インポッシブル フル動画無料視聴方法

インポッシブル
2012年製作/114分/スペイン・アメリカ合作 予告動画を検索
2004年、マリアとヘンリー夫妻と3人の息子はタイのリゾート地で休暇を楽しんでした。そんななか、スマトラ沖でマグニチュード9.1の地震が発生。これにより発生した巨大津波はタイにまで押し寄せ、一家を飲みこんでしまう。家族は離れ離れになり…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「インポッシブル」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「インポッシブル」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「インポッシブル」を楽しんでください。

インポッシブルの動画配信情報

インポッシブルの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS未配信30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)未配信30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)未配信初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

インポッシブルを配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(34歳・女性)
最新漫画にもつよい!
動画も勿論すごいのですが、漫画が割と最近のものにも強いと思いました。少年少女大人から子供のコミックまで全ジャンル網羅されていると思いました。少し値段が高いかな?と思うこともありますが満足出来ています。
(30歳・女性)
オールジャンル見られて図書券までついてくる感じ
最速で配信されてるものや独占配信されているものも多い。書籍も充実しているので自分は月初に付与されるポイントで流行りの漫画を読んでます。1.8倍速で見れる機能ついてるのでそれもポイントです。
(45歳・女性)
未知の作品に出会える
U-NEXTは、特集コーナーがあるので、自分では絶対に選ばないような動画を見つけることができるので、未知の作品と出会えます。なにか面白い作品はないかなと思っている時には、とっても便利です。
(34歳・男性)
配信数がダントツで多い
番組数が断トツで多くていいです、洋画、邦画にくわえバラエティーやドキュメンタリーもたくさんあって暇をしません。それからポイントサービスがあり映画館で映画を見ることができていい。
(33歳・男性)
動画だけじゃない総合エンタメ配信サービス
U-NEXTは他の動画配信サービスと異なり、動画だけでなく雑誌やマンガ、小説(ラノベ含む)まで読むことができるのが最大の特徴です。映画と原作マンガを同時に読むことだってできちゃいます。
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。

インポッシブル 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「インポッシブル」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

インポッシブル 予告動画

『インポッシブル』予告編

インポッシブル 作品情報

映画「インポッシブル」は、J・A・バヨナ監督、ナオミ・ワッツ主演のスペイン映画です。2014年12月26日、インドネシア西部にあるスマトラ島で起きたマグニチュード9.1の地震を背景に、津波に巻き込まれたスペイン人一家5人の実話を元にした作品です。平均で高さ10メートルにも及ぶ津波が数回押し寄せてきたと報道されており、多くの人的被害を出してしまいました。現地の人は勿論、観光客も多く訪れており、日本人も37人が死亡、7人が行方不明となってしまいました。日本と違い、被災地の多くが地震や震災があまりない地域だったため、十分な対策がなく、人的被害を拡大させた要因と言われています。

作品データ

上映時間114分
製作年2012年
製作国スペイン
アメリカ
原題The Impossible
配給プレシディオ
公式サイト-

インポッシブル キャスト・スタッフ

インポッシブル あらすじ

クリスマスの休暇をリゾート地で過ごそうと、タイにやってきたヘンリーとマリアと3人の息子たち。ホテルのプールで息子たちと戯れるヘンリーと、それを微笑ましく見守るマリア。しかし、突然木々が揺れ始め、異様な空気が漂います。逃げようと思う頃にはもう遅く、家族は襲ってくる大津波にあっという間に飲み込まれてしまいます。「子供たちを!」と叫ぶマリア。息子を抱きしめるヘンリー。怯える息子たち。彼らの思いは虚しく、津波はホテルどころか街全体を飲み込み、家族はバラバラに。言葉も通じない、知り合いもいない初めての土地で、バラバラになってしまった家族は、お互いを見つけ出し、生き延びることはできるのか。家族の愛と勇気と希望に溢れた壮大な物語です。

インポッシブル 評価

各映画レビューサイトから「インポッシブル 」の評価を集めました。
インポッシブル
総合評価★ 3.9

インポッシブル 見どころ

壮大な自然とリアルな恐怖

 この映画の見所の一つは、なんと言っても津波の迫力とリアリティーさです。私もニュースで拝見したことはありますが、正直、ニュースで見るよりも確実に、あの津波がどれほどの恐ろしさであったかのか、どれほど悲惨なものであったのかを理解しました。必死に水面から顔を上げるマリア。自分の周りには誰も見当たらず、見えるのは水に流される木々や家や車や死体。体には痛々しい傷だらけ。「災害は怖い」と簡単に言えるが、実際この映像を見ると、自然の力には逆らえないと思い知らされます。目を背けたくなるシーンも多くありますが、あえてそれを映し出したのがこの映画の特徴です。

心に訴えかけてくるような演技力

 出演者全員の演技力もこの映画に引き込まれる理由の一つです。特に、母のマリアと長男のルーカスの演技には泣いてしまいます。身体中に傷を負い、服も破れ、免疫力もほとんど落ちてしまっているマリア。しかし、ルーカスには自分しかいないのだと必死に伝え、息子を励ます表情が印象的でした。またルーカスは、子供ながらに母親を守ろうと強くなります。映画の冒頭とラストのルーカスの表情は明らかに別人です。言葉が多いわけではありませんが、その分沈黙や登場人物たちの表情が、全てを物語ります。

タイトルに込められた作品のテーマ

 タイトル「インポッシブル」は、直訳すると「不可能」です。正確な数はわかりませんが、この津波の被害によって家族を失ってしまった人や、家族に二度と会えなかった人の数は少なくないと思います。ヘンリーとマリア一家も、離れた家族と会える確率は、低いのかもしれません。しかし、映画の中盤で見知らぬ女性が次男に、「今夜空に光っている星の中には本当は何年も前に燃えてなくなったものもあるが、その星と今存在している星を見つけることは不可能。でも、その疑問は悪くない疑問だったりする」と言います。離れた家族と再会できる限り諦めない。可能性がある限りそれを信じる、それは悪いことではない。それが『インポッシブル』の本当の真意です。ヘンリーとマリア一家は不可能を可能にできるのか、見所の一つです。

インポッシブル 感想・レビュー

心の強い人間とは

 「自分ならどうするか?」を常に考えさせられる映画でした。災害は死者を選びません。ヘンリーとマリア一家を含め生き残った人々は、ただ運が良かったのだと思います。厳しい言い方のように感じますが、災害は死者を選びません、想像を絶するほどの死者を出したこの災害で、何の罪もない多く人間が死にました。死にたい人間なんていなかったはずです。もう家族に会えないなど考えていなかったはずです。家族と離れ、言葉も通じないこの土地で、もう無理と諦めたくなります。でも、主人公たちは生きることを諦めていませんでした。全員助かり生きて国に帰ることしか考えていませんでした。特に3人の息子たちは、幼く怖いはずなのに涙も見せず、頑張っている姿に胸を打たれました。困難な状況に陥った時こそ、人は強くなれます。彼らの「生きたい」という強い気持ちが、彼らを生かし、離れた家族を再び結びつけてくれたのだと思います。

愛は世界共通

 現地の人や観光客など、多くの人々が登場するのもこの映画の特徴の一つです。病院や被害者が集う場所では、様々な国の言葉が飛び交っています。ルーカスが病院で家族を探している人の手助けをするシーンで、聞き慣れない名前もありルーカスが聞き直すシーンがあります。ただ、言葉は通じずなくても、写真を見せてくる父親や、必死に訴えかけてくる母親から、家族に対する強い愛情を感じました。言語、文化、価値観全てが違っても、家族に対する愛情や、子供を守ろうとする精神、親の元を離れない子供は世界共通なのだとしみじみ感じました。だからこそ、ルーカスが弟2人を見つけ、ヘンリーが子供たちと再会し、4人でマリアの元を訪れた時は、自分のことのように嬉しく思いました。また、ヘンリーが避難場所で出会った妻子を持つ男性にも胸を打たれました。男性は津波で妻と娘と離れてしまい安否が確認せずにいるのですが、自分がバカンスに誘ったせいだと責めている泣き顔を直視することができませんでした。ラストシーン、飛行機の中でヘンリーが「ビーチにいる」と書かれたメモが切なかったです。

1人ではないことの心強さ

 家族が再び集い、ヘンリーは憔悴しきっているマリアを見ながら、「お母さんを助けてくれてありがとう」と言います。それに対してルーカスは、「助け合ったんだよ」と言います。この台詞が、私はとても印象的でした。離れてしまった家族は、また再び結ばれるために助け合いました。肩を貸し、片時もそばを離れず、励まし合いました。マリアは医者であったこともあり自分の状態が危険であるとわかっていたため、死を覚悟していたと思います。しかし、ルーカスが生きる希望を与えました。不安でいっぱいの状況でも、そこに誰かがそばにいてくれるだけで、人は耐えられます。助け合いの精神が映画の節々に感じられました。「人は1人では生きていけない」という言葉をよく耳にします。確かに、物理的には知恵さえあれば1人でも生きていけるのかもしれませんが、精神面で支えてくれる人が必要です。家族が近くにいることの有り難さを強く感じさせてくれました。

インポッシブル SNSでの評判は?

Twitterから「インポッシブル」の評判をまとめました。

【まとめ】インポッシブルの動画を無料で見るなら

この世界に住んでいる以上、地震や津波も含め震災は他人事ではありません。この作品では、被災にあった家族の懸命に生きようとする姿を、リアルに、真摯に描いています。目を背けたくなるようなシーンも多いですが、これが現実です。人の力は自然に対してあまりに無力であり、地球温暖化防止など我々が小さな努力を重ねたところで、そんな柔らかな問題ではなく、人間は大自然と比べた時にとても小さな存在であると思い知らされます。ただ、今作では災害をリアルに描くことで恐怖を与えるだけでなく、希望の光も与えてくれます。今作は、どんなに痛ましく過酷な状況であっても奇跡は起こりうるということを伝えてくれる感動の実話です。諦めない心、生きようとする勇気、支えることの強さ。「家族って素晴らしい」そう思わせてくれる作品です。地震を題材として扱っている作品は数多くありますが、ここまでリアルに、そして感動的に描いている作品に出会えたのは初めてです。こんな素晴らしい作品を作り上げた監督、そして心に残るような演技をしてくれたキャストの方に拍手を送りたいです。1人でも多くの人の心に、この作品が残りますように。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました