ダイ・ハード フル動画無料視聴方法

ダイ・ハード
1988年製作/131分/アメリカ 予告動画を検索
非番の刑事・マクレーンは妻とクリスマスイブの夜を過ごすため、彼女の勤め先である高層ビルを訪れる。ところが謎のテロリスト集団がビルを占拠し、妻を含めた社員を人質に!外部との連絡も遮断されたなか、マクレーンは単身敵に挑むほかなくなり…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
結論
「ダイ・ハード」は、TSUTAYA TV/DISCASの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いTSUTAYA TV/DISCASがおすすめです。

現在TSUTAYA TV/DISCASでは、「ダイ・ハード」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「ダイ・ハード」を楽しんでください。

ダイ・ハードの動画配信情報

ダイ・ハードの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT未配信31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS定額見放題30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV定額見放題31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオレンタル14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

ダイ・ハードを配信中の動画配信サービスの詳細

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(27歳・女性)
他のサービスのおまけでついてきた感覚
アマゾンでのショッピングをよく使うので、プライム会員になったおまけという感覚です。自宅のWi-Fiでビデオをダウンロードし、外出先で通信料をかけずにみられるのがとても助かります。
(26歳・女性)
暇つぶしにも作業用の垂れ流しにも最適
ちょっと前に話題になっていた作品を、話題になっているときには見たくないタイプの人におすすめです。昔見ていたアニメも見られたりするので、暇つぶしに見るもよし、何か作業をする際に垂れ流しで使うもよしです
(42歳・女性)
低料金で面白いコンテンツが盛りだくさん、暇つぶしにぴったりです
AmazonPrimeVideoは、おうち時間を充実させてくれるサービスです。とにかく料金が安いので、たとえ動画を見ない日があったとしても損した気分にはなりません。
(45歳・女性)
Amazonプライム会員に登録することで利用できる動画配信サービス
年会費4,900円でAmazonプライム会員に登録すると様々な動画コンテンツを楽しめて凄くお得なサービスです。過去に公開された映画やドラマが見放題。子供から大人まで幅広い年齢層に対応しています。
(36歳・男性)
ファミリー向けかな?
"Amazonゴールドカードの特典として利用しています。以前は仮面ライダーやドラえもんの映画が多く子供と楽しんでいました。映画コンテンツは最新でなくとも名作はある程度押さえているので満足しています。"
(29歳・男性)
便利で楽ちんで安心感がある
結構な動画が無料で見れる。アプリで簡単に視聴できるのとアレクサと連動して簡単にテレビでも見れる。デメリットは見たいやつがたまに、プライムじゃないやつで追加でお支払いが必要である点。

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(38歳・女性)
コスパ良く使い勝手が良い
月額550円という驚きの価格でサービスが受けられます。コスパ最高です。作品数もある程度はありますし、新規作品追加も頻繁にあります。またダウンロード機能があるので、とても便利です。
(33歳・女性)
かゆいところに手が届く動画配信サービス
"別の配信サービスにも登録しているのですが、そちらでは見ることができない映画などが多く、かゆいところに手が届く動画配信サービスだなと感じました。オリジナルのバラエティやドラマなどもありそれも面白いです"
(58歳・男性)
古いドラマが多いのが多いのでイマイチ
"ドコモの携帯を買うときにつけられたので、見ましたが、あまりいいドラマや映画はなかったです。もう少し頑張ってほしいと思います。dアニメがヒットしてるのは、内容が良いのが理由です。"
(38歳・男性)
コストパフォーマンスは最高
月額料金550円という安さでコストパフォーマンスは最高だと思いますし、スマホアプリがとても使いやすいので大変助かります。また、ジャンルもかなり豊富にあるのでとても楽しめます。
(32歳・女性)
定期的なログインが面倒
動画配信自体は良いが、定期的に勝手にログアウトされて、その都度ログインが必要。firestick等もログアウトされるのでその度にログインが必要になるので面倒くさい。
(33歳・女性)
思ってたよりも作品が少ない
見たい動画の検索や視聴中など、操作は簡単で便利です。ただし、無料視聴出来る動画の種類は少ないです。少しマイナーな物が多いかなと感じます。メジャーなやつは有料レンタルで見る事は出来ます。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!

クランクイン!ビデオ

クランクインビデオ
無料期間14日間
入会特典1,000ポイント
配信数1,000本~
月額料金990円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
クランクイン!ビデオ 利用者の口コミ
(38歳・男性)
漫画のコンテンツは豊富
スマホのキャリア決算に対応しているので、スマホ代金と合算払いができ便利ですし、動画だけでなく15万作品の漫画も配信されているので、コンテンツはとても豊富でした。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(27歳・男性)
アニメなどか充実しています
他の動画配信サービスではみられないような作品もあるので私自身は重宝しています。月額料金もそこまで高くないので利用しやすくコストパフォーマンスが優れていると感じました。

ダイ・ハード 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「ダイ・ハード」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

ダイ・ハード 作品情報

『ダイ・ハード』は1988年に公開されたアクション映画です。監督はジョン・マクティアナンで、原作はロデリック・ソープの「Nothing Lasts Forever」です。主演はブルース・ウィルスで、この作品で彼の名は一躍有名になりました。ハイテク設備が満載のビルで起こる襲撃事件を、ブルース・ウィルス演じるジョン・マクレーン刑事がたった一人で立ち向かう姿は、まさにタイトルの「ダイ・ハード(しぶといヤツ)」という言葉がピッタリだと思います。この映画が非常に好評だったこともあり、続編が4作も作られたというのも、長い間愛されてきたタイトルであることを物語っています。

作品データ

上映時間131分
製作年1988年
製作国アメリカ
原題Die Hard
配給20世紀フォックス映画
公式サイト-

ダイ・ハード キャスト・スタッフ

ダイ・ハード あらすじ

ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事は、別居中だった妻のホリー・マクレーンに会うためロサンゼルスにやって来ます。リムジンで出迎えられたジョンは、ホリーが勤めているナカトミ商事のクリスマス・パーティーに参加する予定でした。ところが、そのパーティー会場は、突如現れた武装集団に襲撃され、占拠されてしまいます。ジョンはただ一人、発見を免れて会場から脱出しますが、ホリーは他の社員たちとともに囚われの身に。ジョンは、火災報知器を作動させたり、無線でロサンゼルス市警に通報したりと外部へ報せようとしますが、なかなか取り合ってもらえず、逆に武装集団に命を狙われる身になります。果たして、彼はホリーを無事救出することができるのでしょうか。

ダイ・ハード 評価

各映画レビューサイトから「ダイ・ハード 」の評価を集めました。
ダイ・ハード
総合評価★ 4.1

ダイ・ハード 見どころ

プロットがお見事

この映画、とにかく伏線の張り方がお見事です。ハイテクを駆使したビルディングの構造を逆手に取った武装集団の手腕が素晴らしく、警察やFBIの無能ぶりが一層引き立てられてしまうところは敵ながらあっぱれと言いたくなります。そんな武装集団に一人で立ち向かうマクレーン刑事の活躍も見応えがありますが、どちらかというと悪役の狡猾さが際立っているのがこの映画の特徴だと思います。最後、クリスマスにちなんだちょっとした仕掛けがあったり、最初に登場したリムジンの運転手が少し活躍するところなんかもにくい演出ですね。

派手なアクションが満載

アメリカ映画らしく、随所にユーモアを加えながら、派手なアクションを満載した最高の娯楽映画と言えるでしょう。この映画、前半は割と地味めな映像が続きます(話の展開は面白いですが)。アクション・シーンが派手になるのは中盤くらいからでしょうか。特に有名なシーンは、ジョン・マクレーン刑事がビルの屋上から飛び降りるところでしょう。派手な爆発を背景に、消火用のホースを体に巻きつけて飛び降り、窓を突き破って屋内に戻るところはいかにもアメリカ映画らしい豪快なシーンだと思います。もちろん、銃撃戦や格闘も随所にあって、見ごたえはバッチリです。

悪役も個性的

登場する悪役も個性的な者ばかり。武装集団のリーダーであるハンス・グルーバーはアラン・リックマンという方が演じていますが、何とこの映画が初演だそうです。頭の切れる、冷静沈着な悪役を見事に演じ、そのインパクトはかなり強烈なものでした。他にも、コンピュータに長けたテオや、マクレーン刑事と最後まで壮絶な死闘を繰り広げるカールなど、個性的な悪党が何人も登場します。 すごいのはメンバーだけではありません。機関銃にロケット砲など、重火器がこれでもかと登場します。逃げるパトカーを機関銃で撃ちまくり、最後にロケット砲でとどめを刺そうとする場面などは、いかにもアメリカ映画と感じてしまいます。

最後までハラハラの連続

武装集団とマクレーン刑事との死闘は最後のシーンまで続きます。ラストのシーンまで息をつく暇もありません。”ダイ・ハード(しぶといヤツ)”という言葉はマクレーン刑事を指しているようですが、悪役の武装集団も相当しぶといです。特に、リーダーのハンスは悪党ながら有能な人間で、マクレーン刑事を最後まで苦しめるのも彼です。それから、最後の最後であっと驚くシーンも用意されています。このシーン、非常に感動する場面なのですが、ここでは明かさないことにします。知りたい方は、是非この映画を見て下さい。

ダイ・ハード 感想・レビュー

予想をいい意味で裏切る映画

あまり期待せずに見た映画がすごくよかったという経験はあまりないのですが(その逆はよくありました)、「ダイ・ハード」はまさにそんな映画の一つです。最初は「すごく地味な映画」と思っていました。ところが、見てみるとこれが非常に面白い。最初の30分ほどで最後まで見る気になりました。娯楽映画なので、とにかく内容が明るいです。マクレーン刑事のセリフ一つをとっても、非常に軽いトークが多く、深刻さがあまり感じられません。人はたくさん死んでいるんですけどね。悪役の狡猾さと、警察やFBIの無能さもアメリカ映画ならではでしょうか。本当はこんなことはありえないでしょうが、あってもおかしくないと感じさせる手腕も見事だと思います。

一人 vs 大勢

大人数の武装集団に立ち向かうのはたった一人の刑事。しかも、相手には人質がいるという状況で、普通ならあきらめてしまうところですが、さすがは”ダイ・ハード”、一人で武装集団を次々に倒していきます。この、一人で多人数に立ち向かう図式のアクション映画はこの「ダイ・ハード」が最初らしいです。確かに、たった一人で立ち向かうというシチュエーションというのはかっこよく見えますし、最後はそれで勝ってしまうんだから爽快感もひとしおでしょう。実際にはありえない話ですけど、それだけに余計とこういう映画を見たくなるのでしょうね。

悪党の狡猾ぶりにまいった

詳しいことは書けませんが、とにかく悪役の狡猾ぶりがお見事としか言いようがありません。警察やFBIが出てくるところまで想定されていたわけですから、マクレーン刑事がもしいなければ、悪党どもの計画通りに事が進んでいたでしょうね。それだけに、マクレーン刑事の存在はまるっきり予想外のことだったわけですが。ハンスの憎らしいまでの悪党ぶりがかなり印象に残りますが、他にもとにかく明るいテオや、好戦的な性格のカールなどもアクの強いキャラクターだと思います。 ところで、悪党ではないのですが、警察やFBIの面々もマクレーン刑事には敵対的です。そして、こちらは無能な集団だけに、余計にいらつくこと間違いありません。その中で、一人だけマクレーン刑事のよき理解者となる警官がいます。この警官の最後の活躍は是非とも見ていただきたい感動の場面ですね。

クリスマスにもってこい

この映画の舞台はちょうどクリスマスの時期。なので、クリスマスや年末などに見ると、さらに楽しめるかも知れません。最後に流れる第九がまた年末のムードを高めてくれるでしょう。私が見たのも確か、年末の時期だったような覚えがあります。ちなみに、映画そのものの中にクリスマスらしい演出はほとんどありませんが、クリスマスという特別な時期だからこそ意味のある伏線がいくつかあります。このあたりの演出も、この映画の素晴らしさを物語っていると思います。

ダイ・ハード SNSでの評判は?

Twitterから「ダイ・ハード」の評判をまとめました。

【まとめ】ダイ・ハードの動画を無料で見るなら

ブルース・ウィルスの名を一躍有名にしたアクション映画の傑作です。ビルの中という閉鎖された空間で繰り広げられる、一人の刑事と武装集団との激しい死闘を、時にはユーモアのあるセリフなどを加えながら、明るい娯楽映画に仕上げているところは、いかにもアメリカ映画と感じてしまいます。映画の舞台がクリスマスの時期ということもあって、特にクリスマスや年末に見ると、より一層楽しめるのではないかと思います。
TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間が長い
30日間
初回特典が豪華
1,100ポイント付与
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました