アイデンティティー フル動画無料視聴方法

アイデンティティー
2003年製作/90分/アメリカ 予告動画を検索
嵐の夜、人里離れた一軒のモーテルに閉じ込められた11人。一人、また一人と惨殺され、恐怖と疑念が蠢く。一方、ある一室では死刑を直前に控えた殺人鬼の再審理が行われていた。二つの事件が一つにつながった時、驚愕の真実が明らかになる。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「アイデンティティー」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「アイデンティティー」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「アイデンティティー」を楽しんでください。

アイデンティティーの動画配信情報

アイデンティティーの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS定額見放題30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

アイデンティティーを配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(34歳・女性)
最新漫画にもつよい!
動画も勿論すごいのですが、漫画が割と最近のものにも強いと思いました。少年少女大人から子供のコミックまで全ジャンル網羅されていると思いました。少し値段が高いかな?と思うこともありますが満足出来ています。
(27歳・男性)
過去から最新までの幅広いアニメの宝庫
幅広いジャンルのアニメがあってとても重宝しています。他のサービスでは見たかったアニメがなかったのですが、U-NEXTにはたくさんあって劇場版も豊富なのでとてもおすすめです。
(31歳・女性)
実はお得なU-NEXT!!!
月額料金はNetflixなどと比べて高めですが、毎月ポイントがもらえるので新作映画も実質無料で見られます!また家族で別々のアカウントを作れるのでご家族でシェアしてみてはいかがでしょうか。
(30歳・女性)
オールジャンル見られて図書券までついてくる感じ
最速で配信されてるものや独占配信されているものも多い。書籍も充実しているので自分は月初に付与されるポイントで流行りの漫画を読んでます。1.8倍速で見れる機能ついてるのでそれもポイントです。
(40歳・女性)
アカウントを共有できるのが嬉しい
作品数が多いことはもちろん、ひとつのアカウントで4人まで利用できるのも嬉しいシステムです。ただ、海外ドラマ派の人は、作品数とポイントの観点から、他の動画配信サービスと比較検討することをお勧めします。
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(33歳・女性)
低価格で動画を楽しめるサービス
"他の動画配信サービスよりも充実した内容だと思います。独自の動画も充実している点が良いなと思っています。特にバチェラーシリーズがお気に入りです。利用料もそれほど高くないので良いです。"
(27歳・女性)
安くて楽しめる動画配信サービス
Amazonプライムビデオは月500円で動画配信サービスを利用できるのですが、お値段の割にジャンルも幅広く楽しめるので、コストパフォーマンスが素晴らしいと思います。
(47歳・男性)
万人受けする作品が多い
映画もドラマも人気作品が一通りそろっている印象です。小学生以下の子供からお年寄りを含む大人まで、幅広い年齢の人が楽しめる有名どころの国内・海外作品が、新作・旧作とも、ある程度豊富に用意されています。
(30歳・女性)
どこでも誰とでも見れる
スマホはもちろん接続端末があればテレビでも見れます。長編映画から短編ドラマ・バラエティまで種類が豊富で低価格でとてもコスパが良いと思います。普段見ない韓国ドラマも挑戦しましたが、とても面白かったです!
(40歳・女性)
プライム会員特典だと思えば、安いもの
作品数が充実しているとはいえません。ただ、「プライム会員」の特典の一つとして利用するなら安価だし満足できると思います。Amazon originalのドラマや映画で、結構おもしろいのありますよ。
(27歳・女性)
お笑いコンテンツが豊富
ダウンタウン松本のお笑い番組がよく知られていますが、本当に日本のお笑いコンテンツが多くあるので気軽に笑いたい時に見るのにぴったりです。もちろんオリジナル作品を含んだ海外ドラマや洋画も多数見られます。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

アイデンティティー 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「アイデンティティー」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

アイデンティティー 作品情報

『アイデンティティー』は2003年製作のアメリカのサイコ・サスペンス映画です。先読み不能のストーリー展開と驚愕のラストが話題を呼び、低予算で製作された映画ながらも全米でスマッシュヒットを記録しました。ジェームズ・マンゴールド監督は初監督作品『17歳のカルテ』でアンジェリーナ・ジョリーにアカデミー賞助演女優賞を、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でリース・ウィザースプーンに主演女優賞を取らせました。トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演の『ナイト&デイ』でもメガホンをとっています。女優との相性がよい監督です。キャストはジョン・キューザック、レイ・リオッタ、レベッカ・デモーネイ、クレア・デュバルら演技派ぞろいが顔をそろえており、彼らの競演も注目です。

作品データ

上映時間90分
製作年2003年
製作国アメリカ
原題Identity
配給ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
公式サイト-

アイデンティティー キャスト・スタッフ

アイデンティティー あらすじ

嵐の夜、11人の男女が一軒のモーテルに立往生。同時刻、別の場所で、死刑執行が迫った凶悪殺人犯マルコム・リバースの再審理が始まります。目的は、解離性同一性障害(多重人格)を持つマルコムの中のどの人格が殺人鬼なのかを突きとめること。一方嵐のモーテルでは、外部と遮断された状況の中、第一の殺人が発生。元刑事のエドは捜査に乗り出しますが、第二、第三の殺人が。そんな中、エドの意識は突然モーテルから再審理の現場へ飛びます。自分はマルコムの人格の一人であることと、別の人格の誰かが犯人であることを明かされるエド。モーテルへ戻ったエドは、犯人と確信したロードを殺害し、自らも死をとげます。殺人鬼の人格が消滅したことにより、死刑を免れて入院措置となったマルコム。ところが、モーテルで死んだはずの少年ティミーの人格が突然現れ、事態は一転します。

アイデンティティー 評価

各映画レビューサイトから「アイデンティティー 」の評価を集めました。
アイデンティティー
総合評価★ 3.9

アイデンティティー 見どころ

二つのストーリーが同時進行 6人を殺害し、死刑判決が下された凶悪殺人犯に解離性同一性障害があった場合、はたしてその人間を罪に問えるのか。彼に殺害を実行させた真犯人はいったいどの人格なのか。興味深いテーマにまず引きつけられる人は多いでしょう。映画では、殺人鬼の人格をあぶりだす精神科医や判事、弁護士らによる再審理の模様と、同時刻に別の場所で発生する新たな殺人事件が同時進行で描かれます。観る者には二つのストーリーの関連性がなかなか明かされないため、しだいに焦燥感が募り、つながりを発見しようと否が応にも作品世界に入り込んでいくことに。二つの場面を交互に描く手法とスピード感にあふれる展開がストーリーの緊迫感と観る者の不安感を高めていきます。 ◆全編に張りめぐらされた伏線 映画の途中で真犯人の人格がわかる人はまずいないでしょう。異なる場所で同時進行する死刑囚の再審理とモーテルの惨劇という二つのストーリーのつながりをどこまで読み解けるか。脚本・演出と観る者の闘いになります。一見無関係に見える二つの物語の関係性に実は真相が隠されていて、ラストで見事に一本の線につながります。斬新な着眼点がとてもおもしろい映画です。真犯人の人格がようやく明らかになった時、全編の至るところに散りばめられていたヒントに初めて気づき、思わずなるほどとうなずいてしまう極上のサスペンス。緻密に練られた脚本、無駄のない演出に脱帽です。何度も観直して、もしかしたら見逃しているかもしれない伏線を探したくなる作品です。 ◆芸達者ぞろいのキャスティング 豪華なオールスターキャストというよりは、芸達者な俳優で固めた映画といえるでしょう。主役級ではないけれど名脇役といった俳優たちをさりげなく配置しています。彼らはモーテルに集まったいわくありげな宿泊客を名演。洋画や海外ドラマファンにとっては、名前は知らないけれど顔は見たことがあるという俳優が何人かいるのではないでしょうか。解離性同一性障害の死刑囚を演じたプルイット・テイラー・ヴィンスは、『海の上のピアニスト』で天才ピアニストの友人のトランぺッター役を演じています。主人公の元刑事エド役を演じたジョン・キューザックをはじめ、脱走犯のレイ・リオッタ、落ちぶれた女優役のレベッカ・デモーネイ、娼婦役のアマンダ・ピートらの芸達者ぶりにも注目です。

アイデンティティー 感想・レビュー

斬新なクローズドサークル系ミステリー 一か所に集められた人間たちが一人ずつ消されていくという、クローズドサークル系の古典的な設定ですが、最後まで飽きさせません。その理由は、設定に斬新さと説得力があるからでしょう。「解離性同一性障害を持つマルコムの中の殺人者の人格を突きとめること」「その人格を生き残らせないこと」という説得力のある理由づけに貫かれて物語は進みます。モーテルの惨劇をマルコムの精神世界の出来事とするため、その舞台を「嵐で外部と遮断され、ケータイも使えない、孤立化したモーテル」としたアイディアは秀逸。『アイデンティティー』というタイトルはもとより、「ここに集まったのではない。ここに集められたのだ」というキャッチコピーもすばらしいです。 ◆映像が解き明かす殺人事件の真相 観ている者は、同時進行する二つのストーリーにだまされることになるのですが、どこまでだまされるかはその人が伏線にどこまで気づくかにかかっています。モーテルの殺人事件では、犠牲者の死体や血痕がいつのまにか消えてなくなるなど現実世界ではあり得ない不可解なシーンがたびたび登場。それらがマルコムの精神世界の出来事であることが明らかになった時、すべての「?」が氷解する気持ちよさがあります。ほぼ全編にわたり夜と雨と雷のシーンが続き、陰鬱さを際立たせたダークな映像になっていることも作品の世界観を深めるのに一役買っています。 ◆衝撃の二重ドンデン返し 殺人鬼の人格と思われた脱走犯ロードがエドに倒され、エドも死に、ただ一人生き残った娼婦パリス。故郷へ戻り、幸せな日々が待っているかにみえました。そこへモーテルですでに死んだはずの少年ティミーが突然姿を現します。「つぎはおまえの番だ、アバズレ」。真犯人の人格は実はティミーだったことがここでようやく明らかになります。ティミーが現実世界でマルコムに殺人を実行させていたという第一のドンデン返しです。そして現実の世界ではさらなる衝撃が。死刑執行を免れ、入院措置となったマルコムの護送中、またもやティミーの人格がマルコムに現れて精神科医を殺害。マルコムの中に住む11人の人格のうち、殺人鬼であるティミーだけが生き残るという皮肉な結末で映画は終わります。

アイデンティティー SNSでの評判は?

Twitterから「アイデンティティー」の評判をまとめました。

【まとめ】アイデンティティーの動画を無料で見るなら

「階段を上がると、また会った。姿のない人に。もう現れてほしくないのに」。死刑囚マルコム・リバースの日記の一文として、冒頭で紹介されるセリフです。このセリフだけで、この映画がホラー系あるいはサスペンス系であることや、おそらく難解な内容であることが想像できてしまいます。サスペンス映画全般が好きな人にはもちろんおすすめですが、特に真犯人との心理戦が描かれる映画や、心霊現象などのオカルト的要素を含まないサイコ・ホラー映画が好きな人には観てほしいと思います。そして、映画の中で宿泊客全員の共通点が判明するきっかけとなったアガサ・クリスティー原作の『そして誰もいなくなった』が好きな人にもおすすめです。『アイデンティティー』は同じシチュエーションになっています。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました