目指し、そこでオズの魔法使いに会いなさい」 贈られた助言とルビーの靴を手掛かりに、ドロシーとトトはエメラルドの都を目指して進み始めます。 果たしてその道行きの先に待ち受けるものは…そしてドロシーは無事にカンザスの家へ帰る事が出来るのでしょうか。

オズの魔法使 評価

各映画レビューサイトから「オズの魔法使 」の評価を集めました。
オズの魔法使
総合評価★ 3.9

オズの魔法使 見どころ

白黒からカラーへ。時代の幕開けを告げる演出

古めかしくノイズの走るタイトルバックに、大時代的なレタリングが施された「オズの魔法使」を意味する文字が躍り、 独特のノイズが乗った音楽が流れて始まる本作。 その展開からも古めかしく牧歌的な雰囲気を持ったカンザスの農場風景を映し出す、古式ゆかしい映画を思わせる冒頭部分ですが、正に「雲行きが怪しく」なる嵐のシーンが明けて一転。 少女の顔はまるで失われていた生気が取り戻されたかのように瑞々しく輝き、少女の目に驚きの色が浮かんだかと思えばそこは極彩色に彩られた不可思議な世界…そう、冒頭のモノクロ映像は見る者にまで鮮烈な「カラーフィルムの世界」を印象付ける「演出」なのです。 分かっていても驚かずに居られない、シンプルながら忘れられない「時代の転換点」…その衝撃は是非、ご自身の目でお確かめ下さい。

古びた所の無い、時代を越えるファンタジー

1900年、児童文学として原作が刊行されてから映画である本作の制作までですら40年近く、21世紀を迎えた時候で考えれば1世紀を数えようかという時を経ながらも、文学、映画いずれにおいても「オズの魔法使」というタイトルは大きな存在感を持って語られます。 端々において制作当時の時代性を感じさせるものはあっても、作品そのものにおいて細部まで作り込まれ、美しく作り込まれた世界観は色褪せる事の無い魅力を放ち続けています。 極彩色で彩られたマンチキン達の住まう街並みや、輝くような黄色に彩られたレンガ道、豊かな田園風景から、恐ろしげな森に魔女の住まう城砦、そしてエメラルドの都まで…「ファンタジー」という語が表現し得る世界観の、一つの理想型がそこに存在すると言って過言ではない魅力に溢れています。

自然に聞き惚れる魅力。ミュージカル映画至高の一作

「20世紀の名曲」というそのものズバリなランキングにおいても1位に輝き、誰もがその曲を何処かで耳にした事がある不朽の名曲「虹の彼方に(over the rainbow)」を筆頭に、物語のメインテーマとも言える「魔法使に会いに行こう(You’re Off To See The Wizard)」や「お家が一番(Home Sweet Home)」など、印象深い音楽で満ち溢れている本作。 ミュージカル映画と言えばセリフを語る部分が歌に置き換えられる事で苦手に感じてしまう人も居るそうですが、本作はその点の導入が「勇気づける為に歌う」や「思わず心情を口ずさんでしまう」という条件付けが分かりやすい点も魅力と言えるかもしれません。 思わず一緒に口ずさんだり、身体を弾ませて歌ってしまう事があるかもしれませんよ?

オズの魔法使 感想・レビュー

何度見ても世界の美しさに感じ入ってしまう

本作の公開時期は1939年…何と太平洋戦争の直前にまで遡る、カラーフィルムがまだ登場したばかりという時代の作品であるにも関わらず、その美しい発色が映し出す世界は驚くほどの美しさに彩られています。 デジタル映像技術等が無い時代にも関わらず、美しく発色する建物や衣装、細部まで作り込まれ、如何にして美しく撮るかを幾重にも検討を重ねて撮影したであろう映像の数々は、芸術的な美しさというに相応しい輝きを誇っています。 その引き込まれる映像の数々は、見る度に新鮮な驚きと美しさへの感動を思い起こさせてくれるものであり、不思議な現実感さえ伴う映像体験は、まるで自分がそんな夢を見ているかのような感覚すら覚える「映像体験」と言うに相応しい完成度を誇っています。

ファンタジー映画が目指すべき原点にして頂点

ファンタジー映画の傑作としても、その大きな存在が語り継がれる作品となっている本作。 白黒の映像が全盛であった時代において、文字通り「世界が色づいて見えるという魔法のような」映像体験を仕掛けるという時代性を踏まえた劇的な演出もさる事ながら、作品の全面において妥協の無い作り込みと、完成された映像が見る側にとってどのように見えるかという点まで考え尽くした映像の作り方は、見る側に映画という作り事を忘れさせる程の存在感を放つに至る完成度を有しています。 おかしな話として、この作品を「映画という作り事だ」という意識を持って粗探しをしようとしても、見終わる頃にはそんな事をすっかり忘れてのめり込んでしまう事も。 魔法の国を心の底から楽しむ事の出来る作品として、今なお魅力的な作品で在り続けていると言えるでしょう。

シンプルだからこそ。心も体も動く名曲の数々

今や20世紀を代表する一曲として知られる「虹の彼方に(over the rainbow)」は、日本でもオルゴールや電話の待ち受け音(!?)等にまで用いられる程の知名度を誇り、本作の代名詞とも言える曲です。 物憂げで切ないメロディに伸びやかな力強さも感じさせるこの曲を、当時16歳だったジュディ・ガーランドがハスキーな中に甘さの残る歌声で歌い上げるシーンを見れば、多くの人が聞き惚れた事実にもきっと納得が行くというもの。 映画冒頭にも関わらず、圧倒的な存在感によって映画へ一気に引き込まれる事でしょう。 印象的なもう1曲として「魔法使に会いに行こう(You’re Off To See The Wizard)」は、未知の世界へ踏み出していく不安で一杯な心境を振り払い、腕を振って足を上げてとにかく前へ!というリズミカルでパワフルな1曲です。 物語中立て続けに何度か同じフレーズを耳にする事になりますが、一緒になって口ずさみ、気付けば身体が跳ねているかも…? 心も動けば身体も動く、心動かす音楽も目一杯楽しめる作品です。

オズの魔法使 SNSでの評判は?

Twitterから「オズの魔法使」の評判をまとめました。

【まとめ】オズの魔法使の動画を無料で見るなら

「時代を越えて愛される不朽の名作」というお決まりの売り文句がこれ程まで文字通りに相応しいのも珍しいと言える本作。 これ以上敢えて語る事も無いという辺りで、映画タイトルに関するちょっとした小ネタを一つ。 児童文学を原作に持ち、一般的には「オズの魔法使い」という「魔法使い」に送り仮名が付けられる形で知られる作品ですが、日本で公開された邦題としては送り仮名がつかない「魔法使」として記録されています。 時代的な表記揺れとも考えられる面白いポイントであり、探す際に何故か見つからないというような時には役立つ事があるかもしれません。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました