コンタクト フル動画無料視聴方法

コンタクト
1997年製作/150分/アメリカ 予告動画を検索
電波天文学者のエリーは、幼い頃から「なぜ我々はここにいるのか、我々は何者なのか」を考え続けてきた。そんな彼女のもとに、ある日宇宙からメッセージが届く。科学者として、女性として、人間として、エリーはそのメッセージに応える決心をする。
出典: U-NEXT

コンタクトの動画配信情報

コンタクトの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)---880円~Netflix
dTV31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

コンタクトを配信中の動画配信サービスの詳細

コンタクト 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「コンタクト」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

コンタクト 作品情報

「コンタクト」は、懐疑主義の観点から科学的啓蒙を促す立場から「核の冬」「宇宙カレンダー」「テラフォーミング」といった用語を今日一般へ浸透させた天文学者であり作家カール・セーガン著作のSFを、ロバート・ゼメキス監督の手によって映画化した作品。 地球外の知的生命体との交信という、夢やロマンと言った熱情によって語られ、或いは現実主義や懐疑と言った言葉によってすげなく否定される題材を、ただ眼前の事象に真摯であれとして、様々にせめぎ合う思惑の中で進む、人としての哲学や宗教観へ切り込んだ作品。 異星の存在という「他者」を通じて人としての在り方を訪う作品であり、こうした観点に思いを巡らせた事があるならば、SFファンに限らず一見して頂きたい作品です。

作品データ

上映時間
製作年
製作国
原題
配給
公式サイト

コンタクト キャスト・スタッフ

コンタクト あらすじ

地球外知的生命体探査(SETI)プロジェクト…宇宙開発競走華やかなりし時代、人類がボイジャーやパイオニアへメッセージを託して太陽系域外へ送ったアクティブな時代は過去へ去り、知的生命体からのメッセージを待つパッシブ(受動的)な研究が続けられていた。 地球外の知的生命体について実存を証明する確たる進展が無いまま時が過ぎる中、芳しい成果を挙げられていないとする意見は覆しがたく、プロジェクトは縮小・中断を迫られてしまう。 研究の進展を諦めきれない研究者エリーは、協力者を募り独自に研究の続行を企図、大口のスポンサーを取り付ける事に成功する。 かくして独自チームによる研究が再開した所に、明確な意思を持った信号が検出される。 人類有史以来の偉業となる接触(コンタクト)を公表したエリーのチームであったが、その公表はあらゆる政治や思想、哲学、宗教といった思惑を巻き込んで錯綜していく…。

コンタクト 評価

各映画レビューサイトから「コンタクト 」の評価を集めました。
コンタクト
総合評価★ #DIV/0!

コンタクト 見どころ

「SFらしくない」SFという描き方

本作は「コンタクト」というタイトルからも分かる通り、SFジャンルにおいて「ファーストコンタクト」ものと呼ばれる作品形態…地球外の知的生命体との対話をテーマとした作品になっています。 作品分類上はSFという扱いになる事から、通り一辺の捉え方で見ると、キャラクターとしての宇宙人はおろか、地球から打ち上げられる有人ロケットすらほとんど登場しない構成に驚かれる向きもあるかもしれません。 しかし、本作がSFとして優れていると言える点は、正にそうした「直接的」な表現を多用せず、現実に有り得る尺度を保ちながらSFとして「これから踏み出される一歩」を慎重に描こうとした部分にあると言えます。 かつて藤子・F・不二雄氏がSFを「すこしふしぎ」と言い慣わしたような領域を味わえる作品でしょう。

「現実問題」を抉り出すアプローチとしてのSF

本作が非常に怜悧な視点…ある意味において冷酷、冷徹とも言える視点で描かれた作品と言えるのが、ロマンチックな題材として扱われる事の多い「ファーストコンタクト」という題材をして、たった一つの奇跡が巻き起こすであろう「現実的」な諍いを「避けて通る事の出来ない問題」として描いている部分です。 原作者であるカール・セーガン氏が掲げていた実証主義的なアプローチから、現実社会に即した問題がこうした奇跡的な接触…社会の根底を揺るがしかねない事態によって起こるであろう問題を、いっそ冷笑的とすら言える程に抉り出すアプローチは、クラシカルなSFが目指す在り方において一つの模範解答と言える視点を表わしたものとなっています。

現実の遠い向こう側にあるドラマとロマンを忘れない

本作がいわゆるSFというジャンルの中にあって、現実的なアプローチを積み重ねる事で構成された「ハードな」作品である事が見所として挙げられますが、しかしてエンターテインメントとしての要素も十分に備わっている点を外す事は出来ません。 「ファーストコンタクト」という奇跡を信じ、熱情に身を任せるのではなく、否定と近視眼的な利益にのみ従うのでもなく、自身を突き動かす「そうせざるを得ない」冷静な向上心によって、一つずつ高みを目指し、その果てにある世界を夢見る…それは現実世界でも日夜何処かで起こっている、地道で目立たない「ドラマ」の一幕と言えるものであり、その部分を華美ではなくていねいに豊かな詩情を以て描き上げた点にこそ、ロバート・ゼメキス監督作品の面目躍如であると感じさせてくれる作品です。 コンタクトの見どころをまとめました。

コンタクト 感想・レビュー

哲学観と宗教観が交錯する物語

本作がSFというジャンル区分に置かれるものであるという事を再三に渡って前提とした上で、このような感想を持ち出す事に違和感を感じられる事があるかもしれません。 しかし、本来的にSFというジャンルにおいて語るべからずとする題材は無い(公序良俗や表現上への配慮は必要です)と言って良く、哲学や宗教に端を発する思想的問題もまた、科学的な見地によって分析・検討される事を通じてSFの題材とされる事は不思議な事ではないと本作は証明していると言えます。 その点をして、エンターテインメント性に物足りなさや知的な戯れに火がついて煙たく感じてしまう向きはあるかもしれませんが、そのやり取りを通じてゆっくりと噛みしめる味わいは確かなものだと言える作品です。

現実とSFが最も「近い」領域

「科学」という観念が、本来的に人間と切っても切り離せない関係(自然科学と言えば古代ギリシャから盛んに研究されていました)である…という前提はさておき、今日一般において「SF」と言えばやはり宇宙にまつわる分野が分かりやすいものと見做されています。 その観点において、本作で描かれる「SETI」という研究プロジェクトは、現実においても盛んに研究が為されている「SFと現実の距離が見て分かる程に近い」分野であると言えるでしょう。 本作は、その分野が成果を挙げる…言わば現実から「ほんの一歩」SFへと踏み出しただけの事から、雪崩のように事態が進展していく事、或いはその中でも「人間として変わらない」事を、思考実験を通じて見事に比較してみせた作品として高い完成度を誇るものだと言えます。

静かなカタルシスに満たされる

本作は、映画という「エンターテインメント」の枠内に置いて、極力現実的なアプローチを良しとする形から、物語として現実の枠内を飛び出す部分は限られた一点…「地球外の大いなる知性から人類がアプローチを受けた」とする部分に限定されていると言えます。 それ故、ドラマの大部分も人間が人間として悩み、煩悶し、乗り越えるべき問題を自分達の手で乗り越えていく事でもって進展していくという、手探りで進んで行く密度の高い物語となっています。 そうした人間としての苦悩を共に見て、感じる果てに、得られるものは「人類が人類として、ほんのわずかな一歩を踏み出す」という、結果だけを見れば余りの小ささに空虚を感じる事かもしれません。 しかし、そこまでの苦悩と、ただ与えられるだけではない一歩を「人類として」踏み出せたというカタルシスを確かに描ききっている点にこそ、本作がエンターテインメントとして作り込まれていると言えるのではないかと感じる次第です。 コンタクトの感想・レビューをまとめました。

コンタクト SNSでの評判は?

Twitterから「コンタクト」の評判をまとめました。

【まとめ】コンタクトの動画を無料で見るなら

本作が公開されたのは1997年。 日本においては宇宙技術への参画が話題とはなるものの、未だ現実感に乏しいものとして一部のファンを強く惹き付けるに留まる時期であったと言えるかもしれません。 そうした感覚を前提に置いた上で、現実的に行われている研究の詳細な部分へ切り込み、かつ欧米の哲学と科学、宗教が共通の問題で相対するという文化的な話題をも辛辣な視線で取り込んだ物語は、難解で取っつきにくい話題と感じられるものであったかもしれません。 現在、日本において「はやぶさ」の名は全国的な話題となり、その挑戦が仔細に至るまで誰もが気にする話題となる程に、宇宙への関心が一般化するに至った状況にあって、本作で描かれる取り組みや、肯定的であれ否定的であれ誰もが「現実の問題」として宇宙へと挑む姿は、単なるSF物語に留まらない文脈として伝わる作品となったのではないかと思うものです。 宇宙の深奥へ挑む「人の物語」として、改めて紐解いて頂きたい一作です。
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました