アリス・イン・ワンダーランド フル動画無料視聴方法

アリス・イン・ワンダーランド
2016年製作/113分/アメリカ 予告動画を検索
美しく成長した19歳のアリスは、白うさぎを追い掛けて大きな穴に落ちてしまう。そこはアンダーランドと呼ばれる不思議の国で、マッドハッターら奇妙な住人たちは、アリスこそが独裁者・赤の女王による支配を終わらせることができる救世主と信じていた。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「アリス・イン・ワンダーランド」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「アリス・イン・ワンダーランド」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「アリス・イン・ワンダーランド」を楽しんでください。

アリス・イン・ワンダーランドの動画配信情報

アリス・イン・ワンダーランドの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXTレンタル31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

アリス・イン・ワンダーランドを配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(34歳・男性)
配信数がダントツで多い
番組数が断トツで多くていいです、洋画、邦画にくわえバラエティーやドキュメンタリーもたくさんあって暇をしません。それからポイントサービスがあり映画館で映画を見ることができていい。
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
U-NEXTは普段から、自分が主に使っている動画配信サービスです。U-NEXTはほかの動画配信サービスとくらべて最新作がすぐに公開されるのでとても良く満足してる
(31歳・女性)
実はお得なU-NEXT!!!
月額料金はNetflixなどと比べて高めですが、毎月ポイントがもらえるので新作映画も実質無料で見られます!また家族で別々のアカウントを作れるのでご家族でシェアしてみてはいかがでしょうか。
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!
(28歳・男性)
幅広い作品数で業界トップクラス
U-NEXTは幅広い作品数と電子書籍も見れてしまうのでとってもおすすめです。新作の作品もすぐに配信されたりするのでその辺もいいですよね。初めての方は31日無料でトライアルもできるのでおすすめです。
(23歳・女性)
ジャンル豊富で見放題はお得
私は色々な動画配信をお試しで利用してきましたが、一番良いと思ったのはU-NEXTです。アニメや音楽、ドラマに映画が豊富でだいたい見たいものが入っているし、およそ3000円で見放題はお得だと思いました。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(44歳・男性)
新作動画が非常に豊富
自分が見たいと思っている動画をいち早く視聴することが出来ます。他の動画配信サービスも利用していますがAmazonPrimeVideoほどコンテンツが充実した動画配信サービスは無いと思います。
(19歳・男性)
有名作品がたくさん見れるサービス
アニメ、洋画、邦画、ドラマなど幅広いジャンルの作品を見ることができる。また、プライム会員になるとビデオだけでなくミュージックや本、買い物までお得に利用することができるのがほかのサービスよりおすすめです
(42歳・女性)
手軽に利用できる動画配信サービス
月会費が安く、Amazonの他サービスが受けられるのが何よりの魅力だと思います。話題の映画などの配信開始も他より早く感じますが、コンテンツによっては追加料金が発生するのがたまにストレスとなります。
(38歳・男性)
運が良ければ話題作が見れる
アマプラは月額500円程度でお手軽なサービスです。他の有料動画配信サービスに比べると、話題作や新作の品揃えが劣るとは思いますが、鬼滅の刃も見れるし、運とタイミング次第で楽しめる。
(49歳・女性)
飽きることもないので、入会して良かった
過去のドラマや映画を見ることができ、比較的他の配信サービスよりも最近公開されたものを見ることができます。最近のものは会費以外に料金が必要ですが...。
(58歳・女性)
海外のドラマがたくさん見られるので良いと思います。
月額500円で海外ドラマや映画が見放題です。ほかの動画配信より安くて、たくさんの作品があるので良いとおもいます。英語の勉強にもなるし、ジョークなども面白いのでお勧めできます。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(38歳・男性)
国内最大級のコンテンツ
取扱いコンテンツの数は国内最大級だと思いますし、動画から書籍まで完結出来るのでとても便利だと思います。また、毎月数枚のクーポンが貰えるのもとてもお得感があります。

アリス・イン・ワンダーランド 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「アリス・イン・ワンダーランド」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

アリス・イン・ワンダーランド 予告動画

映画『アリス・イン・ワンダーランド』予告編

アリス・イン・ワンダーランド 作品情報

薄暗く濁った毒々しくも危険な魅力に溢れた極彩色と、奇妙奇天烈な生き物たちが蠢く摩訶不思議な夢の世界そこはワンダーランド…「今まで有りそうで無かった」ティム・バートン監督&ジョニー・デップ氏の名コンビで描く「不思議の国のアリス」が堂々登場! 出版以来、時折垣間見せる毒々しさと仄めかされる倒錯した艶めかしさで人々を虜にして止まないルイス・キャロル原作の奇妙な世界がティム・バートン監督一流の美的センスでブラッシュアップされており、ファンなれば一度は思い描いたのではないかという世界が「現実」となって描き出されます。 近代エンターテインメントが原点とする物語の一つを磨き直す「挑戦」をご覧あれ。

作品データ

上映時間109分
製作年2010年
製作国アメリカ
原題Alice in Wonderland
配給ディズニー
公式サイト-

アリス・イン・ワンダーランド キャスト・スタッフ

アリス・イン・ワンダーランド あらすじ

「不思議の国のアリス」で描かれた世界の後日譚として物語は始まる。 13年の月日が経ち、かつて少女だったアリス・キングスレーは19歳となっていた。 一人の淑女として結婚を考える年頃となっていたアリスであったが、そんな環境に馴染めない中、ある日開かれたパーティーで予想もしない求婚を受け、錯乱してその場を逃げ出してしまう。 我に返った所で戻るに戻れない事を悟り途方に暮れていると、かつて幼い日に不思議の国へ誘ったウサギと思しき姿を認め、追い掛けるアリス。 鮮明になっていく、かの思い出を辿るように進んで行った先に開けたのは…13年の月日が流れ、荒んでしまった「ワンダーランド」であった。 幼い日に見た夢だと思っていた世界が目の前に広がり、その変わりように驚く間も無く、再び「招かれざる客」となったアリスを巡ってワンダーランドがざわめき出すのであった…。

アリス・イン・ワンダーランド 評価

各映画レビューサイトから「アリス・イン・ワンダーランド 」の評価を集めました。
アリス・イン・ワンダーランド
総合評価★ 3.2

アリス・イン・ワンダーランド 見どころ

ファンなら一度は見たかった?ティム・バートン監督が描く毒々しさを湛えた「ワンダー・ランド」

時計を持って大慌てする白ウサギに喋る鍵穴、ニヤニヤ笑いが空に浮かび、卵男のハンプティ・ダンプティは橋から落ちて大怪我…「不思議の国のアリス」と言えばルイス・キャロルの描いた原典からして、子ども心から生まれた空想が暴走したようなある種の狂気染みた世界として描かれます。 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」や「チャーリーとチョコレート工場」など、おどろおどろしくも繊細で、けばけばしくも美しさを損ねないティム・バートン監督による世界観を一度でも見た事があったなら、何時か実現するのではと思った世界観が見事なスケールで実現した作品となっています。 「~アリス」の再翻案、或いは二次創作と言えるデザイニングとしては、間違い無く最高峰の一角と言える完成度は、文句なしに一見の価値有りと言えるでしょう。

正気と狂気の行き交う姿に驚愕!ジョニー・デップ氏渾身の「マッドハッター」

名コンビによる作品という事もあってか、ジョニー・デップ氏演じる「マッドハッター」の存在感は実質的には主役とも言える準主役という位置づけになっています。 日本語訳においては「いかれ帽子屋」とも呼ばれる彼は、原典において「三月ウサギ」(欧米圏において同じく狂気の代名詞)として描かれる「まともでない」キャラクターです。 本作においても原典へのリスペクトとしてこの「狂気」はもちろん健在、純粋な狂気が一周して正気に見える、という物語における重要な要素を見事に演じきっている姿は、文句なしに「マッドハッター」というキャラクターが新たな姿を得たものとして印象深い完成度となっています。 そのビジュアルと合わせて、作中釘付けになる事間違い無し。

ニューエイジの「めでたしめでたし」?新たな童話とも言えそうな「アリス」の物語

原典からしてアリスという少女は、普通の人間として不思議の国へ迷い込んだ異邦人であり、個性的な登場人物達と比較すればどうあっても目立たない(が故に目立つという事はさておき)キャラクターとなってしまいがち。 本作においても「マッドハッター」という圧倒的存在感を放つ実質主役の横にあって、物語に読み手視点を提供してくれるお飾りなのか…と思わせておいた所で「救世主」という降って湧いたアグレッシブなキャラクターが本作のアリスに与えられる位置づけ。 何と守られる側のヒロインではなく、守る側のヒロイン(?)となってしまう本作のアリスは、まるで王道的な騎士道物語もかくやといった幾多の苦難を経て力強く逞しい女性へと成長を遂げるのです。 この成長ぶりが、シンプルながら表情や目力にどんどん反映されていく様は中々痛快であり「めでたしめでたし」で終わる童話の新しい表現形態として見所と言えるのではないかと感じる次第です。

アリス・イン・ワンダーランド 感想・レビュー

これぞティム・バートン監督作「アリス」という世界観

一人の人間が持つ想像力に立脚し、奇妙で奇怪な世界観をこれでもかと鮮明に描き上げ、世界的な知名度を誇る作品として希有な存在である「不思議の国のアリス」と、まるでその「不思議の国」の何処かから出て来たのではないかと思わせるようなデザインセンスの作品を次々と送り出して来たティム・バートン監督。 両者の存在を知っているならば、これ程までに納得が行き、むしろ無い事が不思議とすら思えた作品世界が遂に世に現われ出でたと言えた作品が本作でした。 その上で、本作に詰め込まれたデザイニングは正に溢れんばかりであり納得の完成度と言えるものばかり。 欲を言うなら「(荒廃前後を含めて)もっと色々な場所を見て回りたい」と思わせるだけのティム・バートン監督流と言える要素が満載された作品となっています。 もちろん同監督のファンならずとも、その濃厚なデザイニングを楽しむ作品として、一見の価値有りと言える仕上がりになっています。

純粋であるが故の狂気と狂気であるが故の純粋

本作において「ワンダーランド」側の主演と言えるのが「マッドハッター」であり、その対となる敵役が原典におけるハートの女王などのキャラクターを踏襲した「赤の女王」という位置づけが描かれます。 片や人々の装いを美しく仕上げる帽子を仕立てれば世に二つと無い美しさを送り出す純粋さを持ちながら、口を開けば何時も珍奇な事を良い、狂っているとしか言えない奇矯な人物と、片や自己を形作る権勢への狂的な執着という純粋性から、国土も人心も荒廃させていくという狂気へ墜ちた人物という、ある種の対称性が見出される関係となっています。 世界を狂わせた狂気と狂った世界の中でも元の狂気を失わないが故の正気という複雑性を演じてみせるジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター両氏の好演は凄みすら感じるものでした。 余談ながら実はこの両氏、同じくティム・バートン監督作品である「スウィーニー・トッド」では夫婦役で共演するなど顔合わせが多いという事実もあったりします。

力強く成長する女性として描かれた「アリス」というキャラクター

物語的な配役として、奇妙な世界を旅する「真っ当な」存在であるアリスは、本来的にはワンダーランドを歩き回る事で読者にその世界を追体験させる「ストーリーテラー」という役割が相当すると言えます。 これは描き方によってキャラクター性が不要となる役割でもあり「ワンダーランドという世界の不可思議さ」を浮き立たせる為であれば、必要性に応じて物語へ干渉しないキャラクターとなる事も有り得ると言えます。 ところが本作では、物語の端緒でこそそのような「前時代的なお飾りとしての女性」像を前面に押し出しながら、ワンダーランドにおいて待望された「救世主」という役割を経て、その在り方を物語へ能動的に組み込まれていく事で、少々かんしゃく持ちの見目麗しい女性から、燃えるような瞳のたくましく歩を進める女性へと変化を遂げていきます。 物語として王道的ながら、こうした女性像を目に見える形ではっきりと描ききった点において、時代性を感じる作品となっているのかもしれません。

アリス・イン・ワンダーランド SNSでの評判は?

Twitterから「アリス・イン・ワンダーランド」の評判をまとめました。

【まとめ】アリス・イン・ワンダーランドの動画を無料で見るなら

ティム・バートン&ジョニー・デップという名コンビの手によって、偉大なる名作の世界観を再構成し、物語の王道として長く愛好されてきた「幾多の困難を乗り越え大きく成長する英雄の物語」というテクストでもって、過去の物語では彷徨い逃げ惑う存在とされた少女が時代を切り開かんと大望を抱くたくましい女性へと己の在り方を見出していく、というパッケージで構成された本作。 看板として頂く両雄の名と確かな手腕によって描き出されたケレン味溢れる世界観に比して、今では「有りがち」とも言われそうな物語構成となっていますが、それこそ20世紀から21世紀初頭00年代にかけて、こうした物語が市民権を得るに至ったという証なのかもしれません。 本作の公開が2010年であるという時代性も合わせて見ると、感慨深い作品となる1本だと言えるでしょう。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました