アルカトラズからの脱出 フル動画無料視聴方法

アルカトラズからの脱出
1979年製作/112分/アメリカ 予告動画を検索
脱獄不可能といわれる、サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ刑務所に囚人・モーリスが護送されてきた。各地の刑務所で脱走を企ててきたモーリスは、ここでも仲間を得て密かに脱走計画を立てる。所長に目を付けられながらもコツコツと穴を掘り…。
出典: U-NEXT

アルカトラズからの脱出の動画配信情報

アルカトラズからの脱出の動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)---880円~Netflix
dTV31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

アルカトラズからの脱出を配信中の動画配信サービスの詳細

アルカトラズからの脱出 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「アルカトラズからの脱出」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

アルカトラズからの脱出 予告動画

アルカトラズからの脱出(字幕版)

アルカトラズからの脱出 作品情報

映画「アルカトラズからの脱出」はドン・シーゲル監督によって、1979年の12月22日に劇場公開されているクライムエンターテインメントです。J・キャンベル・ブルースによって1963年に刊行されていているノンフィクション書籍、「Escape From Alcatraz」を映像化したものです。末期ガンで余命いくばくもないガンマンが最後の大あばれを披露する「ラスト・シューティスト」や、宇宙からの未知の侵略者の恐怖に立ち向かう「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」など。西部劇からSFアドベンチャーまでを幅広く手掛けている、1912年生まれでイリノイ州シカゴ生まれの映画作家がメガホンを取りました。実際に起きた事件からインスパイアされたストーリーになり、脚本家のリチャード・タークルによって脚色されています。絶対不可能と言われるほどの孤島の刑務所からの脱獄に、不屈の男たちが挑む衝撃作です。

作品データ

上映時間
製作年
製作国
原題
配給
公式サイト

アルカトラズからの脱出 キャスト・スタッフ

アルカトラズからの脱出 あらすじ

アルカトラズ島はサンフランシスコ湾に浮かんでいて、島内に建てられた監獄は難攻不落と恐れられています。フランク・リー・モーリスはこれまでにも各地で脱走騒ぎを起こしていたために、刑期を加算された末にこの地へ送還されてきました。厳重な監視システムを張り巡らせて、囚人たち対してに絶対的な服従を呼び掛けているのは所長のウォーデンです。表向きは模範囚として刑に服しながらも、フランクは密かに情報を収集しつつ脱獄に向けたチームを結成し始めます。所内の不穏な動きをいち早く察知したウォーデン所長から疑惑の眼差しを向けられていく中で、いよいよ作戦決行の日が近づいてくるのでした。

アルカトラズからの脱出 評価

各映画レビューサイトから「アルカトラズからの脱出 」の評価を集めました。
アルカトラズからの脱出
総合評価★ #DIV/0!

アルカトラズからの脱出 見どころ

知力を尽くしたゲームに参戦

不可能な脱獄にも幾度となく挑戦し続けていく主人公のフランク・リー・モーリスを、クリント・イーストウッドが演じていきます。凶悪な前科者たちもいつの間にか手懐けるカリスマ性と、絶体絶命の窮地を切り抜けてしまう悪運の強さが魅力的です。鉄壁の守りと冷血な心を持つ番人、ウォーデン所長に威圧感たっぷりにパトリック・マクグーハンが扮していました。不朽の刑事ドラマ「刑事コロンボ」では海千山千の犯人役として、4度もコロンボを苦しめたことでも有名ですね。自身が監督と主演を務めた海外ドラマ「プリズナーNo.6」では、国籍不明の村からの脱出を目指す諜報員の役だったので見比べてみて下さい。「リーサル・ウェポン」シリーズなどのヒット作に恵まれた名優ダニー・グローヴァーの映画デビュー作でもあり、若き日の初々しい姿は必見です。

抜け穴を探せ

成功確率ゼロと言われるほどの厳重なセキュリティーシステムを、如何にして突破していくのか見応えがありました。収監早々にウォーデン所長からは長々としたお説教を喰らってしまうフランクでしたが、爪切りを盗む早業を見逃さないで下さい。食堂からは鉄製のスプーンをこっそりと失敬して、このふたつを組み合わせた手作りスコップで根気よく穴堀りを敢行していきます。刑務所内の臨時散髪所の床に落ちていた大量の髪の毛を、ご丁寧にもホウキと塵取りで拾い集めているのも気になりますね。夜になると10分おきに行われるパトロールを誤魔化すために、フランクが用意した奇想天外な身代わりには驚かされました。なんの変哲もないボロボロのレインコートも、フランクの手にかかるとあっという間にボートに早変わりしていきます。

信頼できる仲間を選ぶ

囚人たちの中には義理固く男気あふれる者もいれば、看守たちの言われるままに密告者に成り下がった不逞な輩もいました。無事に脱獄計画を成功させるためには、その人間性を見極めて充分に信頼に足る存在なのか見極めなければなりません。牢名主として君臨しているウルフですが陰湿な性格で、フランクとは初対面のシャワー室でいきなり乱闘騒ぎを起こしてしまいます。クラレンスとジョンのアングリン兄弟は銀行強盗犯ですが、以前に別の刑務所で一緒だったために話は早いです。一見すると凶悪な面構えのリトマスも、話してみると心優しくネズミを可愛がる意外な一面も持ち合わせていました。時には敵なのか仲間なのか心の奥底に揺らぎが生じていく、心理サスペンスのようなスリルを味わうことが出来るはずです。 アルカトラズからの脱出の見どころをまとめました。

アルカトラズからの脱出 感想・レビュー

絶望の地へ島流し

サンフランシスコ湾と太平洋の間に架けられた、ゴールデン・ゲート・ブリッジの壮観がオープニングを飾ります。巨大な橋の向こうには管制塔からの光が点滅していて、雨が降りしきる中に聳え立つ刑務所のシルエットが不気味でした。両脇を屈強な警察官に抱えられて護送船に押し込められる時にも、フランク・モーリスは弱みを見せることはありません。島の周囲は広範囲に渡って流れの速い海流に囲まれているために、海に飛び込んで泳いで逃げるのは難しいそうです。はるか対岸の光輝くイルミネーションをじっと見つめるフランクの瞳には、自由への並々ならぬ渇望が満ちあふれていました。牢屋の閂がガチャリと落ちる音と「アルカトラズへようこそ」という看守のセリフとを合図にして、絶妙なタイミングで雷が鳴り響きます。

絵筆を折られた友のために

受刑者同士の懇談会もなければ善行賞もなく、ニュース性のある新聞も雑誌も読めずに、シャワーは週に2度で散髪は月に1度。殺伐とした刑務所の中でも豊かな想像力を膨らませる、「ドク」ことチェスター・ダルトンが描く作品には癒しの効果があります。獄中画家としての地道な創作活動ばかりではなく、手塩にかけて菊を栽培するなど凡そ犯罪者らしくありません。絵を書くことだけを生き甲斐にしていたドクが筆を取り上げられて、失意のうちに自らの指を切り落としてしまう場面が痛切でした。ドクとの間に芽生えた友情を胸に秘めて、来るべきリベンジの時を虎視眈々と待ち続けていくフランクが勇ましいです。

全員を連れて行きたいけれども

知的なアフリカ系アメリカ人のイングリッシュ、やたらとお喋りで人懐こいチャーリー・バッツ、ドクの意志を受け継いだリトマス。フランクの不思議な魅力に惹き寄せられてくるかのように、次から次へと加わっていく新戦力が頼もしいです。予定日の前日になってフランクの独居房への移送措置を言い出すなど、ウォーデンの勘の鋭さは決して油断できません。紆余曲折の末に決行当日を迎えながらも、運命のいたずらから脱落してしまうメンバーもいるのがほろ苦いです。果たして外の世界へと飛び出して自由と勝利その手に掴むのは誰なのか、余りにも衝撃的な結末を見届けてください。 アルカトラズからの脱出の感想・レビューをまとめました。

アルカトラズからの脱出 SNSでの評判は?

Twitterから「アルカトラズからの脱出」の評判をまとめました。

【まとめ】アルカトラズからの脱出の動画を無料で見るなら

地元警察による大捜索の末に近海の小島の岩陰から発見された、小さな菊の花びらにはホロリとさせられました。非業の死を遂げたドクへの細やかなレクイエムでもあり、何事にも屈することのない男たちによる抵抗の証でもあります。今現在でも世界の何処かで生き延びていて、不敵な笑みを浮かべているモーリスたちの顔が思い浮かんできました。旧くはジョン・スタージェス監督の1963年作「大脱走」から、ごく最近ではマイケル・ノアー監督によってリメイクされた「パピヨン」まで。古今東西の脱獄をテーマにした映画やドラマに造詣の深い皆さんは、是非ともこの作品をご覧になってください。
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました