DEATH NOTE デスノート フル動画無料視聴方法

DEATH NOTE デスノート
2006年製作/126分/日本 予告動画を検索
死神が落とした“死のノート=デスノート”を拾ったのは、エリート大学生・夜神月。彼は、そのノートを使い、理想の世界を築くため、自らの手で世界中の犯罪者を裁き始める。一方、この事件を捜査するべく、ある一人の天才が警視庁に送り込まれ…。
出典: U-NEXT
サービス無料視聴無料期間
U-NEXT31日間
結論
「DEATH NOTE デスノート」は、U-NEXTの無料期間を利用すればタダで視聴できます。
なぜなら

動画配信サービスには、入会日から2週間~1ヵ月の無料トライアル期間が設定されています。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

数ある動画配信サービスの中でも、無料期間が長く、配信作品が多いU-NEXTがおすすめです。

現在U-NEXTでは、「DEATH NOTE デスノート」を配信しているので、無料トライアル期間を利用して「DEATH NOTE デスノート」を楽しんでください。

DEATH NOTE デスノートの動画配信情報

DEATH NOTE デスノートの動画配信状況一覧表

サービス無料視聴配信状況無料期間入会特典配信数月額料金公式サイト
U-NEXT定額見放題31日間600ポイント190,000本~2,189円U-NEXT
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間1,100ポイント10,000本~2,658円TSUTAYA TV/DISCAS
Hulu(フールー)定額見放題2週間-70,000本~1,026円Hulu
amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)レンタル30日間-20,000本~500円AmazonPrimeVideo
FOD未配信2週間100ポイント50,000本~976円FODプレミアム
Netflix(ネットフリックス)未配信---880円~Netflix
dTV定額見放題31日間-120,000本~550円dTV
VideoMarket(ビデオマーケット)レンタル初月無料-20,000本~550円~ビデオマーケット
Paravi(パラビ)未配信2週間-10,000本~1,017円~Paravi
クランクインビデオレンタル14日間1,000ポイント1,000本~990円~クランクイン!ビデオ
music.jpレンタル30日間--1,958円~music.jp

「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」は、初回登録時の特典として1ポイント=1円として利用できるポイントがもらえます。

ほとんどの新作は400~600ポイントほどでレンタルすることができるので、「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/DISCAS」に関しては、観たい作品がレンタルであってもポイントを利用して無料で視聴することができます。

DEATH NOTE デスノートを配信中の動画配信サービスの詳細

U-NEXT

U-NEXT
無料期間31日間
入会特典600ポイント
配信数190,000本~
月額料金2,189円
ダウンロード
同時再生可能端末数4
U-NEXT 利用者の口コミ
(45歳・女性)
未知の作品に出会える
U-NEXTは、特集コーナーがあるので、自分では絶対に選ばないような動画を見つけることができるので、未知の作品と出会えます。なにか面白い作品はないかなと思っている時には、とっても便利です。
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
U-NEXTは普段から、自分が主に使っている動画配信サービスです。U-NEXTはほかの動画配信サービスとくらべて最新作がすぐに公開されるのでとても良く満足してる
(30歳・女性)
オールジャンル見られて図書券までついてくる感じ
最速で配信されてるものや独占配信されているものも多い。書籍も充実しているので自分は月初に付与されるポイントで流行りの漫画を読んでます。1.8倍速で見れる機能ついてるのでそれもポイントです。
(28歳・男性)
業界トップクラスの作品数
U-NEXTは動画配信サービスの中でもトップクラスの作品数を誇ります。しかも初めての方は31日間無料トライアルもあるので1ヶ月間は無料でこのサービスを受けられるんですよ。
(27歳・男性)
過去から最新までの幅広いアニメの宝庫
幅広いジャンルのアニメがあってとても重宝しています。他のサービスでは見たかったアニメがなかったのですが、U-NEXTにはたくさんあって劇場版も豊富なのでとてもおすすめです。
(27歳・女性)
子供から大人まで楽しめる作品が沢山
子供がいる時は子供向けのアニメが沢山あり、選ぶのも楽しめて助かっています。大人だけの時はアニメから外国ドラマまで見放題。今の時代なかなか家から出る気持ちになれない中とても充実出来ます。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間30日間
入会特典1,100ポイント
配信数10,000本~
月額料金2,658円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
TSUTAYA TV/DISCAS 利用者の口コミ
(38歳・男性)
レビューが参考になります
TSUTAYAにあるDVDはほぼレンタル出来ますし、映画など作品のレビューも投稿でき、多くのレビューも寄せられているので作品を探す時に参考になりとても助かります。
(31歳・女性)
無料お試しを試してみて
無料お試し期間も長くじっくり楽しめます。映画もドラマも観たいときに観れるのがいいです。好きな作品を検索しやすく自分の足で店舗にわざわざ借りに行かなくていいんです。
(34歳・男性)
無料期間だけ楽しんで解約しました
チェリまほが独占配信されているということで加入してみました。テレビ放送がおわるとすぐに配信されるのが嬉しかったですが、完全課金なしで見れる種類が少なかったです。サーバーが落ちたこともあり残念でした。

Hulu

Hulu(フールー)
無料期間2週間
入会特典-
配信数70,000本~
月額料金1,026円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
Hulu 利用者の口コミ
(20歳・女性)
様々なジャンルの動画が揃っている
日本国内の動画作品だけでなく、アメリカを中心として多くの海外ドラマや映画が配信されているので、洋画好きの私は非常に満足しています。これからも利用していきたいです。
(23歳・男性)
普段自分がメインにしている動画配信サービス
Huluは動画配信サービスのなかで金額も安く見れます。普段、自分は主に過去のテレビ番組がみれるので活用しています。最近ではガキの使いやあらへんでの過去のシリーズがみれるので良かったです。
(25歳・男性)
家族で使えて便利だけどサービスは普通
家族で使えるところはいいところなんだけど、全体的に他より優れているところは多くない。Huluオリジナルのドラマやサイトが見やすいところがいいところで、悪いところは同時視聴できないところかな。
(36歳・女性)
種類が豊富で飽きない
自宅での過ごし方に困って利用しました。見逃したドラマや、見たかった映画など種類も充実していて、最初は無料期間中のみ利用しようとしましたが、そのまま継続して利用することにしました。
(23歳・男性)
好きな映画がたくさんある
もともと日本テレビが好きで、huiluは日本テレビ系列なので契約しました。海外ドラマがものすごく種類豊富で、日本語吹き替えのドラマ数は他と比べて一番多いと思います。
(50歳・男性)
レンタルショップで探す手間が省けるので!
深夜に放送していたHuluのお試しを数本観ていたので、年末を利用して気になっていたドラマを一気観しました。レンタルショップに比べて、本数制限も探す手間もないので、今ではお気に入りの動画配信です。

AmazonPrimeVideo

amazonprimevideo(アマゾンプライムビデオ)
無料期間30日間
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金500円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
AmazonPrimeVideo 利用者の口コミ
(23歳・男性)
コスパが良い
価格が年額で安いこと、Amazonプライム会員になった際に自動で付与されるため手軽に始められること。月額の動画配信サービスに比べると作品数は少ないが、この価格面では仕方ないと割り切っている。
(27歳・女性)
安くて楽しめる動画配信サービス
Amazonプライムビデオは月500円で動画配信サービスを利用できるのですが、お値段の割にジャンルも幅広く楽しめるので、コストパフォーマンスが素晴らしいと思います。
(29歳・男性)
コスパの良い動画配信サービス
アマゾンプライムビデオは月500円程で配信されている動画なら全て見放題の非常にコスパの良いサービスです。ただ、映画・アニメに特化した配信サービスではない為、ややボリュームが控えめの傾向があります。
(23歳・女性)
ワンコインで色々なサービスが体験できる
アマゾンプライムでは500円のワンコインというとても安い値段で色々なジャンルが見放題です。また、動画だけでなく、会員特典で配送料や音楽に本などが追加料金なしで無料でサービスが楽しめるのでお得です。
(32歳・女性)
無料とは思えないクオリティ
Amazonのprime会員であれば、無料で利用できるサービスだが、このサービスだけにprime会員の年会費を支払ってもおかしくない位のクオリティ。prime会員なのに利用していない人はもったいない。
(36歳・女性)
月額500円でこれだけ見れるのはお得!
プライムのサービスも利用できて、さらに動画も楽しめるので内容に満足しています。海外ドラマを多く見ているのですが、ベーシックに楽しめる作品が多いので、配信サービス初心者の方には入りやすいかもと思います。

dTV

dTV
無料期間31日間
入会特典-
配信数120,000本~
月額料金550円
ダウンロード
同時再生可能端末数1
dTV 利用者の口コミ
(37歳・男性)
Amazonプライムビデオの次はこれ
月額550円とAmazonプライムビデオに迫る安さで、Amazonプライムビデオで見るものが無くなった方にお勧め。また、意外と古いアニメに強く、他では見れないものが見れることも。
(38歳・女性)
コスパ良く使い勝手が良い
月額550円という驚きの価格でサービスが受けられます。コスパ最高です。作品数もある程度はありますし、新規作品追加も頻繁にあります。またダウンロード機能があるので、とても便利です。
(42歳・女性)
作品数が多く、見たいコンテンツが必ず見つかる
低料金なのに作品数が多く、かなりコスパのいい動画配信サービスです。作品の入れ替わりペースが早いので、次はなにを見ようかといつもワクワクさせてくれ、飽きがこないのがいいですね。
(36歳・女性)
月額550円で国内外の映画、ドラマ、アニメなどが見放題のサービスです。
義母が韓国ドラマにハマっていて、ドロドロ系からラブコメ系まで色々あり楽しんでいます。アニメはアンパンマンやおさるのジョージなど、子供が好きなものが色々あり家事の合間に見てくれるので助かってます。
(38歳・男性)
コストパフォーマンスは最高
月額料金550円という安さでコストパフォーマンスは最高だと思いますし、スマホアプリがとても使いやすいので大変助かります。また、ジャンルもかなり豊富にあるのでとても楽しめます。
(33歳・女性)
かゆいところに手が届く動画配信サービス
"別の配信サービスにも登録しているのですが、そちらでは見ることができない映画などが多く、かゆいところに手が届く動画配信サービスだなと感じました。オリジナルのバラエティやドラマなどもありそれも面白いです"

ビデオマーケット

VideoMarket(ビデオマーケット)
無料期間入会月無料
入会特典-
配信数20,000本~
月額料金550円
ダウンロード×
同時再生可能端末数1
ビデオマーケット 利用者の口コミ
(38歳・男性)
倍速機能がとても便利です
細かな倍速機能が付いているので、時間がない時や流し見したい時などはとても使い勝手が良いですし、検索機能がかなり優秀で、細かく絞り込めるのでピンポイントで探せとても便利です。
(25歳・男性)
とにかく月額が安い!
ビデオマーケットは月額がとても安く、500円?あります。そして毎月550ポイントがもらえるので、貯まったポイントでレンタルできるのが嬉しいです。色んなジャンルが幅広くあるのでオススメです!

クランクイン!ビデオ

クランクインビデオ
無料期間14日間
入会特典1,000ポイント
配信数1,000本~
月額料金990円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
クランクイン!ビデオ 利用者の口コミ
(38歳・男性)
漫画のコンテンツは豊富
スマホのキャリア決算に対応しているので、スマホ代金と合算払いができ便利ですし、動画だけでなく15万作品の漫画も配信されているので、コンテンツはとても豊富でした。

music.jp

music.jp
無料期間30日間
入会特典-
配信数-
月額料金1,958円
ダウンロード
同時再生可能端末数-
music.jp 利用者の口コミ
(38歳・男性)
国内最大級のコンテンツ
取扱いコンテンツの数は国内最大級だと思いますし、動画から書籍まで完結出来るのでとても便利だと思います。また、毎月数枚のクーポンが貰えるのもとてもお得感があります。

DEATH NOTE デスノート 9tsu、パンドラ、Dailymotionで視聴するのは?

注意

無料動画共有サイトには、「DEATH NOTE デスノート」がアップロードされているかもしれません。

しかし、違法にアップロードされた動画は低画質で怪しい広告が出現する上、最悪の場合ウイルスに感染する恐れがあります。

万が一にもウイルスに感染することがないよう、動画配信サービスを利用することをおすすめします。

DEATH NOTE デスノート 作品情報

「デス・ノート」は2006年公開、よる大場つぐみ原作・小畑健作画による日本の漫画作品「DEATH NOTE」を原作とした日本映画です。 人気の漫画の世界を、実写とCGキャラクターによる融合と再現の新しい試みが話題となりました。 主演は、藤原竜也、 松山ケンイチ、声の出演で中村獅童。 この作品は、L(エル)役を演じた松山ケンイチの出世作としても有名です。 前編と後編それぞれ2時間余りの2部作となっており、本邦発の連続公開となった作品で、後編の「デスノート the Last name」では、第二のキラとなる弥海砂役を戸田恵梨香が演じています。

作品データ

上映時間126分
製作年2006年
製作国日本
原題-
配給ワーナー・ブラザース映画
公式サイト-

受賞歴

第30回 日本アカデミー賞 2007年

ノミネート助演男優賞

DEATH NOTE デスノート キャスト・スタッフ

DEATH NOTE デスノート あらすじ

夜神 月(やがみ らいと:藤原竜也)は、在学中に司法試験に合格する優秀な大学生です。 父親は警視庁の刑事部長であり、凶悪な犯罪者報道を目にしては、法律の限界を感じて憤りを感じる正義感の強い人物。 ある時、死神リューク(声:中村獅童)が落とした「デス・ノート」を拾ったことにより、ノートに顔のわかる人物の名前と死因を書くだけで、自分が許せないと思う犯罪者を殺せることを知ります。 月が世の中を変えるべく次々と犯罪者を手にかけ、その存在はキラ(=Killer)と呼ばれるようになります。 国際刑事警察機構は、連続殺人事件として捜査を開始し、裏で警察を動かす名探偵のL(エル:松山ケンイチ)を迎えます。 Lの推理により、キラが日本にいること、学生であり、殺人の操作ができ、警察の身内と推理し、徐々に月は追い詰められていきます。 また、強盗殺人の被害者で、ストーカーに悩むアイドルミサにも、デス・ノートが降ってきました。

DEATH NOTE デスノート 評価

各映画レビューサイトから「DEATH NOTE デスノート 」の評価を集めました。
DEATH NOTE デスノート
総合評価★ 3.5

DEATH NOTE デスノート 見どころ

死神リュークのCGによる実写との融合

本作品では、実写である登場人物に対して、デス・ノートを触っている人にしか見えない死神はCGで再現しているのですが、宙に浮いたようなその表現が自然でリアルです。 このようなサスペンス作品を初めて見るような人にとっては、映像技術に新鮮な驚きを持って見るかもしれません。 主役の一人となる夜神 月を演じる藤原竜也も、漫画の世界から生まれてきたような小綺麗で可愛い雰囲気を持った人のためか、CGとの独白となるセリフや絵がよくマッチして見えます。 後編では、死神との取引による目を得たミサの視界に見える人の名前と寿命は、とても目新しく感じる表現です。

夜神月とLを演じる二人の俳優の良さ

頭が良く、誠実で正義感のある折り目正しい、模範的な警察官の息子である夜神 月を演じる藤原竜也が存在感あります。 この作品以前は、見た目通りの爽やかな好青年の役ばかりであったため、この作品では、見た目はそのまま、自分本位な治外法権に突っ走る悪役を演じまくり、そのギャップに驚かされます。 この作品以降、悪~役柄が多くなっているような気すらして心配なほどです。 一方、今では大柄で貫録たっぷりの松山ケンイチは、この作品ではまだ新人でL役で抜擢されたばかりです。 ぎこちないセリフも、役柄とメイク、この時は青白くガリガリに痩せていた体と合わせて、異様なムードを放ち、こちらも役にマッチしていました。 この二人の存在が「デス・ノート」の映画化を深みのある作品にしています。

倫理観に問われる特殊なストーリー

キチガイの振りをし実刑を免れ喜び、警察を馬鹿にした凶悪犯の様子を見て、デス・ノートによる犯行を決意した月の行為は、理由はどうであれ倫理観に問われるものであり、映画として難しい内容ですが、あまりにも品行方正然としている藤原竜也の演技は、観客を味方につけてしまいます。 Lによる推理で警察の捜査が迫る中、月というより、藤原竜也側に立って、上手くやり過ごし、ばれず済ませていく手際に良さに感心し応援したくなる心理になっています。 しかし、己の目的と露見を防ぐために、恋人までも殺してしまう展開は、もはや狂気でバッドエンドもやむを得ない形です。 死神リュークは、ノートに書いて殺した相手の残りの寿命を貰っているのですが、ノートの持ち主のそばにいても命令はしてきません。 ノートを手にするまでに抱えた焦燥感と心の闇、ノートを手にしてからの変化を、それとなく狂気として描いています。

DEATH NOTE デスノート 感想・レビュー

死神リュークのCGがあまり怖くなくて良かった

正直、死神などという存在は、架空のお話のうえのCGであっても、目にしたくもなかったのですが、視聴してみるとそれほど怖くはなく、ユーモアをもって描かれており、その点が良かったです。 怖いけれどホラーではないほうが良いです。 好物がりんごということで、いつも月から赤いりんごを買ってもらいかぶりついている様子が、どことなくペットに似た雰囲気の可愛らしさ感があります。 後編では、ミサが好きなあまりミサのために砂となって消えてしまう、心優しい死神の存在があったりと、怖いばかりではない様子も描かれています。

藤原竜也、 松山ケンイチの二人が役にはまっている

藤原竜也と松山ケンイチ、この二人の配役でなかっったら、この映画はもっと陳腐なものになっていたかも知れません。 特に、この作品が出世作となった松山ケンイチの衝撃的なLは、漫画を読んでいなければ、ピッタリとしか言いようがありません。 本当はもっと小柄なイメージだそうですが、あまり異論をとなえる人はいません。 視聴者としては、キラが勝っても、Lが勝っても残念に思うような、どちらも捨てがたい設定です。 見た目はLのほうが、腰は曲がっており、顔色悪く、甘い物ばかり食べておりと、とても病的なのですが、正義の立場にあります。 また、戸田恵梨香演じる、死神に愛されたり気遣われたりしているのに自覚が全然ないミサも、不思議と明るく可愛らしい雰囲気が合っていました。 3人とも個性的で文芸的な要素のある演技派のためか、映画がリッチな感じとなっています。

ミステリアスなストーリー

勧善懲悪の必殺仕置人のような物語は、昔から日本人が好きな話ですが、「デス・ノート」の場合は少し変わっており、仕置人たる主人公が死神を味方にして目的を果たすも、だんだん狂って暴走し歯止めがきかなくなって行くのを天才がどうとめるかという、危ないストーリー。 海外では、公開が1晩だけだったという国もあるなど、どうしても倫理感なのか宗教なのかに抵触してしまっていた様子です。 「デス・ノート」の公開は、かの同じミステリアス・サスペンス映画である「ダヴィンチ・コード」(これはいいのか?!と思う)と同じ年でありながら、興行成績が同じかそれ以上に人気で良かったということのため、日本の漫画文化を持つ最近の若い人達が好む内容だったのかもしれません。 その後の少年ジャンプの連載や映画化作品にも、似たような死神ものがありました。

DEATH NOTE デスノート SNSでの評判は?

Twitterから「DEATH NOTE デスノート」の評判をまとめました。

【まとめ】DEATH NOTE デスノートの動画を無料で見るなら

昔もそうでしたが、最近の少年漫画の絵柄は素晴らしく達者でレベルが高くて驚きます。 しかも、なんとなく“死神もの”が多く、格好良いヒーローや主人公で描かれたものが流行りなのかよく目にします。 それを実写化するのですから、イメージ通りの配役が難しいようです。 (漫画のほうが格好良く描かれていることが多い) 「デス・ノート」に関しては、漫画の方がストーリーが面白いという声はよく聞きますが、配役でイメージが違うというものはなく、非常に良く再現出来ている点でおすすめです。
U-NEXT
無料期間が長い
31日間
配信作品が多い
16万作品以上
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました