毎日かあさん フル動画無料視聴方法

毎日かあさん
2011年製作/114分/日本 予告動画を検索
出典:
サービス無料視聴無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
結論
「毎日かあさん」は、TSUTAYA TV/DISCASの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いTSUTAYA TV/DISCASがおすすめです。

現在TSUTAYA TV/DISCASでは、「毎日かあさん」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「毎日かあさん」を楽しんでください。

毎日かあさんの動画配信情報

毎日かあさんの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT未配信31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)未配信2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)未配信30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV定額見放題31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)レンタル2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオ未配信14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

毎日かあさんを配信中の動画配信サービスの詳細

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(32歳・女性)
定期的なログインが面倒
動画配信自体は良いが、定期的に勝手にログアウトされて、その都度ログインが必要。firestick等もログアウトされるのでその度にログインが必要になるので面倒くさい。
(38歳・女性)
コスパ良く使い勝手が良い
月額550円という驚きの価格でサービスが受けられます。コスパ最高です。作品数もある程度はありますし、新規作品追加も頻繁にあります。またダウンロード機能があるので、とても便利です。
(38歳・男性)
コストパフォーマンスは最高
月額料金550円という安さでコストパフォーマンスは最高だと思いますし、スマホアプリがとても使いやすいので大変助かります。また、ジャンルもかなり豊富にあるのでとても楽しめます。
(42歳・女性)
作品数が多く、見たいコンテンツが必ず見つかる
低料金なのに作品数が多く、かなりコスパのいい動画配信サービスです。作品の入れ替わりペースが早いので、次はなにを見ようかといつもワクワクさせてくれ、飽きがこないのがいいですね。
(33歳・女性)
かゆいところに手が届く動画配信サービス
"別の配信サービスにも登録しているのですが、そちらでは見ることができない映画などが多く、かゆいところに手が届く動画配信サービスだなと感じました。オリジナルのバラエティやドラマなどもありそれも面白いです"
(37歳・男性)
Amazonプライムビデオの次はこれ
月額550円とAmazonプライムビデオに迫る安さで、Amazonプライムビデオで見るものが無くなった方にお勧め。また、意外と古いアニメに強く、他では見れないものが見れることも。

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。

Paravi

Paravi(パラビ)
無料期間2週間
入会特典-
配信数10,000本~
月額料金1,017円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
Paravi 利用者の口コミ
(39歳・女性)
国内ドラマが充実している
観たいドラマや映画がたくさんあり、無料期間を経てそのまま継続して契約中です。特に国内ドラマが種類豊富で、「MIU404」のディレクターズカット版などParaviにしかないものもあります。
(38歳・男性)
ドラマのラインナップは最高
ドラマのラインナップは国内随一と言えると思いますし、ドラマ好きにはこれ以上ないサービスだと思います。また、放送中のドラマやバラエティー番組の見逃し配信もあるので助かります。
(50歳・男性)
動画を探しているだけでも
最初は娘に頼まれて契約したのですが、動画を探しているだけでも楽しくなり、気がつけば娘より動画を観ている時間が圧倒的に長くなり、睡眠時間を減らしても、まだまだ時間が足りません。
(25歳・女性)
最新のドラマがすぐに見れる!
Paraviは最新のドラマの配信がとても早いです!最新の日本のドラマがとても多いので、好きな人にはオススメです。バラエティ好きの人にも良いとおもいます。月額も安めで、使いやすいです!
(37歳・男性)
ドラマから映画まで豊富なコンテンツあるサービスだと思います
パラビを利用したの、見たいドラマを繰り返し見たいし。スピンオフなども良いですね。家に居る時間増えたので。家に居ても出来る事はあるなと痛感しました。いいものは使いたいですね

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(27歳・男性)
アニメなどか充実しています
他の動画配信サービスではみられないような作品もあるので私自身は重宝しています。月額料金もそこまで高くないので利用しやすくコストパフォーマンスが優れていると感じました。

毎日かあさん 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「毎日かあさん」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

毎日かあさん 予告動画

『毎日かあさん』予告編

毎日かあさん 作品情報

共演して結婚することはよくあることだが、離婚した元夫婦が共演するとあって話題になった映画だ。西原理恵子のアニメの実写化であり、夫婦と家族の物語だ。 西原理恵子の役を演じたのが小泉今日子、夫鴨志田穣を演じたのが永瀬正敏だった 。今作が2011年公開だったが、2004年に2人は実生活では婚姻関係を解消していた。 そんな事柄も公開当時話題に登ったが、映画を観たらそんな事を忘れるくらいに優しい気持ちにさせてくれる作品だった。

作品データ

上映時間114分
製作年2011年
製作国日本
原題-
配給松竹
公式サイト-

毎日かあさん キャスト・スタッフ

毎日かあさん あらすじ

漫画家であるリエコ(小泉今日子)には、不在が続く元戦場カメラマンの夫ユタカ(永瀬正敏)との間に息子ブンジと娘フミがいる。売れっ子漫画家としても忙しく原稿の締切に追われながらも子育てに奮闘するリエコ。保育園の送り迎えと家事と寝かしつけの絵本の朗読。毎日お母さんを続けるリエコには頭を抱える問題があった。それはアルコール依存症の夫だ。子どもたちの父親でもあるユタカは戦場カメラマンとして各国に取材に行っていたが、あまりにも酷い惨劇を目にしてきた事でアルコール依存症になってしまったのだ。アルコールを飲んでは暴れる夫は幾度となく血を吐き病院に搬送される。その度に「もう酒やめる」と言うのだが、リエコは何度もこの言葉に裏切られる。 そしてリエコは離婚を切り出す。 アルコール依存専門の病院に入ることになったユタカは何度も挫折しながらも子供への、別れた妻への想いを胸に克服する。 戻って来て「西原」と「鴨志田」2つの表札が並ぶ家でやっと穏やかな生活が始まるのだが、そこに待っていたのはまた違う試練だった。

毎日かあさん 評価

各映画レビューサイトから「毎日かあさん 」の評価を集めました。
毎日かあさん
総合評価★ 3.5

毎日かあさん 見どころ

母と子

家にいない父の分まで子供を愛する、そんなに子育ては甘くない。そして静かな子育てなんてあり得ない。そんなバタバタした子育ての光景を目にして子育て世代は安心するのではないだろうか。おもちゃが散乱するリビングで息子ブンジがテレビを見ているが、口の中に物を入れる癖が治らないのか、しゃもじをくわえてもどしてしまったり、頭を叩くと口からスーパーボールが出てきたり。やんちゃスキルが高い息子を冷静な目で「お兄ちゃん、馬鹿よね」と呟く妹。母は締切の合間をぬってママ友たちと昼間からビールを飲み、タッパーごとテーブルに並べられたツマミを突っついている。働く母と母を駆り立てる子どもたちの姿の温かな風のような空気感はこの映画の大きな伏線となり、そして魅力となっている。

戦場帰りの夫

この映画が描く最大の闇は戦場カメラマンだったユタカが戦地で見てきた事象を抱えきれずにアルコール依存となってしまっている事だ。心根の優しい人だから依存症になってしまっていることを、リエコは理解している。それでも依存症の苦しみから1日も早く脱出してもらいたい。そして一緒にいたいのだ。家族一緒にいる事をリエコもユタカもブンジもフミも望んでいる。離婚するという苦渋の選択をしたリエコが家族揃っての生活を誰よりも望んでいたかのような場面もある。「手を離せないでいるのは私の方だった」というリエコの言葉はこの物語が、この家族が存在できている核心の言葉となっている。 水鉄砲で遊ぶ他人の子供に過剰に反応するユタカの背中を擦るリエコが戦場から戻ったユタカの最大の理解者なのだ。 アルコール依存症になってしまった夫のそこに至る彼が持っていた優しさを感じてもらいたい。

子供抜きでは語れない

長い期間を描いた映画ではないので、子供の成長が大きく描かれているわけではない。それでも、子供の半年、1年という僅かな期間の成長にも感慨深いものがある。 その成長に豪快な母さんとアル中の父さんがそれぞれの方法で関わっている。そんな場面がこの作品を是非親子で観てほしいと思わせる魅力となっている。 小学校に1人で通えないでいるブンジを「1人で行けないなら学校なんか行くな」と言って散歩に誘うおとさん。散歩の途中、川で枝と糸で釣りを始めた父子はポケットに魚を詰めて帰宅する。玄関で母さんに叱責される父子だが、その魚はしっかりと水槽で飼われることとなるのだ。 海の近くにある依存症治療施設に入院している父親に会いに行くためにゴムボートで川を下り海に出ようとした兄妹を迎えに行った母さんは保護してくれた警察官から妹の手をずっと握っていた兄の話を聞く。母親として息子が優しいお兄ちゃんになっていることを感じる。 小さな些細な成長を見逃さない親の目線がこの映画には散りばめられている。

毎日かあさん 感想・レビュー

豪快と繊細さ

この夫婦は2人揃って豪快さと繊細さを持ち合わせていると思う。 ワイドショーのグルメ特番を見ながら日本の批判をする夫の手にはドッグフードがある。ドッグフードを食べながら、戦地で生きる子はこれすらも食べれないと文句を言う。そしてリエコにもドッグフードを勧め、それじゃあといい試食するリエコは仁王立ちの状態で頷く。勧める夫もなかなかだが、食べる妻もかなりのものだ。 また、出会いの回想シーンがある。タガメだかセミだかわからないが、外国の屋台で楽しそうに山積みにされた虫をかじっている。 この2人が惹かれ合ったのは理解できる。楽しい時間を過ごしてきたリエコとユタカの蓄財がそこにある。楽しい時間は何にも替えがたい財産となり、手を離さない理由となったのだ。 そして惹かれ合い続けたのは、お互いに持ち合わせていた繊細さに他ならないと感じられる。両手でそれぞれが持つ優しさを支え合うような意地らしさが垣間見える。

名脇役に惚れる

夫婦役を演じた元夫婦に焦点が当たりがちな映画だが、実は名脇役たちの好演も素晴らしい。 娘を手伝うために四国から上京しそのまま孫の世話と家事のためにリエコの家にいてくれている母親を演じているのは正司照枝。絶妙な高知弁と決してユタカを受け入れようとしない頑なさは娘を思うがこそだ。 また高知へ里帰りしたときだけ登場してくる兄を演じたのは光石研だ。リエコと同じようにアルコール依存症の夫に苦労してきた母親と溝に頭を突っ込んで死んでいたという父親のことを妹であるリエコとあっけらかんと話をする場面はリエコという人物のバックグラウンドが垣間見れる箇所でもある。 物語に大きく関わってはいないが、安定した名脇役が揃っていると、映画の質が一気に高くなることを、正司照枝と光石研が証明した作品でもある。

子供たち

ブンジとフミ、この子供たちの無邪気さや屈託のなさは夫婦の最も辛い時期を照らす唯一の光だ。徹夜明けしたリエコを強引に野球に連れ出し早々に切り上げようとする事に不満を漏らす二人だが、怒られるのは一人でいいと妹を諭す兄。 ユタカが帰らぬ人となってしまった日、泣きくれるリエコをなんとか笑顔にさせようとあの手この手を、尽くす2人。 この息子と娘がいなくてもこの夫婦はこんなに穏やかな最後を迎えることができていただろうか。この子どもたちがいたからこそ、西原理恵子は家族の漫画を書き続けられたのだろうし、鴨志田穣は最後を人間として迎えられた。

毎日かあさん SNSでの評判は?

Twitterから「毎日かあさん」の評判をまとめました。

【まとめ】毎日かあさんの動画を無料で見るなら

大事なことは驚くほど単純ですぐそばにある。クスッと笑ってしまったり、イラッと怒ってしまったり、ホロッと泣いてしまったり。それがどれだけ大切かと言うことを思い出させてくれる。 忙しくしている毎日の中ではたくさん大事なことを見逃してしまっている。 それを宝物のように大切に映像化してくれた優しい映画だ。
TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間が長い
30日間
初回特典が豪華
1,100ポイント付与
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました