この世界の片隅に フル動画無料視聴方法

この世界の片隅に
2016年製作/126分/日本 予告動画を検索
昭和19年、絵を描くことが好きなすずは海軍の街・呉に嫁ぐ。見知らぬ土地に戸惑いながらも、一家の日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。そして、昭和20年の夏がやってきた。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「この世界の片隅に」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「この世界の片隅に」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「この世界の片隅に」を楽しんでください。

この世界の片隅にの動画配信情報

この世界の片隅にの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCAS定額見放題30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)定額見放題30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FODレンタル2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)定額見放題---880円~Netflix
dTVレンタル31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)レンタル2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jp未配信30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

この世界の片隅にを配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。
(34歳・男性)
配信数がダントツで多い
番組数が断トツで多くていいです、洋画、邦画にくわえバラエティーやドキュメンタリーもたくさんあって暇をしません。それからポイントサービスがあり映画館で映画を見ることができていい。
(25歳・男性)
動画の種類が豊富にある!
U-NEXTは今まで使ってきた動画配信サービスの中で、動画が1番多いように感じます。他と比べると月額は少し高めです。邦画や韓国ドラマが好きな人にはオススメです!
(28歳・男性)
幅広い作品数で業界トップクラス
U-NEXTは幅広い作品数と電子書籍も見れてしまうのでとってもおすすめです。新作の作品もすぐに配信されたりするのでその辺もいいですよね。初めての方は31日無料でトライアルもできるのでおすすめです。
(22歳・女性)
アニメ・映画の種類が豊富
他サイトに比べて種類が豊富で、さらにアニメや映画のみではなくバラエティやライブ映像、漫画なども読めるためこれ一つで大満足です。ただその分月額利用料が少し高いのがデメリット。
(23歳・女性)
ジャンル豊富で見放題はお得
私は色々な動画配信をお試しで利用してきましたが、一番良いと思ったのはU-NEXTです。アニメや音楽、ドラマに映画が豊富でだいたい見たいものが入っているし、およそ3000円で見放題はお得だと思いました。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(35歳・女性)
通販の巨人が映画も自宅に届けてくれるサービス
洋画が好きなので、ラインナップと利用料には概ね満足しています。ですが、PC以外から見ると「視聴オプション」の切替が分かりにくいので、初めて観る方は注意が必要かと思います。
(40歳・女性)
プライム会員特典だと思えば、安いもの
作品数が充実しているとはいえません。ただ、「プライム会員」の特典の一つとして利用するなら安価だし満足できると思います。Amazon originalのドラマや映画で、結構おもしろいのありますよ。
(30歳・女性)
どこでも誰とでも見れる
スマホはもちろん接続端末があればテレビでも見れます。長編映画から短編ドラマ・バラエティまで種類が豊富で低価格でとてもコスパが良いと思います。普段見ない韓国ドラマも挑戦しましたが、とても面白かったです!
(42歳・女性)
手軽に利用できる動画配信サービス
月会費が安く、Amazonの他サービスが受けられるのが何よりの魅力だと思います。話題の映画などの配信開始も他より早く感じますが、コンテンツによっては追加料金が発生するのがたまにストレスとなります。
(39歳・男性)
AmazonPrimeの特典の一つと割り切って使えばとてもお得
他の動画配信サービスと比べると作品数は少なめで、見放題作品は若干古く、新作はレンタルが多いです。それでも話題作や有名作品は一通り揃っています。また、オリジナル作品のクオリティーも高いです。
(36歳・女性)
お得感があるサービス
アマゾンプライム会員なら見れて、お得感があるサービスだと思います。オリジナルもあるし、アマゾンを使う人ならちょっと毎月払うだけで動画も見れ、配送も優遇されたりして、お得です。

FODプレミアム

FOD
無料期間2週間
入会特典100ポイント
配信数50,000本~
月額料金976円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
FODプレミアム 利用者の口コミ
(31歳・女性)
フジテレビドラマ見放題
フジテレビ制作の滅多に再放送されない名作ドラマがここでは見られます。年代ごとに分かれているので検索もしやすいです。フジテレビ全盛期の作品を楽しんでみてください。
(39歳・男性)
今と昔のドラマが楽しめる
90年代に大流行した東京ラブストーリーや101回目のプロポーズ、ビーチボーイズなどの作品が充実。その当時学生や社会人だった方は記憶が蘇って涙腺崩壊してしまうかも。またフジテレビのドッキリ番組も注目。
(38歳・男性)
関東ローカルが観れます
関東ローカルでしか観れないドラマやアニメなどが観れるので、関東以外に住んでいる人にとってはありがたいですし、ポイントで漫画も読めるので、コンテンツは豊富だと思います。
(26歳・男性)
フジテレビの作品が好きならばおすすめ
フジテレビの放送番組に限られているというのが良さです。人によっては物足りないかも知れませんがフジの作品が好きならばおすすめです。他では放送されてない番組多めなのでそこがおすすめです。
(50歳・男性)
見逃したドラマが一気観出来る醍醐味が!
家族が観ていたドラマを途中から観ることになり、気がつけば自分が思いっきりハマっていました。CMなしの一気観することで、久しぶりにドラマを堪能した感じと満足感でした。
(26歳・男性)
フジテレビ系列の映像作品が閲覧できるサービス
フジテレビ系列のドラマが見放題かつ、120種類以上の雑誌や漫画を読むことができるので、コンテンツが充実している。しかし、作品をダウンロードすることができないので、通勤や通学中の閲覧には向いていない。

Netflix

Netflix(ネットフリックス)
無料期間-
入会特典-
配信数-
月額料金880円~
ダウンロード
同時再生可能端末数4
Netflix 利用者の口コミ
(23歳・女性)
動画を待たなくて早く見れるサービス
動画のデメリットは映像が止まって待たないといけないことです。それが一番ないのがネットフリックスです。他のサービスでは止まったり待たないといけないのにこれはストレスなく見れるので快適だと思います。
(25歳・男性)
海外のドラマが多い!
Netflixは海外のドラマが多いので、洋画など好きな人にオススメです。そしてNetflix限定の動画も多いのが嬉しいです。5人まで登録できるので、月額は安いほうだと思います!
(61歳・女性)
新しい韓国ドラマが配信される
韓国ドラマを見始めて15~16年になります。昨年、話題の「愛の不時着」が見たくて加入しました。ひと月の視聴料金がそれまで加入していた所より安く、オリジナルドラマの配信があり大変満足しています。
(24歳・女性)
新たな『好き』が見つかる!
ドラマや映画が好きで数々のサブスクリプションサービスを利用してきましたが、現在登録しているのはNetflixのみです。種類や数はもちろん、おすすめ欄も適切で次から次へと見てしまいます。
(22歳・女性)
オリジナルも充実の種類豊富な動画配信サービス
とにかく動画の種類が多いと感じる。映画やドラマ、アニメなど話題作から名作まで種類が豊富。何よりNetflixオリジナル作品も充実しており多種多様なジャンルの作品が味わえるのが魅力!
(29歳・女性)
世界中に認められた映像作品の宝庫!
Netflixは「全裸監督」「梨泰院クラス」「愛の不時着」などオリジナルの作品がかなり多く、見応え抜群です。テレビでは放送しづらい作品にも挑戦してくれるので重宝しています。今後の作品にも期待です。

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(58歳・男性)
古いドラマが多いのが多いのでイマイチ
"ドコモの携帯を買うときにつけられたので、見ましたが、あまりいいドラマや映画はなかったです。もう少し頑張ってほしいと思います。dアニメがヒットしてるのは、内容が良いのが理由です。"
(38歳・男性)
コストパフォーマンスは最高
月額料金550円という安さでコストパフォーマンスは最高だと思いますし、スマホアプリがとても使いやすいので大変助かります。また、ジャンルもかなり豊富にあるのでとても楽しめます。
(32歳・女性)
定期的なログインが面倒
動画配信自体は良いが、定期的に勝手にログアウトされて、その都度ログインが必要。firestick等もログアウトされるのでその度にログインが必要になるので面倒くさい。
(36歳・女性)
月額550円で国内外の映画、ドラマ、アニメなどが見放題のサービスです。
義母が韓国ドラマにハマっていて、ドロドロ系からラブコメ系まで色々あり楽しんでいます。アニメはアンパンマンやおさるのジョージなど、子供が好きなものが色々あり家事の合間に見てくれるので助かってます。
(37歳・男性)
Amazonプライムビデオの次はこれ
月額550円とAmazonプライムビデオに迫る安さで、Amazonプライムビデオで見るものが無くなった方にお勧め。また、意外と古いアニメに強く、他では見れないものが見れることも。
(33歳・女性)
かゆいところに手が届く動画配信サービス
"別の配信サービスにも登録しているのですが、そちらでは見ることができない映画などが多く、かゆいところに手が届く動画配信サービスだなと感じました。オリジナルのバラエティやドラマなどもありそれも面白いです"

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

Paravi

Paravi(パラビ)
無料期間2週間
入会特典-
配信数10,000本~
月額料金1,017円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
Paravi 利用者の口コミ
(39歳・女性)
国内ドラマが充実している
観たいドラマや映画がたくさんあり、無料期間を経てそのまま継続して契約中です。特に国内ドラマが種類豊富で、「MIU404」のディレクターズカット版などParaviにしかないものもあります。
(38歳・男性)
ドラマのラインナップは最高
ドラマのラインナップは国内随一と言えると思いますし、ドラマ好きにはこれ以上ないサービスだと思います。また、放送中のドラマやバラエティー番組の見逃し配信もあるので助かります。
(37歳・男性)
ドラマから映画まで豊富なコンテンツあるサービスだと思います
パラビを利用したの、見たいドラマを繰り返し見たいし。スピンオフなども良いですね。家に居る時間増えたので。家に居ても出来る事はあるなと痛感しました。いいものは使いたいですね
(25歳・女性)
最新のドラマがすぐに見れる!
Paraviは最新のドラマの配信がとても早いです!最新の日本のドラマがとても多いので、好きな人にはオススメです。バラエティ好きの人にも良いとおもいます。月額も安めで、使いやすいです!
(50歳・男性)
動画を探しているだけでも
最初は娘に頼まれて契約したのですが、動画を探しているだけでも楽しくなり、気がつけば娘より動画を観ている時間が圧倒的に長くなり、睡眠時間を減らしても、まだまだ時間が足りません。

この世界の片隅に 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「この世界の片隅に」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

この世界の片隅に 予告動画

映画『この世界の片隅に』予告編

この世界の片隅に 作品情報

「この世界の片隅に」は、2016年公開、片渕須直監督・脚本による、MAPPA製作の長編アニメーション映画です。 原作は、広島県西区出身の漫画家、こうの史代による同名漫画であり、原作に忠実な独特の手書き風水彩画タッチで、細部まで非常に細かく描かれています。 一見ホノボノ、実は入念でパワフルな画力は、太平戦争末期の地方都市とその周辺における女性達の日常と戦争による被害を描いています。 歴史的・民俗学的考証も入念に裏付けされたレベルの高い作品です。 製作資金をクラウドファンディングで調達するなど、多くの一般協力者の力添えを得て公開に至った、人々の思いが込められている新しいタイプの戦争映画です。 日本アカデミー賞及び国内外の受賞歴多数名作です。

作品データ

上映時間126分
製作年2016年
製作国日本
原題-
配給東京テアトル
公式サイト映画『この世界の片隅に』公式サイト

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞 2017年

受賞優秀アニメーション作品賞

この世界の片隅に キャスト・スタッフ

この世界の片隅に あらすじ

主人公浦野すずは、ぼうっとしたたち、幼い頃から絵が上手く、裁縫や料理が得意な女の子。 9才の時に、広島の自宅から海苔を料亭へ届ける途中、バケモノの人買いにさらわれ籠の中に放り込まれますが、そこで少年と出会います。 少年の機転で脱出後、妹に「鬼イちゃん」として絵を描いて話します。 すずは想像力も豊かで、屋根裏に住む少女を座敷童と信じます。 18才のすずに、呉の北條家から縁談が来て嫁ぐことになりました。 夫となる周作は、バケモノの籠の中で出会った少年でした。 新婚生活は両親に加え未亡人で出戻りの姉とその娘という難しい家族関係ながら、すずが憲兵に軍艦スケッチを咎められた経緯から急速に親密度が増していきます。 幼馴染の水兵となった水原がすずを訪ねてきました。 水原とすずの様子を見た周作は、故意に鍵をかけて締め出すと二人きりにさせます。 怒ったすずは周作への愛を自覚しますが、激しい戦禍はすぐそこにまで迫っていました。

この世界の片隅に 評価

各映画レビューサイトから「この世界の片隅に 」の評価を集めました。
この世界の片隅に
総合評価★ 4.1

この世界の片隅に 見どころ

やわらかい水彩風な画風

日本のアニメ作品は素晴らしい反面、一目で分かるような作画類似があげられます。 キャラクターやストーリーの違いこそあれ、詳しい見慣れた人でないと皆同じ2~3箇所のスタジオで製作された作品と思える位に似通っています。 「この世界の片隅に」は、原作者の画風もかなりオリジナリティのある絵ですが、アニメ化してもその印象は変わっていません。 顔や手足の大きいバランスは、どこか竹久夢二のような和モダンなシルエットを感じさせながら、全体の雰囲気は日本の昔話の挿絵を彷彿させるものです。 色使いも色彩が豊かな水彩や水彩色鉛筆風の手書きタッチが新鮮です。 フランスの画家フラゴナールの絵を日本昔話風の漫画にしたら、こういう雰囲気になるのではと思える色や線です。

前半のホノボノ・ラブストーリーと民俗学的考証

第二次世界大戦末期ながら、大都市より空襲を免れていた広島市や呉市の日常的な生活が、田舎っぽくホノボノと描かれているうえに、この物語の主人公であるすずはまだ新婚。 幼馴染の水原のことが好きで、水原もまたそうであったのに、普通に縁談がきて嫁いで行きます。 すずは、縁談の相手が水原だと思っていたりと、らしい反応。 嫁入り前のすずが祖母から聞かされる、民族学的な傘問答(初夜の誘い)などが取り上げられ、それとなくエロスも描かれています。 水兵となった水原がすずを訪ねてくると、周作はすずに行灯を届けるように申し付けて鍵をかけ、水原と二人きりにさせます。 想いを遂げようとする水原に対し、もっと早くこうなればよかったと変わらぬ思いを口にしながら、周作に対する怒りをぶちまけ、結果として水原を踏みとどまらせしまい、ホノボノな笑い。 夫婦はこんなもんなのかと、犬も食わぬ夫婦喧嘩をあたりかまわず繰り広げ、駅員からも、今すぐしなければならない喧嘩かとたしなめられるシーンもホノボノです。 そのほか、すずの得意な絵や裁縫、料理のシーンがふんだんにあり、物資の乏しいなかでの工夫も見どころとなっています。

後半は、女性側に立った戦争と原爆

後半は、一転して戦禍が迫り、戦争被害のストーリーがメインとなります。 この映画では、これまでの戦争映画が、男性や少年目線で描かれたものであったことに気付かされることがあります。 同じ戦争映画のなかでも、広島の原爆に関する惨禍は凄惨きわまりないことを、理解していても認識を新たにさせられてしまいます。 すずは、呉に嫁いだことにより、広島の被ばくは逃れてもその後の空爆により、右手と幼い義姉の子の命が奪われてしまいます。 終盤の養子となる戦争孤児のエピソードも、戦争で国に残された女性達に起きた悲劇を描いています。 楽しむことはできませんが、戦争を知らない人(特に女性)には見せておくべきことが描かれています。 この世界の片隅にの見どころをまとめました。

この世界の片隅に 感想・レビュー

後半は楽しめないのを覚悟

「この世界の片隅に」の主人公すずが、それこそ世界の片隅に生きているような、家庭的で一般的な女性であることから、これまでの多くの戦争映画が、男性や少年目線で描かれたものであったことに気付かされます。 後半は、一転して原爆ストーリーとなるため、基本的に楽しめる内容ではありません。 前半の内容が、すずの絵や裁縫、料理にまつわるホノボノストーリーが多かっただけに、女性として身近に感じるうえ、自分も絵を描くことから、右腕が失われる展開は楽しめるような内容ではなかったです。 予告映像は、もっぱらホノボノとした田舎の景色や雑草料理のため、舞台は広島と知らず、絵が綺麗な、戦時中の生活の知恵が見どころの映画と勘違いして視聴すると、トラウマ化する人も出るかも知れません。

感心して、笑えるホノボノ

全編を通じてすずのボケ、または突っ込みがさり気なくてクスリと笑えます。 製作者側が、観ていて結婚したくなるように描いた、というのもうなづけます。 絵を描いていると、どうしてもどこか隅の方や強弱関係で力を抜いてサッと流している部分があるものですが、この作品では入念に描き込まれており、二時間余りの作品をちょっとでも早送りで観ることができないくらいです。 会話に関しても、流石お笑いスターを産んだ広島だと思います。 ぼんやりボソッとしたずずの細かい突っ込みや、原爆で息子を亡くした女性達の、塩分がもったいないからもう泣かないと言うようなくだりです。 気持ちは同じでも、関東にはない文化の違いに感心させられました。

ところどころ不明な部分あり

色街で出会ったりんは、その昔すずの実家の屋根裏にいた座敷童でした。 冒頭ではこうした座敷童もどきや人さらいのバケモノが出てくるため、てっきり民俗学的な怪奇も盛り込まれたホラーファンタジーの戦争映画かと思いきや、そうではないです。 しかし、唯一バケモノの人さらいである「鬼イちゃん」は、正体が分からずじまいでした。 水原とすずはお似合いで相思相愛であったことから、バケモノが取り持つ縁がなければ周作と結婚まで至らなかったと思われますが、再びすれ違うということは、妄想でもバケモノでもなく、広島地方特有の伝説の存在(ヒバゴン)に似た、珍品を扱う山男なのかもしれません。 この世界の片隅にの感想・レビューをまとめました。

戦時下をたくましく生きた女性の物語

(36歳・男性)
太平洋戦争の時代が舞台のアニメで一人の若い女性がたくましく生き抜く物語です。戦争アニメといえば悲惨に描かれている作品が多いのですが、この映画は反戦を叫ばずに、主人公のすずが、ただひたすら終戦まで生き抜く姿に感動しました。時代考証もよくできていて当時の暮らしがよくわかります。

この世界の片隅に SNSでの評判は?

Twitterから「この世界の片隅に」の評判をまとめました。

【まとめ】この世界の片隅にの動画を無料で見るなら

冒頭の広島の海や山の景色を見て、当初、同じ日本人ながら生まれ育った環境や地域的に距離があり違い過ぎるのか、懐かしいとか郷愁が全き感じられず、映画の世界観に同感できるかどうか不安を感じました。 街の風景も、昭和と言うより大正時代の印象を受けました。 ところが、観始めるとどんどん引き込まれていき、凄い…という感じです。 娯楽映画と一緒でよいので、子供には一度見せておいた方が良いと思いました。 「この世界の片隅に」は、人に勧められる名作です。 しかし、ビヨーク主演の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と似ています。 こちらは、人に勧められない名作です。 同じことを思った人がいたらしく、既にブログで公開されており恐縮ですが、直感的に自分もそう思いました。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました