CUBE フル動画無料視聴方法

CUBE
1997年製作/91分/カナダ 予告動画を検索
ある日突然立方体の連なる空間に閉じ込められた6人の男女。経歴も年齢もバラバラの彼らは、警察官のクエンティンを筆頭に出口を探し始める。だが部屋の中には恐ろしいトラップが仕掛けられており、極限状態に置かれた彼らの精神は次第に追い詰められていく。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「CUBE」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「CUBE」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「CUBE」を楽しんでください。

今日登録すると6月18日まで無料

CUBEの動画配信情報

CUBEの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS未配信30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)未配信30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)定額見放題---880円~Netflix
dTV未配信31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)未配信初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

CUBEを配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
U-NEXTは普段から、自分が主に使っている動画配信サービスです。U-NEXTはほかの動画配信サービスとくらべて最新作がすぐに公開されるのでとても良く満足してる
(33歳・男性)
動画だけじゃない総合エンタメ配信サービス
U-NEXTは他の動画配信サービスと異なり、動画だけでなく雑誌やマンガ、小説(ラノベ含む)まで読むことができるのが最大の特徴です。映画と原作マンガを同時に読むことだってできちゃいます。
(34歳・男性)
配信数がダントツで多い
番組数が断トツで多くていいです、洋画、邦画にくわえバラエティーやドキュメンタリーもたくさんあって暇をしません。それからポイントサービスがあり映画館で映画を見ることができていい。
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。
(34歳・女性)
最新漫画にもつよい!
動画も勿論すごいのですが、漫画が割と最近のものにも強いと思いました。少年少女大人から子供のコミックまで全ジャンル網羅されていると思いました。少し値段が高いかな?と思うこともありますが満足出来ています。
(23歳・女性)
ジャンル豊富で見放題はお得
私は色々な動画配信をお試しで利用してきましたが、一番良いと思ったのはU-NEXTです。アニメや音楽、ドラマに映画が豊富でだいたい見たいものが入っているし、およそ3000円で見放題はお得だと思いました。

Netflix

Netflix(ネットフリックス)
無料期間-
入会特典-
配信数-
月額料金880円~
ダウンロード
同時再生可能端末数4
Netflix 利用者の口コミ
(24歳・男性)
動画配信サービスのゼウス
みなさんご存じのNetflixは動画配信のゼウスともいうべき最高のサービスです。有名作品をたくさん見ることができるのももちろんですが、なんといってもオリジナル作品の質が高すぎます。
(29歳・女性)
世界中に認められた映像作品の宝庫!
Netflixは「全裸監督」「梨泰院クラス」「愛の不時着」などオリジナルの作品がかなり多く、見応え抜群です。テレビでは放送しづらい作品にも挑戦してくれるので重宝しています。今後の作品にも期待です。
(34歳・男性)
これからのスタンダード
対応プラットフォームが多く、ダウンロードでのオフライン再生やイントロスキップ機能がすごく便利。日本語吹き替えに対応している作品数も多く、オリジナル作品のクオリティが高い。
(61歳・女性)
新しい韓国ドラマが配信される
韓国ドラマを見始めて15~16年になります。昨年、話題の「愛の不時着」が見たくて加入しました。ひと月の視聴料金がそれまで加入していた所より安く、オリジナルドラマの配信があり大変満足しています。
(23歳・女性)
動画を待たなくて早く見れるサービス
動画のデメリットは映像が止まって待たないといけないことです。それが一番ないのがネットフリックスです。他のサービスでは止まったり待たないといけないのにこれはストレスなく見れるので快適だと思います。
(45歳・女性)
ドラマや映画好きにはおススメの動画配信サービス
私は昔から韓国ドラマや海外ドラマを見ていました。動画配信サービスの利用を始めてから定額料金で韓国ドラマや海外ドラマをたくさん見ることが出来るので節約にもなるし助かっています。

CUBE 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「CUBE」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

CUBE 予告動画

キューブ(字幕版)

CUBE 作品情報

監督のヴィンチェンゾ・ナタリは「JM」の絵コンテ、アニメーションなどを経て、短編映画「ELEVATED」を撮り、本作「CUBE」が長編デビュー作となります。そしてナタリ監督を、資金、スタッフの面で全面的にバックアップしたのが、カナディアン・フィルムセンターです。ここはアメリカン・フィルム・インスティチュートをモデルに作られた機関で、クリエイターを育て、世界に排出しようとしています。こういったサポートのもと制作された「CUBE」は各国の映画祭で賞を受賞。特にサンダンス映画祭で評価されたことがブレイクのきっかけになりました。カナディアン・フィルムセンターの目論見通り、監督のみならずカナダ映画の世界的認知度にも本作は貢献しました。

作品データ

上映時間91分
製作年1997年
製作国カナダ
原題Cube
配給クロックワークス
ポニーキャニオン
公式サイト-

CUBE キャスト・スタッフ

CUBE あらすじ

見たこともない立方体の部屋で目覚める男女6人。全員どうやってココへ来たのか、何故ココにいるのかが分かりません。6人に共通しているのは目覚めたらココにいたという事だけ。この立方体の部屋には、上下左右前後6面全てに小さなハッチが付いており、そこを通って別の立方体の部屋に移動することが出来ました。6人は外へ通じる出口を目指して部屋から部屋へと移動します。しかし、それぞれの部屋にはトラップが仕掛けられており、それは容易に人の命を奪うものでした。その恐怖、ストレス、6人は極限状態の中、協力し、時に反目し合いながらも出口を捜します。やがてハッチには数字が書かれたプレートが張られている事に気が付きます。これが何か脱出の手がかりなのではと考え、ある仮説を立て検証をしてみることに…

CUBE 評価

各映画レビューサイトから「CUBE 」の評価を集めました。
CUBE
総合評価★ 3.6

CUBE 見どころ

美しい立方体

この映画の胆である立方体の部屋。その壁に注目していただきたい。全面を基盤をモチーフにしたような幾何学模様のデザインで覆い、無機質なのに有機物の体内にいるようなイメージを抱かせます。その模様を部屋によって赤・白・青・緑・茶色のカラーパネルが浮き立たせています。デザイン化された模様は物語の背景にある「何か」を連想させる役割を果たし、時にステンドグラスや切り絵ように美しく、時に檻のように冷たく映ります。監督が美術畑の出であることを考えますと、この模様とハッチのデザインには結構拘ったのではないでしょうか。ただ、模様に謎を解くカギが隠されているとか、パネルの色に法則があるだとかそういった深い意味は何も無さそうです…いや、あるのかも知れませんが謎のままです。

トラップはイタズラ

物語の冒頭で見せるワイヤートラップが最も衝撃的でビックリです。わずか数分しかないこの場面ひとつで、観る者を理不尽な「CUBE」の世界に引きずり込む事に成功していると思います。このトラップを筆頭に全てのトラップが意外とアナログ感あるものばかりで、どこかオモチャ的なのです。基本的に子供が考えそうなものばかりで、これは意図的にそうしたとしか思えません。トラップ部屋も感覚的には部屋というよりは箱のイメージ。子供のオモチャ、箱、そこから連想するのはビックリ箱。そういった子供的な発想が背景にチラつくのです。子供はともすれば残酷な生き物、この立方体の集まりは無邪気な発想で考えられ、悪意を持って作られた壮大なイタズラに見えるのです。

キャラ設定

6人には役割があって箱に集められたのだと考えます。それぞれに職業の設定や得意分野があり、それが作中で語られていることからも分かります。これはまるでテレビゲームのキャラ設定です。6人が役割を(設定を)全う出来れば誰も死なずにクリア(脱出)が可能なテレビゲーム。しかし集められた人間はそんな事知りませんし、何より職業や得意分野というスペックの前に、それぞれに性格があり、喜怒哀楽の感情を持った生身の人間であり、0か1かのデジタルなキャラではありません。上辺のスペック通りの働きを必ずしもするとは限らない人間らしさがあります。しかし、その人間らしい不確定要素が皮肉にもゲームクリア(脱出)を困難にさせていくのです。我々観客からすれば見ていて歯がゆく、じれったく感じますが、それこそがまさに「放置ゲーム」をプレイする感覚。実は本作の大きな魅力なのだと思います。

CUBE 感想・レビュー

低予算だからこそ生まれた名作

大きなスポンサーありきの制作ではなく、カナダ政府、つまり公的予算を多少なりともお借りしての制作だった事からも分かるように、ごく限られた低予算で作られた映画です。ワンセットだけで手を変え、品を変え世界を構築させていったアイデアはやはり秀逸と言わざるを得ません。役者もわずかに7人です。並々ならぬ監督の熱量を作品から感じるのは、そういった裏事情があるからかも知れません。結果的に低予算でも作れるこのアイデア(ワンシチュエーション)は沢山の類似品を生み出すことになり、B級サスペンススリラーの歴史に新しい方向性(ジャンル)を確立させたのではないかなと、個人的にですがそう感じます。

謎は謎のままに

本作が公開されて何年かした後に謎を解明した続編(時代設定は本作より前)が公開されましたが、それらは本作とは関係がないと思って、本作をあくまで単体として扱った方が謎が謎のままでいつまでも余韻を楽しめます。謎は知ってしまえば「なぁんだ」で、そこで終わってしまいますし、何より蛇足でしょう。同じような理由で、数式の粗だったり、そこまで考えなくても直ぐに答えの数字が分かるでしょ?といったツッコミも、気持ちは分からないではありませんが、しない方が精神的によろしいでしょう。何故?誰が何のために?ゲームをクリアした後は何処へ?など、これら全部が謎のままだからこそ、いつまでも語られる後引き映画となっているのだと思います。知的欲求を刺激するだけして答えを教えない、斬新な部分もありながらB級ホラーの王道を踏襲しているのです。

ソフトスリラー

これだけ世界中でプチブレイク出来たのはアイデアが秀逸だったからで、残酷さやショック度が飛びぬけていたからではありません。むしろ本作はそういった要素は少なめでソフトです。血がバッシャバシャ出るようなシーンはほとんどありません。ソッチ系をお望みの方は期待して見ると拍子抜けすると思います。残酷性で観る者を引き付けるのではなく、謎の立方体が醸し出す得体の知れない恐怖と、時間経過や環境変化で壊れていく人間の弱さ、脆さ、崩壊していく人間関係が生み出す緊張感、それが観る者を引き付けているのだと感じます。恐ろしい殺人鬼が居なくても、画面が特に何も変わらなくても、緊張の糸はラストまで揺らぎもしませんからスゴイです。

CUBE SNSでの評判は?

Twitterから「CUBE」の評判をまとめました。

【まとめ】CUBEの動画を無料で見るなら

狭く閉ざされた空間が世界の全てである本作は、まるで水槽や虫かごの中にいる生物を観察して見ているような感覚に陥ります。映画なんて大体そんなもんでしょと言われそうですが、少し感覚が違うのです。俯瞰で物語を追いかけている感じではないのです。やはり観察の感覚に近い気がします。それはつまり、本作でいえばこの立方体を作り、人間を攫って来て閉じ込めた人物の目線になっているという事です。キャラクター(被害者)目線だったつもりが、実は加害者(ゲームマスターであり観察者)目線だったという事ですね。そう思わせているのは間違いなく舞台である立方体です。虫かごであり、ビックリ箱であり、箱庭。「CUBE」はゲームを作った黒幕をバーチャル体験する映画なのかも知れません。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
今日登録すると6月18日まで無料
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました