去年の冬、きみと別れ フル動画無料視聴方法

去年の冬、きみと別れ
2018年製作/118分/日本 予告動画を検索
出典:
サービス無料視聴無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
結論
「去年の冬、きみと別れ」は、TSUTAYA TV/DISCASの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いTSUTAYA TV/DISCASがおすすめです。

現在TSUTAYA TV/DISCASでは、「去年の冬、きみと別れ」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「去年の冬、きみと別れ」を楽しんでください。

去年の冬、きみと別れの動画配信情報

去年の冬、きみと別れの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT未配信31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)定額見放題---880円~Netflix
dTV定額見放題31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオレンタル14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

去年の冬、きみと別れを配信中の動画配信サービスの詳細

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(27歳・女性)
他のサービスのおまけでついてきた感覚
アマゾンでのショッピングをよく使うので、プライム会員になったおまけという感覚です。自宅のWi-Fiでビデオをダウンロードし、外出先で通信料をかけずにみられるのがとても助かります。
(39歳・男性)
ダウンタウン松本人志の秀逸番組が見れる
映画やアニメなど豊富なラインナップの中で最も注目すべきは松本人志のドキュメンタル。地上波ではここまでできないであろう事、この人ずっとでてるなとか笑いが盛り沢山です。
(51歳・女性)
動画以外のサービスも盛沢山
値段の割にとても多くの無料作品が観れると思います。YouTubeみたいに広告が入らないのも良いです。Amazonプライムビデオだけで元が取れるのに、買い物とか他のサービスも沢山利用出来てお得です。
(38歳・男性)
まとめてダウンロードは便利
シーズン毎に分かれている長編ドラマをまとめてダウンロード出来るので使い勝手はとても良いですし、アニメなど子供向けコンテンツが豊富なので家族揃って楽しめるサービスだと思います。
(29歳・男性)
便利で楽ちんで安心感がある
結構な動画が無料で見れる。アプリで簡単に視聴できるのとアレクサと連動して簡単にテレビでも見れる。デメリットは見たいやつがたまに、プライムじゃないやつで追加でお支払いが必要である点。
(39歳・男性)
AmazonPrimeの特典の一つと割り切って使えばとてもお得
他の動画配信サービスと比べると作品数は少なめで、見放題作品は若干古く、新作はレンタルが多いです。それでも話題作や有名作品は一通り揃っています。また、オリジナル作品のクオリティーも高いです。

Netflix

Netflix(ネットフリックス)
無料期間-
入会特典-
配信数-
月額料金880円~
ダウンロード
同時再生可能端末数4
Netflix 利用者の口コミ
(38歳・男性)
オリジナルコンテンツが豊富
オリジナルコンテンツがかなり豊富にありますし、どれもとてもクオリティの高い作品ばかりなので非常に楽しめます。また、タイトルやオープニングを飛ばせるスキップ機能もあり使いやすいです。
(41歳・女性)
オリジナル作品が豊富
オリジナル作品が豊富で、映画と見劣りしないほどのコンテンツが多数用意されています。日本の作品はあまり多いとは言えませんが、料金プランが複数用意されていて、自分に合ったプランを選択できます。
(27歳・女性)
レンタルビデオを探す代わりに使うと良い
2000年代以降の名作が多く揃っているので、レンタルビデオ屋の代わりに良いです。毎月800円ほどの利用料がかかるので、最新のアニメを追うだけなら、もっとコスパの良い配信サービスがありそうです。
(24歳・女性)
新たな『好き』が見つかる!
ドラマや映画が好きで数々のサブスクリプションサービスを利用してきましたが、現在登録しているのはNetflixのみです。種類や数はもちろん、おすすめ欄も適切で次から次へと見てしまいます。
(24歳・男性)
動画配信サービスのゼウス
みなさんご存じのNetflixは動画配信のゼウスともいうべき最高のサービスです。有名作品をたくさん見ることができるのももちろんですが、なんといってもオリジナル作品の質が高すぎます。
(43歳・女性)
洋画好きには良い!!
Netflixオリジナルの話題作も多く、海外メディアついていけるのは嬉しい。しかし韓国系映画やドラマ、海外のライブ映像はもう少し欲しい。また観たいものの為に複数契約するにはNetflixは高い気が。

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(33歳・女性)
思ってたよりも作品が少ない
見たい動画の検索や視聴中など、操作は簡単で便利です。ただし、無料視聴出来る動画の種類は少ないです。少しマイナーな物が多いかなと感じます。メジャーなやつは有料レンタルで見る事は出来ます。
(42歳・女性)
作品数が多く、見たいコンテンツが必ず見つかる
低料金なのに作品数が多く、かなりコスパのいい動画配信サービスです。作品の入れ替わりペースが早いので、次はなにを見ようかといつもワクワクさせてくれ、飽きがこないのがいいですね。
(37歳・男性)
Amazonプライムビデオの次はこれ
月額550円とAmazonプライムビデオに迫る安さで、Amazonプライムビデオで見るものが無くなった方にお勧め。また、意外と古いアニメに強く、他では見れないものが見れることも。
(32歳・女性)
定期的なログインが面倒
動画配信自体は良いが、定期的に勝手にログアウトされて、その都度ログインが必要。firestick等もログアウトされるのでその度にログインが必要になるので面倒くさい。
(36歳・女性)
月額550円で国内外の映画、ドラマ、アニメなどが見放題のサービスです。
義母が韓国ドラマにハマっていて、ドロドロ系からラブコメ系まで色々あり楽しんでいます。アニメはアンパンマンやおさるのジョージなど、子供が好きなものが色々あり家事の合間に見てくれるので助かってます。
(38歳・女性)
コスパ良く使い勝手が良い
月額550円という驚きの価格でサービスが受けられます。コスパ最高です。作品数もある程度はありますし、新規作品追加も頻繁にあります。またダウンロード機能があるので、とても便利です。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

クランクイン!ビデオ

クランクインビデオ
無料期間14日間
入会特典1,000ポイント
配信数1,000本~
月額料金990円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
クランクイン!ビデオ 利用者の口コミ
(38歳・男性)
漫画のコンテンツは豊富
スマホのキャリア決算に対応しているので、スマホ代金と合算払いができ便利ですし、動画だけでなく15万作品の漫画も配信されているので、コンテンツはとても豊富でした。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(38歳・男性)
国内最大級のコンテンツ
取扱いコンテンツの数は国内最大級だと思いますし、動画から書籍まで完結出来るのでとても便利だと思います。また、毎月数枚のクーポンが貰えるのもとてもお得感があります。

去年の冬、きみと別れ 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「去年の冬、きみと別れ」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

去年の冬、きみと別れ 予告動画

映画『去年の冬、きみと別れ』本予告【HD】2018年3月10日(土)公開

去年の冬、きみと別れ 作品情報

映画「去年の冬、きみと別れ」は2018年の3月10日に劇場公開されている、瀧本智行監督によるミステリードラマです。雫井脩介による本格派の警察小説「犯人に告ぐ」から、映像化不可能とまで言われていた伊坂幸太郎のベストセラー「グラスホッパー」まで。推理小説やサスペンスものの実写化には定評がある、個性派の映画作家がメガホンを取りました。芥川賞作家・中村文則によって2013年9月26日に幻冬舎から刊行された、第11回本屋大賞ノミネート作品がもとになっています。主題歌の「never」を歌うのは人気の音楽ユニット・m-flo、劇中歌として採用されているのはエミリー・キャロラインの懐かしのナンバー「Make You Feel My Love」です。疑惑のカメラマンと熱きジャーナリストととの、虚実相見える駆け引きが映し出されていきます。

作品データ

上映時間118分
製作年2018年
製作国日本
原題-
配給ワーナー・ブラザース映画
公式サイト映画『去年の冬、きみと別れ』公式サイト

去年の冬、きみと別れ キャスト・スタッフ

去年の冬、きみと別れ あらすじ

新進気鋭のルポライターとして活躍を続けている耶雲恭介は、プライベートでもフィアンセの松田百合子との結婚を間近に控えて忙しくも順調な日々の生活を送っていました。ある時に盲目で美しい女性が謎めいた焼死を遂げるという、センセーショナルな事件が発生します。真犯人の一大スクープを狙って意気込む耶雲が狙いを定めた相手は、天才的な才能を秘めたひとりのカメラマン・木原坂雄大です。雄大はかつて猟奇的な殺人事件の重要参考人として取り調べを受けながらも、嫌疑不十分で釈放されて逮捕には至っていません。事故として処理された過去の事件と自分が今現在取材している凄惨な事件との間に、奇妙な共通点が隠されていることに耶雲は気付き始めていきます。執拗な追求にも動じることなく言葉巧みにかわす雄大に、次第に耶雲の方が精神的に追い詰められていくのでした。

去年の冬、きみと別れ 評価

各映画レビューサイトから「去年の冬、きみと別れ 」の評価を集めました。
去年の冬、きみと別れ
総合評価★ 3.7

去年の冬、きみと別れ 見どころ

独特な世界観を浮かび上がらせる人気俳優たちの共演

主人公の耶雲恭介を演じている岩田剛典の、ミステリアスな佇まいが作品の世界観にぴったりとはまっています。山本美月が扮している婚約者の松田百合子を守り抜くためにひた走るシーンには、古き良き時代のロマンス文学のワンシーンを思い浮かべてしまいました。斎藤工の怪演技によって実体化されていく木原坂雄大の、この世のものとは思えない立ち振る舞いやセリフも迫力満点です。血の繋がっているはずの弟に対して時折意味深な視線を投げかける、木原坂朱里役を務める浅見れいなも怪しげな魅力を放っていました。美しき女優さんやイケメン俳優たちを引き立てる、永倉大輔や毎熊克哉に代表されるような強面のバイプレーヤーたちも見逃せません。

張り巡らされた伏線に巧妙なトリック

一見するとありきたりなラブストーリーに思えながらも、別の視点から眺めると異常なストーカーの物語としての側面が照らされていく仕掛けが面白かったです。映画化には向いていないとも言われていた原作を、敢えて小説のようにいくつかの章に分けて構成していく発想には驚かされるでしょう。物語が第二章から幕を開けていき、徐々に第一章へと収れんしていくところも大きなポイントになっています。随所に挿入されていく事件関係者へのインタビュー映像も、ドキュメンタリーのような緊迫感を演出していて効果覿面です。耶雲恭介はKY、木原坂雄大はYK、小林良樹もYK、吉岡亜希子はAK。一見するとがストーリーとは無関係にも思える、登場キャラクターのイニシャルにも注目してみて下さい。

飛び交う蝶々とふたつの顔を持つ人たち

木原坂雄大がカメラマンとして成功するきっかけになったのが、蝶を撮影した1枚の写真でした。本作品では日本チョウ類保全協会の全面的なバックアップを得て、色とりどりの稀少な品種が登場します。エンディングロールを見ていると「蝶監修」としてふたりの名前が流れていて、昆虫学のスペシャリストまでもがスタッフに加わっているこだわりように驚きですね。女性たちが身につけているアクセサリーや小物にも、さり気なく蝶のモチーフが刻まれていて忘れがたいです。鏡や水溜りなどを上手く利用して、登場人物のもうひとつの顔が映し出されていきます。正義のヒーローが罪深き犯罪者、純真無垢なヒロインが計算高き悪女。人間の視覚がいかに騙されやすいかということと共に、他人を見た目だけで判断することの危険性も考えさせられるはずです。

去年の冬、きみと別れ 感想・レビュー

瞳には映らない真相と炎の写真家

数多くの芸術賞に輝いた有名カメラマンに誘われてモデルをしていた、年若い女性が謎の焼死を遂げるという衝撃的な事件がオープニングを飾ります。被害者となった吉岡亜希子の視覚に、ハンディキャップがあったという設定が何とも意味深です。現場で写真撮影をしていた木原坂雄大という分かりやすい犯人が用意されていますが、目の前にあるものが本当に真実なのか疑ってしまいました。都会から遠く離れた山奥にある山荘、撮影スタジオに置かれていたキャンドルライト。これらの舞台とアキーワードからは、芥川龍之介の短編小説「地獄変」を彷彿とさせるものがあります。自らが理想とする創作活動のためには、愛する人の焼け死ぬ姿からも目を背けない。そんな狂信的なアーティストの風格が、雄大には漂っています。

クールで謎めいたカメラマンに翻弄されていく熱きルポライター

出版社を渡り歩いて自身が執筆した記事を売り込んでいく、昔気質なルポライター・耶雲恭介の奮闘ぶりが勇ましいです。血気盛んで時には厳しいセリフをぶつけて問いただす耶雲に比べると、雄大の方はのらりくらりと交わしていき必要以上に口を開くこともありません。容疑者を推理によって追い詰めていく名探偵というよりも、絶滅危惧種の蝶を捕獲するために躍起になっているコレクターのようにも見えました。追いかける耶雲に対して逃げる雄大という関係性が、何時しか逆転していく展開も手に汗握ります。事件解決のカギを握りふたりの命運を分けるのは、耶雲の恋人であり結婚を間近に控えている松田百合子です。

近くに居ても遠くに感じてしまう彼女

ルックスにも恵まれて何不自由なく人生を送っているように思えていた百合子の、隠された秘密には圧倒されました。結婚を誓った相手の本当の姿を知った時に、耶雲は重大な決断を下さなければなりません。更には雄大によって張り巡らされた狡猾に罠によって、百合子の身にも危険が迫っていきます。果たして自分が普段親しく接している大切な人の過去について、どれだけ熟知しているのか考えさせられるはずです。予想外の告白によって怒りと哀しみに打ちのめされながらも、愛する人の全てを受け入れる耶雲の覚悟には胸を打たれました。復讐に憑りつかれた耶雲と本性を現した雄大が、再び燃え上がる炎の前で対峙することによって物語は佳境を迎えていきます。

去年の冬、きみと別れ SNSでの評判は?

Twitterから「去年の冬、きみと別れ」の評判をまとめました。

【まとめ】去年の冬、きみと別れの動画を無料で見るなら

さりげなく仕掛けられた偽物の手掛かりや伏線に惑わされつつも、遂には耶雲が真実へとたどり着くクライマックスが圧巻です。タイトルの「去年の冬」が意味するものに気が付いた瞬間には、強く心を揺さぶられました。どんでん返しと共に、切ない恋人たちの別れも心に残ります。「最後の命」や「悪と仮面のルール」を始めとする、中村文則原作の映画がお好きな皆さんは是非ともご覧になって下さい。
TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間が長い
30日間
初回特典が豪華
1,100ポイント付与
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました