ボーン・アイデンティティー フル動画無料視聴方法

ボーン・アイデンティティー
2002年製作/119分/アメリカ 予告動画を検索
海上を漂う瀕死の記憶を失った男がイタリア漁船に救われる。男は唯一残されていた銀行の名前と貸金庫の番号からスイスへ赴き、「ジェイソン・ボーン」名義の身分証明書とさまざまな国籍のパスポート、大金と拳銃を見つける。そこへ次々と暗殺者が現れ…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「ボーン・アイデンティティー」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「ボーン・アイデンティティー」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「ボーン・アイデンティティー」を楽しんでください。

ボーン・アイデンティティーの動画配信情報

ボーン・アイデンティティーの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS定額見放題30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)定額見放題---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

ボーン・アイデンティティーを配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(34歳・女性)
最新漫画にもつよい!
動画も勿論すごいのですが、漫画が割と最近のものにも強いと思いました。少年少女大人から子供のコミックまで全ジャンル網羅されていると思いました。少し値段が高いかな?と思うこともありますが満足出来ています。
(34歳・男性)
配信数がダントツで多い
番組数が断トツで多くていいです、洋画、邦画にくわえバラエティーやドキュメンタリーもたくさんあって暇をしません。それからポイントサービスがあり映画館で映画を見ることができていい。
(30歳・女性)
オールジャンル見られて図書券までついてくる感じ
最速で配信されてるものや独占配信されているものも多い。書籍も充実しているので自分は月初に付与されるポイントで流行りの漫画を読んでます。1.8倍速で見れる機能ついてるのでそれもポイントです。
(27歳・男性)
過去から最新までの幅広いアニメの宝庫
幅広いジャンルのアニメがあってとても重宝しています。他のサービスでは見たかったアニメがなかったのですが、U-NEXTにはたくさんあって劇場版も豊富なのでとてもおすすめです。
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(39歳・男性)
ダウンタウン松本人志の秀逸番組が見れる
映画やアニメなど豊富なラインナップの中で最も注目すべきは松本人志のドキュメンタル。地上波ではここまでできないであろう事、この人ずっとでてるなとか笑いが盛り沢山です。
(26歳・男性)
料金が安くてオリジナル作品多め
料金はHuluよりも安くて手軽で続けやすいのが良いです。また、料金の安さに加えてオリジナル作品が多めなのでそこも良いです。特にバラエティが多いのがありがたいです。
(54歳・女性)
月額500円でたくさん見られてお得
映画が好きで、BS放送やレンタル店で借りたり、宅配レンタルを利用したりしていました。AmazonPrimeVideoは返却の手間もなく、番組表のチェックの必要もなく、買い物の送料も無料でお得だと思います。
(23歳・女性)
ワンコインで色々なサービスが体験できる
アマゾンプライムでは500円のワンコインというとても安い値段で色々なジャンルが見放題です。また、動画だけでなく、会員特典で配送料や音楽に本などが追加料金なしで無料でサービスが楽しめるのでお得です。
(27歳・女性)
他のサービスのおまけでついてきた感覚
アマゾンでのショッピングをよく使うので、プライム会員になったおまけという感覚です。自宅のWi-Fiでビデオをダウンロードし、外出先で通信料をかけずにみられるのがとても助かります。
(45歳・女性)
Amazonプライム会員に登録することで利用できる動画配信サービス
年会費4,900円でAmazonプライム会員に登録すると様々な動画コンテンツを楽しめて凄くお得なサービスです。過去に公開された映画やドラマが見放題。子供から大人まで幅広い年齢層に対応しています。

Netflix

Netflix(ネットフリックス)
無料期間-
入会特典-
配信数-
月額料金880円~
ダウンロード
同時再生可能端末数4
Netflix 利用者の口コミ
(22歳・女性)
色々な作品が見られる
日本のものだけでなくて海外の作品もたくさん見られるのですごく楽しいです。ネットフリックスオリジナルのドラマや映画があるのが他のものと違っていいところだと思います。
(36歳・女性)
オリジナル作品が続々!
何かと話題のNetflix。特にオリジナルのドラマは抜群に面白く、最近では日本のドラマも出てきているので目が離せません!いい作品にいい俳優さん、女優さんが揃っているので、意外な組み合わせも楽しめます。
(38歳・男性)
オリジナルコンテンツが豊富
オリジナルコンテンツがかなり豊富にありますし、どれもとてもクオリティの高い作品ばかりなので非常に楽しめます。また、タイトルやオープニングを飛ばせるスキップ機能もあり使いやすいです。
(48歳・男性)
動画を観るならNetflix!
配信数が多くて選びたい放題、しかも安い。他にはないNetflixオリジナルのドキュメンタリー番組も豊富にあり、とても面白い。選ぶならやっぱりNetflixがいちばん!
(24歳・女性)
そこにあるものはすべて無料
種類が多いのはもちろん、Netflixに加入すると「そこにあるものはすべて無料」で観られるところが素晴らしいです。他の動画配信サービスだと別料金が必要というものが混ざっていることがあるので。
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
ネットフリックスは昔自分が主に使っていた、動画配信サービスです。ネットフリックスのいいところは月額のコスパもよく洋画のラインナップもそこそこ充実していて、オリジナルの映画もある

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(38歳・男性)
国内最大級のコンテンツ
取扱いコンテンツの数は国内最大級だと思いますし、動画から書籍まで完結出来るのでとても便利だと思います。また、毎月数枚のクーポンが貰えるのもとてもお得感があります。

ボーン・アイデンティティー 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「ボーン・アイデンティティー」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

ボーン・アイデンティティー 予告動画

映画「ボーン・アイデンティティー」劇場予告

ボーン・アイデンティティー 作品情報

自分は一体何者なのか…自らに関する記憶が何一つ思い出せないまま、冬の海に放り出された一人の男。 手掛かりと言えば、その身に刻みつけられた圧倒的身体能力と危険を察知し、そこから如何にして逃れるのかを瞬時に判断・実行出来る能力、そして埋め込まれたマイクロカプセルのみ…。 行く先々で罠を張り巡らせ待ち受ける「何者か」の手を潜り抜け「ジェイソン・ボーン」…それが自分の名であるかすらも定かでない男は、真実にたどり着く事が出来るのか! 演技派俳優マット・デイモン氏が演じる、眼光鋭くニヒルでストイックな謎の男「ジェイソン・ボーン」シリーズ第一作。 21世紀の映画界へ颯爽と現われた、クールな凄腕をご堪能あれ。

作品データ

上映時間119分
製作年2002年
製作国アメリカ
原題The Bourne Identity
配給UIP
公式サイト-

ボーン・アイデンティティー キャスト・スタッフ

ボーン・アイデンティティー あらすじ

南仏、地中海に面した商業都市マルセイユ。 ある日近海で操業していた漁師が、謎の男を保護する。 銃で撃たれた傷があり、自身が何をしていたかが思い出せない中、たった一つの手掛かりは身体に埋め込まれたマイクロカプセルだった。 奇妙な手掛かりと、その処が手早く出来る自身に訝りながら、男は手掛かりをたどり銀行の貸金庫を開く。 そこから取り出された荷物には、多数の偽造パスポートと多種多様な通貨が詰め合わされた大量の現金紙幣、一丁の拳銃…。 明らかに不審な荷物を前にして混乱の極みとなった男は、自身が「ジェイソン・ボーン」という名で登録されていたアメリカ合衆国パスポートを手掛かりに行動を開始する。 だが、その動向は既に「何者か」も捉えており、現地警察に対して彼を手配する包囲網が構築されていたのである。 警察すらも操る「何者か」とは、彼らが国家権力すら従えて追い詰める「ジェイソン・ボーン」とは何者なのか。

ボーン・アイデンティティー 評価

各映画レビューサイトから「ボーン・アイデンティティー 」の評価を集めました。
ボーン・アイデンティティー
総合評価★ 3.9

ボーン・アイデンティティー 見どころ

全編通して緊迫感。油断禁物の謎が謎を呼ぶ展開

何者かも分からない謎の男が銃に撃たれて漂流し、体内に謎のカプセルを埋め込まれ、出て来た情報を調べてみれば謎の貸金庫に偽造パスポートの山と拳銃…のっけから全力全開で怒濤のように謎が押し寄せる展開は、マット・デイモン氏演じる「ジェイソン・ボーン」ならずとも身を乗り出して見入ってしまう引き込みの強さ。 後ろから迫り来るのは謎の解答…ではなく「何者か」の息が掛かった追手達。 謎を解き明かす時間はおろか、息つく暇もろくに与えられる事の無いハードな逃走劇が全編通じて濃厚に繰り広げられます。 謎が謎を呼び、息もつかせぬハードな展開の中、あなたはこの追跡劇の「真意」にたどり着く事が出来るでしょうか?どうぞ最後まで油断無くご覧下さい…。

新たなる「J・B」、新世代のスーパーエージェントここに登場

「J・B」…それはかつて、某国情報部にその人ありと言われ、世界を股に掛けた活躍で知られるとあるスーパーエージェントのイニシャルとされたものです。 故意か偶然か「ジェイソン・ボーン」という名前もまたイニシャルを同じくし、英語圏における「有り触れた」名前を与えられた凄腕であり、鋭敏な危機管理能力と洗練された戦術眼、記憶を失っても身体が記憶している程に鍛え抜かれた身体能力と戦闘術を武器に、国家権力すら操る相手を向こうに回しながら「自分が何者なのか」というたった一つの答えを求めストイックに戦うキャラクターとして造形されています。 非人間的とすら言える過酷な生き様と、ともすれば失った所で生きて行く事も出来る「アイデンティティ」をがむしゃらに追い求める人間的な非合理さを併せ持つキャラクター性をお楽しみ下さい。

派手なだけじゃない、シブさも魅せる硬軟織り交ぜたアクション

アクション映画のスーパーエージェントと言えば、(少なくとも本作公開当時は)派手な重火器をブチかましたり、力任せな殴り合いを演じるパワフルな絵面が一般的にイメージされがちでしたが、本作の「ジェイソン・ボーン」は、その一見スマートな体格を機敏で柔軟、細かな動きで的確な動作へと繋げていく無駄なくキレが良いアクションの魅力が詰まっています。 一方でその大胆な行動センスは、必要とあればド派手な街中カーチェイスも何のその。 小さく愛らしいデザインなのに意外なパワフルさを見せ付ける「MINI」でのチェイスシーンは「ジェイソン・ボーン」というキャラクターを表わしたものだと言える…かも。

ボーン・アイデンティティー 感想・レビュー

良くも悪くも「個人の限界」として描かれるスーパーエージェント像

本作の主人公である「ジェイソン・ボーン」は、物語冒頭から「銃で撃たれ海に放り出されても生還する」という程頑健であり、記憶を失いながらも体得した技能と感覚で「身体に埋め込まれたマイクロカプセルを適切に処置」して見せるというおよそ常識離れした活躍を見せる人物として描かれます。 この「個人として最高水準に達した人間」が、現代社会という構造と一体化した「姿無き敵」と相対する事で「個人としての限界」を突き付けられ続けながらも、身体に刻み込まれた性能を最大に活かして道を切り開く「個と社会の対立」によって浮かび上がるキャラクター性が巧みに描き出されています。 状況が難解であればこそ驚きの逆転劇を期待せずに居られないその生き様をとくとご覧あれ。

追われながら追い詰める。攻防一体の「攻める合理性」

「ジェイソン・ボーン」が本作で目的とするのは「自身の失われた情報を埋め合わせる」というもの。 しかしてそれは途轍もない秘密…「パスポートを偽造し、偽の身分を多数用意出来る」という自分自身の姿を追って、国家権力を影から操作する事が出来る相手を敵に回すという事。 そこで見出された目的への道しるべは「敵の方が自分の正体に詳しい」という一点。 そこでボーンは、自ら危地に飛び込んで行けば答えへと到着出来るという、最も危険ながら確実な目標達成へのルートを躊躇いなく選択していく事となります。 意思決定の在り方として当然の帰結と言えるものながら、このハイリスクな判断がテンポ良く行動へと展開されていく様は痛快の一言に尽きるものとなっています。

陰謀論をブラッシュアップ

一般人を遙かに凌駕する圧倒的に頑強な肉体と、それに基づく高い身体能力、研ぎ澄まされた危機管理センスと判断力と、およそ現代社会の一般常識からはかけ離れた存在である「ジェイソン・ボーン」というキャラクターは、その成立する背景こそが本作を構成する物語の核心…「超人的な工作員を必要とする存在とは何者か?」という問い掛けへの答えをたどる視点を同時に提供する存在となっています。 世界中で繰り広げられるスパイや工作員による諜報戦…陰謀論の世界では常に取り沙汰されてきた謎めいた存在を取り上げながら「~アイデンティティー」というタイトルが示す部分へとクローズアップさせる事で、視点と行動、そして意味を重ね合わせたテンポの良い作品として磨き直された作品となっています。 なおこの点に関しては「トレッドストーン」という語が日本で「踏み石」という意味である、という事を押えておくと、少し味わい深くなる…かもしれません。

ボーン・アイデンティティー SNSでの評判は?

Twitterから「ボーン・アイデンティティー」の評判をまとめました。

【まとめ】ボーン・アイデンティティーの動画を無料で見るなら

現代社会の表舞台を影の如く渡り歩き、ハイテクローテクをあらゆる手法で使いこなし、時にリスクを必要とする行動をも大胆かつ巧妙に乗り切るスーパーエージェント…00年代初頭、その「ギリギリ現実的」なラインをすり抜けてみせるキャラクターとして颯爽と映画シーンに現われた「ジェイソン・ボーン」を演じるのが、数多くの印象的な役どころをこなして来た演技派俳優マット・デイモン氏。 鋭く怜悧な印象を与える表情や身のこなしの中、記憶の喪失に伴う自己への不信と畳み掛けるように襲い来る攻撃者の謎という苦しみに煩悶する存在という難しい役どころを巧みにこなす演技は、当代俳優陣でも筆頭クラスの切れ味と言えるでしょう。 そのキャリアを大きく飛躍させた作品としても語られる一作、ぜひ一度ご覧頂きたい一本です。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました